テレビ・ラジオ・映像関連

2014.1.17 僕らの音楽(大杉漣xエレカシ)

大杉漣さんとのトーク。
先にエレカシの4人が座っていて、そこへ大杉さんが入ってくる時、
4人とも満面の笑顔で、ほんとにいい顔をしていました。

今まで「僕らの音楽」で宮本さんが対談した相手は、
川上未映子さん、Dragon AshのKj、生田斗真さんで、今回大杉さんは初めて年上の対談相手。

宮本さんがアルバイトで「いらっしゃいませ」ばかり言ってて、「ただいま」のかわりに「いらっしゃいませ」を言ってしまうぐらいだったとか、
大杉さんがセリフの全くない“沈黙劇”を16年やっていたという話を受け、石くんに向かって「あなたも“沈黙劇”に近い」と言ったり、
宮本さんが飼っていた文鳥の話(「ピーちゃん逃げちゃって」)や、
成ちゃんの飼っていたヨークシャーテリアが今はうちにはいない、ということについて、宮本さんが「うちにはいないけどって…空中か?」と聞き返したり、
いろいろツボを押されるトークの連続だったんだけど、
やっぱり特筆すべきは石くんの柴犬話。
飼っている柴犬の映像を黙々と撮り続ける石くん。「かわいい」とか「おいで」とか言わず黙ってひたすら映像を撮り、
宮本さんに「その映像なぜ俺に見せる!」と言われてしまう石くん。
大杉さんに「あとで見たりするんですか」ときかれ、「そうでしたね」とこたえた時の、メンバーのウケ具合が尋常じゃなくておもしろかった。

大杉さんが生田斗真と映画『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』で共演したということで、
生田さんの話にもなりました。
生田さんもエレカシの大ファンで、「僕らの音楽」にも宮本さんの対談相手として登場しました(2011.12.9放送)。
宮本さんは生田さんが番組(「新堂本兄弟」2012.12.23)で「悲しみの果て」を歌っているのを見て、とても嬉しかったみたいですね。

大杉さん曰く

「結構盛り上がるってわけじゃないけどね、それでなんかそいつと1歩も2歩も近づく感じがするんですよ。うん。≪さあ≫って言ったら≪がんばろうぜ!≫って出るようなね」

2014.1.17 僕らの音楽

わかる。すっごいわかる。エレカシというだけで1歩も2歩も近づく感じ。
生田さんからエレカシが好きだって話をされた時、大杉さんは「やっぱりな」って思ったそうです。
生田さんと仕事をやる中でいろいろ感じるところがあったんでしょうけど、エレカシを好きだということを知って「やっぱりな」と。
「結構盛り上がるってわけじゃない」っていうのもいい。語らずとも語れる感じ。
このあと、曽我部恵一×エレカシで「俺たちの明日」。トークからいい流れでした。

ドキュメンタリー映画のスタジオシーン(厳しい練習風景)が流れて、
これを観た大杉さんは、僕は何をやってんだと思ってショックだったそうです。

大杉さん「僕は62、っていうか別に62どうのっていうんじゃないんだけど、希望はあるんですよ。若い頃こんな希望って言葉は俺は使わなかったかもしれないんだけど、どういうものを目指すか、っていうか、役者なのか俳優なのかわかんないけど、なりたいとか、どんな生き方がいいとか、そういうことは不器用なりにいろいろ考えるんですよね。楽しくありたいって思うけど、そんなに簡単に手に入るものじゃねえだろっていう部分がありまして、俺は。」

(同上)

ペットトークのにこやかな雰囲気とは打って変わって、
この時のメンバーは皆、背筋が伸び引きしまった表情をしていました。
大杉さんの話を受けて、宮本さんは“希望“について語ります。

宮本浩次「僕もこのバンド、やっぱ希望みたいなもの、ようやくそういうのが……ああなるほどと思ったのはそこで。全部そこにあるっていうか、なんかもう」

(同上)

この「なんかもう」のあと、宮本さんは思いを言葉にしようとするんだけどできなくて、
だけど、大杉さんは「うんうん」とうなずいていました。わかるわかる、っていう感じ。
生田さんと大杉さんにしても、大杉さんとエレカシにしても、語らなくても通じる何か、むしろ語るよりも大きな何かが通じ合ってるんでしょうね。

大杉さんの紹介映像の最後にドラマ「フレンズ」の映像が流れました。
スナックで大杉さんがカラオケを歌っているところに煮詰まった表情の宮本さん登場。
不意をつかれてびっくりです。
あのドラマが放送されていた時の微妙な空気を思い出します。
『good morning』が出たあと。ライブで必ず“コール アンド レスポンス”をやっていた頃。
別にドラマに出なくていいのになぁ、と思いながらもやっぱり気になって毎週見ていました。
ドラマ自体は残してないんですけど、
番宣で出た「王様のブランチ」が残っていて、それを久々に見てみました。
浜田さんからドラマに誘われた宮本さんは「100個返事で」それを受けたそうです。
↓はドラマの人物相関図(荒くてすみません)。
IMG_1090.jpg

番組の中で宮本さんは大杉さんについて、
「渋い方ですよね。激渋の男っぽい感じ」とコメントしていました。
あれは確か恵比寿のリキッドルームだったと思うけど、
大杉さんが1人でやってきて、ささっとフロアに入って行くところをお見かけしたことがあります。
EMIのある時期、エレカシが全く露出しなくなって、ライブ会場を飾る花が激減しても、
大杉さんの花だけはありました。

ドラマをきっかけにエレカシのファンになった大杉さん。
仕事の現場でエレカシの話をする大杉さんと生田さん。
そして大杉さんと生田さんの話をするエレカシ。
縁というのはつくづく不思議だけど必然というか引き寄せ合うというか、
そんなことを思った今回の「僕らの音楽」でした。

2017春・振り返り(2) 家の履歴書、めざましテレビ、きくちから■20170323発売 週刊文春「家の履歴書」 音楽誌とは語り口が違ってて面白かったし、すごくいい記事でした(インタビュー形式でなく、...

