テレビ・ラジオ・映像関連

2021.10.24 The Covers 「宮本浩次、バラードを歌う」(感想)

10月から宮本浩次ソロツアーがはじまり、何度目かの週末が過ぎ、各所でコンサートが絶賛開催中なんですね。私は未だ参加できておらず!
時はもう11月も半ば。
今さらながら先月の「The Covers」を振り返ってみたいと思います。

番組の内容と演奏曲

初回放送日: 2021年10月24日
MC:リリー・フランキー 水原希子

「春なのに」(柏原芳恵カバー)
Pf:小林武史、Dr:玉田豊夢、Str:沖洋子ストリングス、Mani:吉田誠
「First Love」(宇多田ヒカルカバー)弾き語り
「浮世小路のblues」
Pf:小林武史、Dr:玉田豊夢、Ba:キタダマキ、Gt:長田進、Mani:吉田誠

「春なのに」(柏原芳恵カバー)

Coversは、去年の2週連続宮本浩次ナイトから約1年ぶりの登場です。
今回は柏原芳恵の「春なのに」と宇多田ヒカル「First Love」をカバーしました。

「春なのに」カバーが収録されているアルバム「縦横無尽」。

「春なのに」の歌詞について、リリーさんが《むこうで友だち 呼んでますね》という一節を挙げ、小説のようなフレーズで場面が思い浮かぶ、とコメントすると、自分もその部分は好きだと同意する宮本さん。
加えて、宮本さん曰くぐっとくるのは《白い喫茶店》のあたり、自分は好きなのに好いてもらえない温度差が表れていて切ないと。宮本さんいつもの落涙ポーズです。
こういう宮本さんを見ると、歌の世界に対する感度、感受性が細やかで深いなあといつも思わされます。宮本さんの表現の核なんだろうなと思います。

「First Love」(宇多田ヒカルカバー)

水原希子ちゃんやリリーさんが「大人っぽい歌」だと言うのに対し、逆に初々しいと感じたと語る宮本さん。
作った当時宇多田ヒカルはまだ”タバコのflavor”も知らなかったんじゃないか、というのが宮本さんの見立てのようです。「絵空事のようでいて、少女がそれをイメージする」という言い方をしていました。
エレファントカシマシにも「やさしさ」という歌がある。当時免許も持ってないし彼女もいないのに《お前の町まで車をとばして》という詞を書いた、多分実体験はないけれども心の中で体験・イメージはしているから描けるのでは、と宮本さんは思ったそうです。
知らないことを想像して書く。実際の経験と想像して描くのその間には何があるんでしょうか。現実=リアリティ、ということではないんでしょうね。知らないからこそ生み出されるロマンチックってあるんだろうな。

「First Love」の弾き語りが終わり、トークコーナーのリリーさん曰く「渋みがあるのに初々しさがある」。
たしかに。
50代半ばで白シャツで「First Love」のカバーが成立してしまうアーティストが他にいるだろうか。。

「First Love」のカバー収録のアルバム「ROMANCE」。

「浮世小路のblues」

新しいアルバムからはもう1曲「浮世小路のblues」。
エレカシの「奴隷天国」や「真夜中のヒーロー」みたいな曲を、とオファーされた時、それまでポップにならないとといけない!と封印してきたが、今回はそんなブルースロックを形にしていいのだと思った。あとは「花男」や「待つ男」でやっていたような演歌のノリも加えた。「浮世小路のblues」はブルースロックの上に(演歌が)うねうねいくという決定版で自慢の曲。とで語っていました。

レーザービームがギラギラなセットで宮本さんは時に体躯を折り曲げ時にひざまづき、魂を込めて熱唱します。歌終わり漏れ出る「ホウッ」とか、見下げる目線とかめちゃくちゃかっこよかったです。

***

リリーファンとしては、

「春なのに」の歌唱をリリー・フランキーにほめられ、恐縮する宮本、うつむきがちにゆっくりと水を飲む。
(しばしの間)
リリー「(笑)日本酒じゃないですよね、それ?」
2021.10.24 The Covers

ここが大変ツボでした(笑)。
あの間をじーっと待つ、むしろにやにやがとまらないリリーさん。すばらしい。
そして、つっここまれてめっちゃうれしそうに笑う宮本さん、最高でした(笑)。

POSTED COMMENT

  1. 赤いあずき より:

    りりーさん 本当に宮本さんの事、大好物ですね。
    ただでは帰さない(笑)

    • 侘助 より:

      リリーさん、本当に大好物ですね(笑)
      希子ちゃんとの初々しいやりとりもなんかよかったです^^

  2. 赤いあずき より:

    侘助さん こんばんは

    今の音楽番組って以前 大田光さんが宮本さんとの対談で
    言っていた記憶がありますがベルトコンベヤーのように
    沢山の歌手が出てきて・・・。そんな事を言っていた気が
    します。

