テレビ・ラジオ・映像関連

2020.10.04 The Covers 宮本浩次ナイト第1夜(ロマンス他)(感想)

番組の内容と演奏曲

昭和の歌姫SP 宮本浩次ナイト第1夜

太田裕美「木綿のハンカチーフ」カバー
岩崎宏美「ロマンス」カバー
昭和の歌姫映像(小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」、イルカ「なごり雪」、都はるみ「北の宿から」、渡辺真知子「迷い道」)
梓みちよ「二人でお酒を」カバー(弾き語り)

バンドメンバー
Arr&Pf:小林武史
Dr:玉田豊夢
Ba:キタダマキ
Gt:名越由貴夫
Str:沖洋子ストリングス

感想

「木綿のハンカチーフ」のカバーは、宮本さんが今年の4月の松本隆スペシャルに出た時に、番組内でこの曲を1フレーズ弾き語りしたのがきっかけだそうです。

2020.04.19 The Covers(宮本浩次) 松本隆SP 松田聖子ヒット曲特集司会のリリー・フランキーは ゲストの松本隆と宮本浩次を「二人の天才」と称したけれど、 ほんとにすごい二人が登場したもので。 びっく...

池田エライザさんにカバーしてみて発見があったか?と問われて宮本さんは

  • 子供の頃から慣れ親しんだ大好きな歌をバンドでやることで、すてきな気持ちになれた。
  • 歌の中の女性には、理屈じゃないところで感情を揺さぶられる。「二人でお酒」も、歌詞の通り実際にあったらなんだそれって感じだけど、それが成立している歌の世界、昭和歌謡の魅力のすごさを感じる。

おおまかにはこんな感じで言っていて。なるほどなあと思う。歌詞は極端な描写だけど、メロディがつき歌になると、不思議な説得力があるんですよね。

「ロマンス」については、宮本さんは最初から”ロック”を感じていたらしい。乙女の強さはかっこいいと。好きになったら飛んででも、と言っている時の宮本さん、両手でかきわける仕草がよかったですね(笑)

「ロマンス」、完全ロックアレンジで、宮本さん、髪逆立ったりはげしいパフォーマンス。宮本x昭和歌謡が見事に化学変化を起こしていました。

「ロマンス」、こういう曲だったんだなあ。今さらながら。
A面に「ロマンス」を推した阿久悠と反対した筒美京平でもめて、岩崎宏美に判断がゆだねられて、岩崎宏美が「ロマンス」を選んだ。筒美京平が反対した理由が「歌詞が岩崎宏美には大人っぽすぎる」、しかし岩崎宏美は「私が歌うんだからそんなに色っぽくなることはない」と答えたと。おもしろい。
岩崎宏美のは背伸びしているかわいさよかったんだなきっと。

リリー・フランキー「これはヤバイですね。もとのロマンスにあった側面なんでしょうけど、そこの部分をむき身にした、一番いいところでブリティッシュロックのかっこいいキレというか」
202010.04 「The Covers」

むき身でしたねえ。宮本Verは激情が全面に出てる。つやっぽさもある。
しかし直感で”ロック”を感じた宮本さんすごい。

「ロマンス」をカバーした宮本さんの感想は、ハードルが高かった、男がただ歌ってるだけじゃなく女性の情熱をちゃんと歌にしないと。けど自分の良さも出したいみたいな、いろんなせめぎ合いがあって苦しみはあったと。

簡単にカバーしているように見えても、内面いろんな葛藤がある。曲の世界と真正面から向き合うからこそ生まれる苦しみなんだろうな。

リリーさんの「好きなことを伝えるのは苦手なんじゃないですか?」と問われた宮本さん、自分からリードするより、好き、飛んでいくって言われた方がのってくる、だそうです。珍しくはぐらかさず答えてました。

「二人でお酒を」。
これは弾き語りで。お母様が好きだった歌だそうです。もうこれだけで泣けてくる。
お母さんのことは、47都道府県ツアーの頃だったか、MCや雑誌で言い始めて、その時、お母様がすでに亡くなっていることを知りました。