POSTED COMMENT

  1. e-ko より:

    お久しぶりです。 侘び助さんに改名されてからは初めてお邪魔します。かわいいですね^^侘び助って。コロ助、みたいな感じで^^      心待ちにしていた「僕らの音楽」。本当期待以上に良かったです。曽我部さんとのセッションももちろんよかったですが、大杉漣さんとの対談が良過ぎました。もう、3回も繰り返し観てしまいました。深いお話から、ペット談義まで。先生もリラックスして本当に楽しそう。見ていてとても幸せな気持ちになりました。                      侘び助さんは、ライブ会場で漣さんを見かけたことがあるのですね!EMI時代ですか!花輪のお話もいい話! ちょっと、話が脱線するかもしれませんが、YOUTUBEで、たまアリ前日にニコ動でやっていたダイノジ大谷さんと、鹿野さん、はなくまゆうさくさんの対談を見たのですが、侘び助さんも見られましたか? もう、みなさんの熱さが半端なくて、熱さとエレカシの知識の半端なさに圧倒されました。 番組最後大谷さんが「俺のエレカシが、たまアリで演るなんて・・・見たいな感じで感極まってるのを見て、こちらもググッときちゃいました。             何が言いたいかっていうとエレカシのコアな昔からのファンの方ってエレカシって言うバンドに自分の人生重ね合わせて一緒に歩んでるっていうか、漣さんの「さあ」っていったら「がんばろうぜ」って帰ってくるような感じ。エレカシファンに共通する何かがあるんだな・・・っていうのを感じました。ああ、言いたい事まとまらなくってスイマセン。      私はまだ3年ちょっとのファン歴。 でも、これからエレカシ追っかけて少しは、胸張ってエレカシファンっていえるようになりたいな~。

  2. 侘助 より:

    e-koさん、こんばんは♪
    すみません、地味に改名してました~^^
    「僕らの音楽」、よかったですね! 私も期待以上でした。
    大杉さんとのトークがね……良くって、歌のこと全然書かずにそればっかり書いてしまいました。
    大杉さん、素敵な方でしたねえ。
    ドキュメンタリー映画を見ての大杉さんのコメントが本当によくて、
    あの映像からきっと刺激される部分があったからなんでしょうね。
    その言葉に対して「バンドが希望。実体のある音を出したい」という宮本さんの返しもすごくじーんとしました。
    大谷さんの番組、見ましたよ~いい番組でしたね!
    花くまさんのEPIC期の話もよかったし、
    大谷さんが最後泣いていたのには、私もぐっときてしまいました。
    >エレカシって言うバンドに自分の人生重ね合わせて一緒に歩んでるっていうか
    これすごくわかります。
    きっとエレカシ好きな人って多かれ少なかれそういうところがありますよね。
    エレカシからいろいろ刺激を受けるし、いろいろ思いを託しているところもあったり。
    ある時はお守りを握りしめるように曲を聴いたり。
    あとから「あの時はあの曲聴いてたな」とか振りかえって、その時のことを思い出したり。
    なんか話がズレてきちゃったかな……
    思うのは、エレカシファンの数だけ
    その人だけのエレカシ物語があるんでしょうね。当たり前だけど。
    出会って涙して笑って興奮して冷めてまた熱くなって……というような。
    その時々でエレカシという鏡に映る自分というのも嫌と言うほど見えるというか。
    エレカシに限らないのか、こういうことは。
    でもエレカシの場合はよりそれが濃いというか深いというか……
    うまく言えないんですけど、
    要はエレカシがすごいからなんですけどね。
    結局こういうオチになってしまいました!

  3. e-ko より:

    お返事ありがとうございます^^ 侘び助さんにわかるっていってもらえると嬉しいです^^ ファンの思いが強くて深いバンド。ほんとにそうですね。 単純に励まされるとか、元気をもらえる、とかそれ以上に受け取るものの多いバンドですよね。                     今回の大谷さんの番組で、花くまゆうさくさんがエレカシファンって初めて知りましたが、圧倒的な初期エレカシの知識量でしたね~。いや~、凄かった^^ そして鹿野さん!あいかわらず熱い方!語り口が面白いですよね~。大好きです^^ なんか番組の終盤に鹿野さんが「40代位の女の人で、宮本の事王子様みたいに思ってる人いるよね」とか、「あんなセクシーな47歳いないよ。 抱かれたいと思うでしょ?」と、ゲスト(?)の女の子に振ってたのがツボでした。 いや~、鹿野さんあれだけ良い話のあとで「おいおい」って感じでしたが^^ 確かにアラフォーの私も先生の事「白シャツ王子」と思ってる部分もあります。・・・ミーハーでお恥ずかしいですがっ。  すいません!こんなオチで!

  4. 侘助 より:

    e-koさん、こんにちは♪
    花くまさんのお話、よかったですね~ エピックの頃のお話たくさんしてくれておもしろかったです。
    新潟のイベント?のお話もされてて、本当に最初の頃から応援されてたんだなあ~と驚きました。
    落ち着いた語り口調だったけど、あのエレカシ愛には本当にじーんとしました。
    鹿野さんが女の子に話を振ってたのも面白かったですね^^
    「白シャツ王子」! 確かに……あんなに白シャツ似合う人がいませんね~
    私もミーハー全開ですよ~(笑)
    次はSONGSですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。