エレカシ・宮本ソロもろもろ

エレカシ2022新春開催決定、そしてM-1グランプリ2021のプロモ動画に「昇る太陽」

エレカシの恒例新春公演開催が決定しました。

エレファントカシマシ新春2022開催決定

エレファントカシマシ 新春ライブ 2022
2022年1月12日(水)東京・日本武道館 開場17:00 / 開演18:30
ディスクガレージ 050-5533-0888(平日 12:00~15:00)

一般への告知前、PAO会員に開催の案内がきたときはほんとうに驚きました。
2021年は、ソロプロジェクトが大盛況だし、毎年やっていた新春も野音もやらなかったし、エレカシの方は一体どうなるんだろうな、とぼんやり思っておりましたが。
となると。となるとですよ。このタイミングで新春をやるということは。。ソロツアーの終わった夏以降の動向がとっても気になって仕方がない。妄想が暴走しております。どうなるエレカシ。

エレカシ新春武道館。なんてすてきな響きでしょうか。。
私にとっては何よりも年明け、お正月感のするイベントですが、先立つチケットが・・・PAOは撃沈しまして一般先行を友人にお願い中。
嗚呼。エレカシで武道館が取れなかったことなんてないのに。人気者になったから仕方ないのかな。。
しかし新春の武道館はほんといいんですよね。場内はひんやり冷たく、でもライブ前の静かな興奮もあって。
「真冬のロマンチック」聴きたい。「未来の生命体」も。「はじまりは今」も。
武道館、ステージ裏をつぶさずに円形の席全部使ってくれないだろうか(祈)

M-1グランプリ2021のプロモ動画に「昇る太陽」

まさか、M-1グランプリと宮本浩次がこうなるとは・・
油断しておりました。

まずはショートバージョン

はーめちゃくちゃかっこいい~ 編集しびれる~ と身をよじらせていたら、間をあけず4分のロングバージョンが公開されました。

宮本さんの曲をバックに阿佐ヶ谷姉妹が・・(笑泣)
「昇る太陽」がはまりすぎてM-1用に書き下ろされた曲みたい。
しかも映像の長さが4分というのがさらに泣ける。


ネタ時間
1回戦は「2分」/2回戦・3回戦は「3分」/準々決勝・準決勝・敗者復活戦・決勝は「4分」
M-1グランプリ2021公式サイト

4分=M-1決勝のネタ時間なんですね。
お笑い芸人さんにエレカシファンが多かったり、以前からエレカシ界隈とお笑い界のなじみの良さを感じていましたが、ここにきてその象徴のような映像が公開されビックリ&感激しております。

こちら大元の宮本浩次「昇る太陽」

こちら2019年のRIJF。ギター横山健。

どちらも久しぶりに見ました
あああらためてかっこいい

「昇る太陽」が入っている「宮本、独歩」。ソロ1stアルバム。

M-1の決勝に残っているのは、インディアンス、真空ジェシカ、モグライダー、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルド、錦鯉、もも、ランジャタイの9組。残り1組は当日の敗者復活戦で選ばれるとのこと。
今年はリアルタイムでじっくり見てみようかと思ってます。

ちなみに”お笑い”的なトピックスとしては、私は残念ながら見逃したのですが、RGが宮本ある次、椿鬼奴が椎名鬼奴林檎をやったらしく。宮本ある次(笑)
「獣ゆく細道」は、「有吉の壁」でマヂカルラブリーがやっていたけれど、なんでしょう。。芸人魂をくすぐる曲なんでしょうか(笑)

さらにお笑いネタで言うと、劇団ひとりが監督した「浅草キッド」。すばらしかった。主演の二人はもちろん、きよし役のナイツ土屋も最高。
M-1グランプリを見てから「浅草キッド」をもう1回見るのがこの年末のお楽しみです。

おまけ
RIJFの「昇る太陽」を見たら「Do you remember?」が聴きたくなってしまいました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。