婦人公論.jp/エレカシ・宮本浩次「『あなたは大器晩成型だもの』母の言葉が僕の歌を支えている」
https://fujinkoron.jp/articles/-/1678?page=4

NHKの児童合唱団に入れたのもお母様で、かなり歌がお好きな方だったようです。

この「二人でお酒を」、お母さんにも聴かせてあげたかったですね。
明るく、切なく、どこまでもやさしい宮本版「二人でお酒を」でした。

来週も宮本浩次ナイト。小林さんのモノマネ?がちょっと楽しみ(笑)

しかし、あんなゴリゴリの野音の直後、カバーズを見るにはなかなか気持ちの切り替えが大変でした。

親(宮本さんのお母様とアルバム「扉」の話)宮本さんのお母さんの話は、宮本さんの口からときどき出てくることがあって。 エレカシのライブは爆音がうるさいので耳栓をして見ているとジョ...
2020.10.11 The Covers 宮本浩次ナイト第2夜(”化粧”他)(バスの2曲)(感想)「the Covers」宮本浩次第2夜を見ました。 この放送のあと、続々とカバーアルバムリリース情報が出て、「ROMANCE」リリース...

「ロマンス」、反響がすごかったようで、先行で配信されるようです!


【Amazon店舗限定先着特典つき】ROMANCE (初回限定盤 2CD+ボーナスCD付き) (特典内容未定)

【Amazon店舗限定先着特典つき】ROMANCE (特典内容未定)

POSTED COMMENT

  1. 赤いあずき より:

    侘助さん こんばんは

    いつも返信をありがとうございます。

    昨年の「ザ・カバーズ」第一夜で
     ロマンスの歌詞を解釈するリリーさん
    「このエモーションでありながらキスもしていないんですよ」
    この手の話が大好きなリリーさん大好物ですね。そして
    宮本さんの反応を見るのが楽しみな表情がアリアリ!
    お目当ての宮本さん静かに静かに笑ってるだけ。
    その笑顔がなんとも言えず いいんですよね。
    番組中、リリーさんに心を許している表情が随所に
    ありましたね。こちらも幸せな気持ちで見てました。

    本「宮本浩次」読みましたよ。
    活字にならない行間に二人の35年の濃密な濃密な
    関係性が伝わっていたのは私だけではないと思います。
    後ほど、文章を打たせてください。

    • 侘助 より:

      赤いあずき様
      こちらこそいつもありがとうございます。
      赤いあずきさま
      リリーさんのコメント、いいですよね。
      宮本さんの静かな笑顔、いいですね〜
      カバーズに出ている宮本さんは、歌や演奏の緊張感がありつつもいつも楽しそうで、見ているこちらも嬉しくなります。
      おっしゃるとおり、リリーさんに心を許してるからというのも大きいのでしょうね。

      「宮本浩次」、読まれましたか。
      濃密な関係性。ほんとに。。ですよね。
      あとがきだけでぐっときちゃいます。。

  2. 赤いあずき より:

    そッ!ぐっときゃうんですよ。
     
    山崎さんがユーチュウブに出ているのを見て釘付けに。
    物腰の柔らかい佇まい。穏やかで的を得た話し方。
    ライブ取材ではほとんどメモは取らないとか。その理由が
    「原稿を書く時に忘れている事は、どうでもいい事」と。
    確かに、すごい説得力

    こんなソフトな方が、いざ仕事となると喧嘩殺法
    修羅場と化すとか。
    吠える・噛みつく仕事場は戦場とか。
    もう、やられっぱなしです。

    忍れど、色に出にけり 我が恋わ  by百人一首
    そんな心境ですよ(笑)

    こんな素敵な人だから宮本さんも「山ちゃん、遊ぼ」
    なんてきわどい事を言っちゃうんだきっと。

    本「宮本浩次」には沢山の写真もありました。
    ただ、私が一生もの、としてほしいのは
    篠山紀信の写真です。 サムライの佇まい
    凛々しいツラ構えをした あの写真一枚があれば
    一生、生きていけます。
    もし手に入ったら絶対にリビングに飾る!
    そう、決めてます。

