エレカシ・宮本ソロ_アルバム

エレカシブートレグBOX到着(梱包を開封しました涙)

先月から待ち焦がれていたブートレグBOXが届きました!

(内容について少し触れます。まだご覧になっていない方、すみません)




段ボールをあけて、まず見えたのは赤いハガキ大の挨拶状。はい、ごていねいにどうもありがとうございます。
黒いTHE ELEPHANT KASHIMASHIのショッピングバッグも入っていました。
次に再発CD『日本 夏』『野音 秋』が出てきました。くるまれたプチプチをはがし、あとでしっかり聴くからね、と脇にやり、
そして一番底にブートレグBOXが鎮座していました。わー。待っていたよ。
ああはがしづらい、なんでこういうのはいつもはがしづらいのか、
などとはやる気持ちを押えながら薄いビニールをはがし、
うやうやしい気持ちで、赤い箱のふたをそーっと開けてみました。
おおー。「THE ELEPHANT KASHIMASHI IS A BAND!」の白文字の横に金のサテンのリボンが垂れている。
あらら。すてきなデザイン。こういうの好きです。
サテンのリボンをそっと引っ張ると、出てきました、6枚のCDが。
赤から彩度を落としながら茶色へのグラデーション。きれいです。
ポストカードもよいです。白黒写真。紙の質感と写真とがとても合ってて雰囲気がよく出てる。
豪華ブックレットも写真がてんこもり。
このブックレットの最後に「compilated by 熊谷昭」とあったので、
あの解説(Compilation note)を書かれたのも熊谷氏なのでしょうか。
熊谷さん、『扉の向こう』で宮本さんと、顔近いよ!と言いたくなるぐらい親密な感じで、
ずっと一緒に詞の話とかされていたディレクターさんですね。
じーんとさせられるCompilation noteでした。

箱をあけて、中のものをひとつひとつながめただけで、
今日は今日の許容範囲を越えてしまい、
それでも、ちょっとだけ…とりあえず1枚だけ、Disc1だけ聴こうとかけてみました。シェルターのやつ。
おおー。臨場感が臨場感が!
そして3曲目の「悲しみの果て」……もういけません。涙腺がゆるみます。なんでだろう、何回も聴いてる曲なのに。最近エレカシに関してはナミダもろくておばあちゃんみたいです。

—–
宮本さんが綾部さんへ寄せたコメントのページ。オフィシャルで紹介されてました。
骨董ジャンボリー
http://home1.att.ne.jp/sun/jambokun/antique/ayabe.html
これ読んでると綾部さんがガラクタをほこらしげに自慢している姿が目に浮かぶようです。
缶から、という言葉のセンスが絶妙で、さすが先生だなと思いました。
骨董ジャンボリー、ぜひ行ってみたいです。

ぼっこやの美-綾部和夫の世界-昨日、綾部さん(エレカシエピック時代のマネージャー)の企画展を見ようと、骨董ジャンボリーへ行ってきました。 骨董ジャンボリーの存在...

POSTED COMMENT

  1. e-ko より:

    おはようございます。 ブートレグBOX届いたのですね! 私は予約したのが遅かったし地方だしで、ゆっくり待ちたいと思います^^でもGWまでに届いたら嬉しいのですが。 綾部さんの作品展に寄せた宮本先生の文章読みました。綾部さんといえば、双啓舎の社長権エレカシマネージャーだった方ですね。エレカシの育ての親、みたいな感じでしょうか。 しかし、骨董好き、古い趣あるものが好きなんて。好事家のもとには、好事家が集まるというか、類は友を呼ぶというんでしょうか^^双啓舎の頃でしょうか、先生がお給料前借して浮世絵買っていたというのは。事務所社長は、陶片や錆びた”缶から”を蒐集し所属バンドのボーカルは、浮世絵蒐集・・・。なんか楽しそうな事務所です^^いいですね~。 エレカシの周りには素敵な方が自然と集まるのですね。

  2. aki より:

    おはようございます♫
    ブートレグBOX届きました!パッケージがカッコイイ!!どうしても私も1枚だけでも聴きたくてさっき聴きました。ゆっくり聴く事が出来ず結局途中で断念しましたが、「悲しみの果て」良いですね。何度も聴いている曲だけど、最初はこんな感じだったのかと新たな発見もあり新鮮だけども、今に確実に繋がっていてジーンときました。
    解説を読んで、 チームエレカシ熱くて素敵だなって思いました。エレカシ愛に満ちた沢山の人達がいつも周りにいたんですね。
    連休もあることですし、じっくりブートレグBOX楽しみたいと思います。まだ到着されていない方にも早く到着する事を願ってます♡

  3. ヨロレイン より:

    e-koさん、こんにちは♪
    綾部さんへのコメント、すてきでしたねえ。
    綾部さんという方は、ときどきインタビューで名前が出てきたときに、前の事務所の社長さんだった一だな、と思うぐらいで、
    あ、2000年に宮本さんがいいともに出たときに、次がアルフィーの坂崎さんに回ったんですが、そのとき、エレカシの元マネージャーの人が骨董屋をやっている、という話が出てました。すごい転身だなーと思ってびっくりしたけど、双啓舎の頃から缶からだったんですね^^
    前借して浮世絵買った、って話もありましたね!
    エレカシには素敵な人が集まるんですねえ……
    ブートレグBOX、e-koさんのところにも早く届きますように^^
    akiさん、こんにちは♪
    「悲しみの果て」、いいですよねえ。できたてのほやほや、という事前情報があるせいもあるんですかね、
    狭い空間の音響と、そのせいかやけに生々しい演奏と歌と、
    ちょっとぐっときてしまいました。
    ほんと、チームエレカシすてきです。エレカシ、愛されてますよねえ。どんなときでも、周りで温かく見守ってくれる誰かがいたんですねえ。
    私も連休にじっくり聴き込みたいと思います♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。