    そこに来ると「 The Covers」「songs」は良質な音楽番組
    ですね。私の勝手な持論です。

    一人のアーティストの歌と人となりを30分 45分の時間を想い存分、浸れる贅沢な時間を頂ける。この歳になると尚更、
    実感しますね

    侘助さん、私ね「First Love」昨年でしょうかねTVで何度か
    聞いていましたが今回の「The Covers」での歌!!
    素晴らしい‼宇多田ヒカルさんを越えていると思いました。

    そして、沢山の宮本さんの歌う姿を何度となく見て来たけど
    今回、エレキギターを奏でて歌う顔、唇なんと色っぽいのかと。いや~色気が凄い。こんな宮本さん初めて見ました。

    若い頃なら口が裂けても言わない言葉
    「私はあのマイクになりたい~」戯言が過ぎましたね。
    上質なコラムを汚す前に消えますね(笑)

    いつもお相手頂きありがとうございます

    • 侘助 より:

      赤いあずき様
      こんにちは。
      「The Covers」「Songs」は本当にいい番組ですね。
      振り返ってみると、バラエティ色の強い音楽番組が主流だった時期もありましたが(それはそれでおもしろかったけれど)
      この頃は良質な音楽番組が増えてきましたね。
      NHKの番組だとCMもないし時間の分だけじっくり楽しめるし。ほんとに贅沢な時間ですね。
      そうそう「First Love」は去年何回かやりました。
      今回のもよかったですね。たしかに色気ありました。白シャツであんなにまっすぐ歌われると・・!
      マイクに(笑)どうぞどうぞここは堂々と推しを愛でる場所(笑)なので自由にいきましょう♪
      いえいえ、こちらこそたのしいやりとりいつもありがとうございます^^
      紅白も決まり今年の大みそかも楽しみです。

  3. ピーチ より:

    侘助様

    こんにちは^^ 「The covers 」と「Songs」
    素晴らしかったですね。どちらの番組も丁寧な構成なのも良かったです。特に大泉氏が宮本氏から
    「歌っている時が一番自由なんです。」とインタビューで引き出したのは素晴らしかったです! 

    私は宮本氏は、その歌の舞台を一瞬にしてその場に作れることが出来る稀有な歌手だと毎回思います。自分の歌もcoverも一瞬に歌の舞台にワープするように感じます。ですから、宮本氏が男性であることも、coverの歌が女性歌手による女心の歌
    であることなど意味が無くなり、ただ感動だけが
    存在するのだなといつも思います。
    以前のこの番組は、知らなかったために見ていませんが、本当に宮本氏の良さがとても伝わる番組なのでまた出演してほしいですね^^

    • 侘助 より:

      ピーチさま
      こんにちは(^^)
      「歌っている時が一番自由なんです。」たしかに!
      洋さんのあのほがらかな人柄に、宮本さんも心を許してる感じがしました。

      >その歌の舞台を一瞬にしてその場に作れることが出来る稀有な歌手だと毎回思います

      ほんとうにそうですよねえ。その場の空気ががらっと変わるというか。元歌が何だろうと、宮本さんの歌になりますよね。
      その歌の良さをあらためて教えてくれたりもして。

      本当にいい番組だと思います。大好きです。宮本さんの良さがよく引き出されてますよね。リリーさん司会のまま長く続いて、またエレカシや宮本さん、出てほしいですね♪

  4. 赤いあずき より:

    侘助さん こんにちは  赤いあずきです。

    「白シャツであんなにまっすぐ歌われると・・!」さすが侘助さん、目の付け所が違う。

    宮本さんの「YouTube大作戦」第一弾 第二弾と配信されてうれしい限りです。

    第二弾も「よ~こそ、いらっしゃいまし~~」と登場する宮本さん、いいですね
    私も「お邪魔しま~す」なんちゃって。

    誰に邪魔されることなく私だけに語り歌ってくれる。こんな贅沢な時間は何ものにも
    変えられない。時々 宮本さんの ゼンマイが切れてしまう、そんな感じも新鮮です。

    インタビューで答えを誘導されるのではなく、自分の「今」感じている言葉が飛び出てきます。こんな魅力的な贅沢な時間はないです。このYouTube 本当にお宝です。

    お品書きはあっても、宮本さんが紡ぎだす言葉たちを聞いているだけで心から癒される
    だから毎日、飽きもせず聞いていられる。宮本さんの声が私には本当に心地よいのです。

    嘘のない話の内容。正直に話しながら「ここまで言うことはないのかな・・・と反省」
    そんな話をファンは聞きたいのですよ、宮本さん。

    そして作業場、でしょうか?うず高く積み上げられた本の山。また山

    若い頃からバンドで活動していて曲も300曲以上、作成していて。
    いつ、本を読んでいるのでしょうか。

    宮本さんも歌の中で「飯も食わねばならん、恋もせにゃならん・・・」そんな中で
    いつ、読書の時間を作るのでしょうか。本当に本当に不思議です。
    なにを削って読んでいるのか!そして驚くことに確かに目を通し読んでいる痕跡がある事
    素朴な疑問です。そうして驚嘆します。宮本さんの頭の中を心底、覗いてみたい。

