エレカシ・宮本ソロ_キーワード

宮本浩次と猫~タイヤ猫と「猫を出せ」の話~

宮本浩次と猫、と言えば思い出されるのは、
2014年、シングル「Destiny」の頃に出たTBS「王様のブランチ」の書籍コーナー「読書LOVERS」での宮本さんの”タイヤ猫”目撃談。

タイヤであたたまる猫をゼスチャー入りで語る宮本浩次

宮:駐車場で一番笑ったのが、タイヤの(両手で円を描く仕草)、こういう円いところがあるじゃないですか。冬の寒い時に、(椅子から立ち上がり)こうやってお腹つけてましたから(と自ら猫になり腰をかがめ腕を伸ばす格好)
――猫がですか?!
宮:猫が、駐車場の、外の車のタイヤのところでこうやって(全身で猫になる)。あれ多分……すごく平べったくなってこうやってね(再び猫になる)。ちょっとびっくりしましたよね。
――かわいいですね!
宮:そうなんです、かわいいんです、猫って(笑)。もういろんなことしてて(ようやく着席)
2014.6.14 王様のブランチ

「読書LOVERS」で宮本さんが紹介した本が夏目漱石の「吾輩は猫である」。大好きで10回以上は読んだ、猫が塀の上でカラスに驚いて落っこちるシーンが好きだ、という話から、宮本さんの猫エピソードいうことで、上のタイヤ猫の話につながります。

これは可能ならばぜひご覧頂きたいのですが、タイヤに抱き着く猫を宮本さんみずから全身ゼスチャーで表現しているのがなんともすばらしい(笑)。

猫に限らず宮本さんが動物について語るのは、インタビューなども含めると時々あって、ある時はカラスだったり狼だったり、その視線というか観察というのがすごくあたたかみがありチャーミングな話が多くて、私は宮本さんの動物話がすごく大好きなのです。

2014.6.14 王様のブランチ(読書LOVERS)本屋のはしご 宮本浩次:本屋のはしごをするのが好きなんですよ! で、東京だと池袋にも大きな本屋さんあるし、新宿にも神保町にもいろん...

エレカシの曲には犬より猫が登場する

宮本さんが書く詞には、猫がよく登場します。犬もたまに出てくることがあるけれど、猫が圧倒的に多い。

犬と猫突然ですが、猫派ですか、犬派ですか。 私は犬派です。 が、猫嫌いというのではまったくなく、猫は猫でかわいい。 猫好きの人は性格...

猫が出てくる曲で思い出すのは「夢のかけら」と「我が祈り」。
「夢のかけら」は《君はネコで俺は嘘つき》、Aメロ冒頭のこのフレーズが印象的。「我が祈り」では恋人たちを《黒い猫》になぞらえます。

宮本浩次、フライデーに撮られる(二回目)

というわけで、我らが宮本浩次、フライデーに撮られました。
2000年以来です。

あとで「こんなこともあったな」と振り返る時のために書き留めておくと、
来月12日にはガーデンシアターでのバースデーライブや16日にはシングル「sha・la・la・la」の発売を控え、再び宮本ソロ活動が盛り上がりつつあったそんな頃。

2000年の時は確かテレビでも取り上げられ、私はテレビ朝日のワイドショーでいきなり知らされまして、今回のようにネットの前情報もなかったので、それはそれは驚きました。布団からはね起きた(笑)
今回はテレビには出なかったのかな。「めざましテレビ」を見てみたけれど、出てなかった気がする。ヤフーニュースにはなってました。友達にも「フライデーに撮られたね」と言われました(笑)

今回のトピックスはなんといっても猫!

夕方にフラリと自宅から出かけたミヤジ。この日は時間に余裕があったのか、クルマには乗らず、のんびりと風景を楽しむかのように散歩を始めた。すると、歩道脇の植え込みに野良猫の姿が。猫を見つけた彼はその場にしゃがみ込み、何やら語りかけ始めた。猫とミヤジの語らいは数分間続いた。
FRIDAY/エレファントカシマシ宮本浩次 妙齢美女との下町ミステリアス同棲

ネットの反応を見ると、「猫の写真を出せ」「猫を取材しろ」等々、猫に関することが多い。
たしかに。ヘタなグラビアアイドルより宮本さんと猫の写真を袋とじで入れたら、一定の売上げは固いだろうな。私も買ってしまうな(笑)

有名税ですかね。売れるといろいろありますね。

渋谷さん山崎さんは記事をみながらニヤニヤしていそう(笑)

POSTED COMMENT

  1. 8787 より:

    侘助様の宮本さんの猫愛から始めてフライデー記事についてのコメント。
    本当に侘助様らしい穏やかさですね。
    私は予約していたロッキング・オン・ジャパン7月号を受け取りに行って 自宅に戻ってからフライデー掲載を知り、すぐさま書店に買いに行ってしまいました。

    ・私はエレカシの歌を愛している
    ・宮本さんの私生活の面倒をみて下さる方がいたら何より

    そう思っていたのですが、事実なのか分かりませんが写真を見せられると
    本当にお恥ずかしいのですが、何か「もやっとした気持ち」で 「見たくなかった!」でした(笑) 
    自分のこの初めての気持ちが驚きでした。(宮本さん曰くこれは“不潔"なのかなぁ?)