    侘助さんが何年も何年も言葉を紡いできたコラムという
    「言葉の海」を私は今、ゆっくり漕いで楽しませて
    頂いています。ありがとうございます。
    本当に素晴らしい「言葉の海」です。

    文章をを打つ時、小さく音楽をかける癖があり
    今、中島みゆきと吉田拓郎の
    「永遠の嘘をついてくれ」
    が静かに流れています。

    • 侘助 より:

      お、山崎さん、YouTubeに登場されてましたか。
      そうそう、物腰やわらかく、しゅっとしてますよね。
      メモを取らない理由。仕事は戦場。かっこいい!
      山崎さんは、エレカシがらみでライブやイベントで何回かお見かけしました。
      いつだったか、日比谷の野音の開演前に、一人でふら~と入場口に向かっているところに
      居合わせたのですが、背が高くてトレンチコートを着てて、すごくかっこよかったです。
      やられちゃうのわかる気がします~

      篠山紀信さんの写真。
      蔦谷さんとの2ショットのですかね。ブルータスの。
      たしかにあれはかっこいいですね。視線とか。違ったらごめんなさい。

      ブログ、楽しんでいただけてよかったです。
      1年ぐらい休んでいたこともありましたが、ぽつりぽつりとなんとか書いております。
      これもエレカシや宮本さんが元気に活動しているおかげです。
      文章はほんとに下手なのですが、エレカシへの愛情だけはたっぷり注ぎつつ
      自分も楽しみながら続けています。

      「永遠の嘘をついてくれ」、知りませんでした。
      二人で一緒にそんな曲やってたんですね。
      すてきなタイトル。
      今度チェックしてみますね。

  3. 赤いあずき より:

    侘助様 こんばんは

    ライブ等々で山崎さんに何度かお目にかかった、との事。
    もう私の目は☆彡ですよ。

    長身にトレンチコート!もう倒れそうです。
    嬉しい~~。このような情報は宝物です(笑)
    なんであんな優しい話し方なんでしょうか

    私は、以前 埼玉に住んでいたことがあり。
    その後、夫の赴任で私も一緒に中国、ニーハオの
    国へ。人生、何があるかわかりませんね。

    もし今も東京寄りの埼玉に住んでいたなら絶対に!
    ライブに行っていた!と心で地団駄を踏んでいます。

    侘助さん 人生の歯車がちょっと違っていたら
    宮本さんも山崎さんも、そうして侘助さんのブログも
    私は一生、知らずに暮らしていたかもしれないと思うと
    本当に不思議な廻り合わせかと。
    だからこのご縁を精一杯、楽しもうと思います。

    ユーチュウブでエレファントカシマシの1988年代の
    ステージでの映像を見ました。若い若い宮本君

    カメラマンに向かって(o^―^o)ニコ、その後に
    ファンに悪態をつくところ、可愛くて可愛くて
    たまりません。当時、宮本君は22歳くらい?
    なにやっても許せてしまいます。

    写真、そうです蔦谷好位置さんが扉に立っていました
    今も写真を見たくなったらブログに飛びます。

    • 侘助 より:

      赤いあずき様
      山崎さんは、エレカシのライブではよく見かけてました。
      2daysあったら、今日は山崎さんだったね、とか今日は渋谷さんだ、とか
      友達と話したりしてました。
      トレンチコートかっこいいですよね。またそれがいやみなく似合うという!
      ポッドキャストはお聞きになりましたか? あれよかったですね。
      女の子が言ったコメントに、宮本くん喜ぶと思う、って言ってたのが
      確かに確かに~と思いました。

      赤いあずき様は埼玉にいらしたことがあるとか。
      中国も。宮本さんにご縁のある場所ばかりですね!
      私も最近、埼玉ではないですが、埼玉に近いところに越してきました。
      ちょっとわくわくしています!

      本当にめぐり合わせって不思議ですよね。
      たまたま見たテレビで、たまたま聞いたラジオで、本当に偶然のめぐり合わせで
      こんなにおもしろいつながりがもてるという。
      こういうのは思い切り乗っかっていくのが楽しいですよね!