    ロッキング・オン・ジャパン7月号
    『shining』のスパニッシュギターを入れたのはは小林さんと思っていましたが それは宮本さんがフジ『鬼平犯科帳』のEDに流れた「Inspiration」がヒントになったとおっしゃっていて驚きでした。
    EDに江戸の町風景に流れる「Inspiration」は映像も演奏も本当に素晴らしくて江戸大好き宮本さんも見ていたのかと嬉しくなりました。

    ・PAOに入会いたしました。
    ・『東京の空』図書館で借り読みました。面白かった!!
     『明日に向かって歩け』も間もなく図書館で借りられます(^^♪
     今購入できないので図書館をこんなに有難く思った事は在りません。

    今頃になってですが 富山オーバード・ホール(ライブレポ)読ませていただきました。
    侘助様の高ぶるお気持ちと エレカシのツアーラストの様子が本当に素晴らしい文章で伝わり、宮本さんが泣いた場面ではもらい泣きいたしました。
    いつも本当に素晴らしいレポをしていらっしゃるので 侘助様はお仕事も出来、人間的魅力に溢れた女性と思っております。

    また『宮本浩次縦横無尽』は配信視聴にいたしました。
    初めての事で不安でしたが 侘助様の配信視聴の購入前からHDMIケーブルを使ってテレビで見れるようにするまで わかりやすく書いて下さりAmazonHDMIケーブルも貼って頂き大助かりでした
    多分視聴出来ると思います。

    長々ととりとめもない事ばかりで申し訳ございませんでした。
    返信は無理なさらずに

    • 侘助 より:

      8787様
      こんにちは!
      フライデー、出ちゃいましたね。
      私もスルーしようかと思ったのですが、記事中に「猫」が登場したこと、
      そしてそれに対する反応が「猫を出せ」という点が非常にツボで(エレカシ界隈のみなさんは素敵なセンスをしていらっしゃる)、ついつい書いてしまいました。
      箇条書きの2点、私もまったく同感です。
      2つ目については、2012年に宮本さんが病気になって手術入院したと聞いたときには、特にそう思いました。
      でも、もやっとしますよね。私もですよ。それはもうファンだから仕方ないです!
      ああいったゴシップ誌はあることないこと書きますから。。
      表紙で一番大きな見出しになったのは、それだけ認知度が大きくなったということなんでしょうね。

      ジャパン、私も読みました。
      スパニッシュギターは鬼平だったんですね。私もびっくりしました。
      8787さんは鬼平をご覧になっていたんですね。
      私は観てなかったです。ジプシーキングスは知っていましたが・・
      その鬼平を覚えていて「shining」に取り入れるなんてすごい!
      宮本さん今、新しくやりたいことが山のようにあるんでしょうね。

      PAOにご入会! 100回記念号はもう届きましたか? 私はこれから読みます♪

      「東京の空」、読まれましたか。宮本さんの文章、すてきですよね。硬派な中にもそこはかとない切なさとか、時にユーモアが顔を出すのがたまらなく好きです。
      「明日に向かって歩け」も面白いと思います! 図書館は本当にありがたいですよね。

      富山の記事、お読みになったんですね。ありがとうございます。
      もう4年が経とうとしています。。
      「悲しみの果て」で泣いちゃったんですよね。でも、泣いたのはそこだけで、あとはキリッとしたライブだったと思います。そこがかっこいいなあ~と思った覚えがあります。
      ライブレポ、私はとても苦手意識があって、書いたあとでいつもあの感動を書き切れなかったと反省しきりなのです。でもありがとうございます。少しでも雰囲気が伝わったのならうれしいです^^

      「宮本浩次縦横無尽」は、私はガーデンシアターのチケットに申し込んでいるのですがなかなか当たらず(汗)、配信になるかな。。
      配信視聴、ドキドキしますよね! イープラスやぴあが載せているテスト用の動画が見聞きできて、安定したネット環境があるなら大丈夫だと思います。
      気づけばバースデーライブまでもう2週間もないのですね。もうセットリスト決めてリハーサルしてるかな~久しぶりのライブ、楽しみです♪

  2. ピーチ より:

    侘助様
    こんにちは。今朝の毎日新聞の「女の気持ち」という投稿欄に、フライデーの記事に関連した投稿がありました。50歳女性で、この記事への「モヤモヤ」についてでした。記事の中で「妙齢」と表現されていますが、どのくらいの女性を指すのかということと、その女性に対する素直なモヤモヤとした気持ちにつ
    いての投稿でした。新聞の投稿欄でしたので、意外な感じがして興味深くよみました。宮本さんはそれだけ多くの人が関心を持っている人なのですね。

    たしかに、歌手としての大変な力量を持っている人、テレビ出演だと落ち着きが無く見えたり、初期の頃の近寄りがたいイメージの人などとてもおおくの面があって不思議な人に思えます。つまり天才なんですよね^^
    私は子供から、エレカシのミヤジはすごいとは聞いていたのですが、関心もっていなかったのです^^; このまま知らなかったら人生損していたと思います^^;こちらのブログにも出会えてとても良かったですよ!

    それから先日、私はロッキングオンの山崎さんは「保護者」みたいとコメントしました。もちろん親のように宮本さんを信じ応援するという意味が大きいですが、変な意味ではなくもう少しロマンチックな気持ちも存在しているような
    気もします。初めてコメントしましたので、控えめにしました^^;
    音楽を通じての素敵な関係だなと思います。女性にはあまりないような気もしますね。長くて失礼しました。

    • 侘助 より:

      ピーチ様
      こんにちは!
      宮本さんのフライデー記事についてそういう記事が載っていたとは。
      すごく興味深いです。
      私も「妙齢」は気になっていました。
      「妙齢」は、つい中高年世代を想像してしまいますが、若い年齢、というのが本当の意味なんですね。
      でもあの記事はどっちなんだろう。。(笑)
      しかしほんとに、ファンにとっては大関心事ですよね。シングルとかライブを楽しみに待っていたら、いきなりフライデーで。そっち!?という(笑) それはもやもやすると思います。

      ピーチ様のお子さんは早くに宮本さんに一目置かれていたのですか!なんと!すばらしい。
      出会った時がベストタイミングなんだと思います。きっと、ピーチ様の心の底の底で求めている何かがあったから、ビビッと反応されたのだと思います。

      山崎さんの、ロマンチック・・のお話。すごくわかります! いやあ、ありますよね、あると思います。女性にはあまりない、というのもよくわかります。距離は置くんだけどすごくリスペクトしあう感じとか。石くんとの関係も独特ですよね。

  3. ピーチ より:

    侘助様
    こんにちは。たびたび失礼します。私は最近エレカシを聴くようになったので
    詳しく知らないのですが、エレカシのメンバーの方々はライブのときにも、宮本さんに罵倒?される場面がありますが、長い付き合いなので全く問題ないのですか?初めて見るとかなりびっくりしました。2009年の武道館ライブで、石くんは「こっち来い!離れるな!」と髪を掴まれて痛そうでした^^; ちょっと怯えた表情にも見えたり。。まあ信頼関係があるので出来ることなのでしょう。初心者には意外なことでびっくりしてしまいました。どなたか古くからのファンの方にお聞きしたかったのです。変な質問で失礼しました。もしよかったら教えていただけるとうれしいです^^お気を悪くなされませんように。

    • 侘助 より:

      ピーチ様
      こんにちは!
      エレカシのメンバー間の話ですね。
      悪い気は全然してないので大丈夫ですよ~
      やっぱり気になりますよね、そこは。
      武道館の「こっち来い!」は、比較的マイルドな方で、
      もっと激しくメンバーに当たる(?)ようなこともあって・・
      でも、一時期に比べるとそういうこともしなくなったような気がします。
      東芝の頃だったと思うのですが、宮本さんが荒れてトミのドラムに突っ込んだこともあったり。
      最近は宮本さんも落ち着いてライブそのもの、演奏とステージングに徹している気はします。

      「扉の向こう」や「25 years of the fighting men’s chronicle」といったドキュメンタリーを見ていると
      4人での練習風景はかなり緊迫していて、宮本さんからメンバーへの言葉は容赦ないです。
      そんな宮本さんに、メンバーは黙々とついていく、といった感じです。
      一方で、弦を張り替えながら笑い合っているシーンもあったりするし、
      おそらく、4人だけの独特な関係性、4人だけの世界があるんでしょうね。
      バンドとして30年以上ともにしてきて、信頼関係があるのはもちろんでしょうが、そんなきれいごとだけではない、いろんな感情があるのだろうなあとは思います。
      でも、そういうのも含めて私は興味深いし、すごくかっこいいと思います。

      石くんをいじったりするのは見ていてあんまり気持ちのいいものじゃないんですけど
      仲が良すぎるあまりのじゃれあい行為?に見えなくもないというか(笑)
      どうなんでしょうねえ。
      一時期、ライブ中に宮本さんが成ちゃんのベースを取り上げて弾いたりすることがあって、さすがにそれはやめて!と思いました(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。