      88年頃のエレカシ。尖りまくってる頃ですね。
      かなり特殊な空気ですけど、歌はすごいですね。
      最初からすごかったんだなあ~と度肝を抜かれます。
      エピック期の石くんもかわいくてついつい見ちゃいます^^

      もうご覧になってるかもしれませんが、コニファーフォレストの「おはようこんにちは」も最高ですので。
      ゾクゾクします。

      写真はそうでしたか、あれはたしかにかっこいいですね。
      目つきが最高ですね!

      • 赤いあずき より:

        侘助様 こんばんは

        宮本さんが相当のページを使い書かれた中国の陶器巡りの旅「俺たちの明日上」よかったですね。

        私が住んだ中国は広東省の中都市それでも70万~80万の人口だったようです。

        いい事も悪いものも沢山見てきました。何があろうと
        異国の地で生活できた事、私の人生の財産になってます。

        ポッドキャスト、はいはい何度も聞きましたよ。
        これから書くことはすべて山崎さん寄りで書いてます。

        山崎さんの話が一言一言 一途で切なくて心で泣きながら
        聞きました。
        マネージャーまでして宮本さんを推し(今風)ていく姿。

        あの頃、よく会っていたんだよ(宮本さん20代から30代)
        この言葉、切ないですよね。
        宮本さんも30代~50代、いろいろと辛い事。顔が歪むほどの
        苦難続きもあったでしょう。

        そんな宮本さんの変化を静かに見守り続けてきた山崎さん

        【ここから私の悪い癖。下衆の勘繰りが始まります】

        そんな宮本さんを見つめつつ深く心に決めている覚悟
        があると思います

        「宮本、お前がなにをしようと どこまでも見届ける!
         お前の骨は俺が拾ってやる!自分の生きたい人生を生きて みろ!」

        相当、芝居がかっていますが(笑)
        女だけど 武士道の言い回し、大好きです。

        こんな下衆の勘繰りをしたくなる先の放送での山崎さんの
        あの話。
        携帯の電話越しに自分が作った曲を聞かせる宮本さん
        罪深いな~
        テリー植田さんも「恋人じゃないですか、付き合ってるじゃないですか」
        山崎さん否定しないんですよ!確信犯ですよ。これは。

        尋常ではないインパクトのある言葉ですね。

        宮本さん浮気してないで てっぺんの山崎さんを離さないで。    なんてね

        山崎さん宮本さんで妄想が止まりません。

        侘助さん ごめんなさいね。この文章は
        いち早く伝えたいと思い長文になりました。
        慌てて打ったので乱筆、誤字 許してくださいね

        宮本さんのソロを取り上げる予定のポッドキャスト
        どうなっちやうんでしょうか。想像も尽きません。

        • 侘助 より:

          赤いあずき様
          こんにちは!
          広東省にいらしたのですね。広東省はたしか香港の方でしたか。
          昔、仕事で一度だけ香港に行ったことがあります。
          お互い中国にはご縁があったようですね。。
          中国陶器の旅の記事。はい、あれいいですね。私大好きなんです。
          アルバムとしては「愛と夢」制作の直前くらい、なかなかモンモンとしたものが垣間見えますけど
          宮本さんの人間性がよくわかるいい記事ですよね。
          岡田さんの写真もすごくいいし。

          山崎さんのポッドキャスト、よかったですねえ。
          恋人じゃないですか、に否定しない山崎洋一郎。。(笑)
          男と男の関係性の深さは、男女のそれを超えるんじゃないか。。と思うことがあります。
          別にBL的な意味ではないんですが(笑)
          お前の骨は拾ってやる。。っていう感じ、よくわかります。
          売れる前というのは、特にそうだったんじゃないですかね。
          あのポッドキャストのシリーズ、ブルーハーツ、ミッシェル、くるりと聴きましたけど、
          やはりエレカシに関しては特に濃密でした。山崎さんの思い入れの強さが。

          山崎さんをはじめ、渋谷さんもそうだし、エレカシの周りには、
          エレカシのことを放っておけない大人たちが数多くいたし、今もそうなんだろうと思います。
          それだけ魅力のある音楽だし人たちということなんでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。