    宮本さんが言う、お宝自慢の永井荷風「墨東奇譚」「でも、見て」と宮本さんの
    優しい言葉、そして自ら朗読する。好きなんでしょうね、あの文章が。
    あの一小説を宮本さんは何十回も泣きながら読んでいる。との事。
    あの文章に限りなく魅了される感性が「女歌」を構築しているのではないかと。

    話を一個 バースディライブに繋げていいですか、ドラムの玉田さんの髪の毛の一本一本までがドラムのビートをかき鳴らしていますね。

    時には宮本さんとのバトルの如く、一歩も引かない迫力がまた魅力です

    確か、侘助さんはリアルタイムでご覧になった。とブログでお話しされてましたよね。

    今も、47都道府県を縦横無尽のライブが進行していますが
    行きたい方、全ての人に宮本さんのいのちの鼓動を全身で浴びて欲しい!
    その恩恵に浴して欲しい!と切に願っております。

    • 侘助 より:

      赤いあずきさま
      こんにちは(^^)
      いやー、白シャツでFirst Loveは反則ですよねえ(笑)

      YouTube大作戦の配信、嬉しいですね。本当にお宝です。
      たしかにインタビューではなくこんなにひとり語りするする宮本さんは新鮮かもしれません。
      宮本さんの初チャレンジ感というかうれしはずかし感もとってもいいですよね〜

      スタジオの本の山、衝撃でした。暗幕のうしろがあんなことになっているとは!
      私も、朗読シーンはぐっときちゃいました。
      本当にあの感受性ですよね。表現力の源なんでしょうね。

      玉田さんのドラム! 本当にしびれますね。宮本さん、影響受けてるでしょうね。玉田さんもまた。ほかのメンバーもそうなのですが、影響しあってるのが如実にわかってワクワクします。

      全国ツアー絶賛開催中で、各地で怒涛のステージを繰り広げているのでしょうね。セットリストはどんなだろう(がまんしてまだ見ていないのです)
      私は来年のまだまだ先ですが、その日をごほうびにして日々なんとかがんばります♪

  5. 赤いあずき より:

    それにつけても
    「The covers 」でのスリーショット。

    宮本さん、ほんのりメイクアップして
    美人ですね!!本当に美形だ。

    • 侘助 より:

      赤いあずきさま
      宮本さん、メイクしてましたか!
      気が付かなかったです〜
      ますます色男ですね(*^^*)

  6. みみこ より:

    侘助さまへ いかがお過ごしでしょうか?本日よいお天気 鳥も飛んでます。なんとなくエレカシのアルバム風を流しました。何度も聴いているのにシンプルな熱いバンドの音がカッコいい!ロックです このあたりのってちょっと中毒性がありませんか(笑)
    いろんな時期それぞれ 毎回中毒になりますから😽
     侘助さんもリリーさまお好きなのですね! 私も!ファンです。お二人があの番組で出会えているのがとてもとても嬉しくて。 素敵なロックな愛があるリリーさんとだと宮本さんもいきいきしてて。通じる部分ありますよね、アーティストとして。愛があるし。 だいすきなみうらじゅんさまともどこかでつながらないかなー あと横尾忠則さま。なんて勝手に天才さまたちをおこがましいワタシですね。
    さあ 紅白も決まり、ツアーもまたまだ続きますね!
    元気にほんとに幸せにしていらっしゃる宮本さん。この幸せな大人な宮本さんはエレカシでどんな曲歌うのだろう! 想像こえるからいつも(笑) 楽しみにご一緒にゆきましょうね 侘助さまいつもね言葉やまなざしがうれしく共感して 伝えたくなり錯綜!先生じゃないけれど。ごめんなさいね。わるぎはないから(笑)  ではでは風邪など召されませぬように🍀      みみこより

    • 侘助 より:

      みみこさま
      こんにちはー

      「風」を聴かれているのですね。いいアルバムですよね。大好き♪ でもワタシがその良さにちゃんと気づいたのはリリースされて8年後のことでした汗! いやー、でもほんと好きです、かっこいい。中毒性、わかります。だって、平成理想主義に、DJ in my lifeに、達者であれよ&友達がいるのさ…もう全曲いい! 名曲だらけの名盤ですね。

      みみこさまもリリーファンでしたか。ご同輩(^o^)
      ほんとにリリーさんのロック愛は素敵ですよね。
      私は、リリーさんの宮本さんへのソフトなツッコミが毎回楽しみで。リリーさんにしかできない絶妙なさじ加減がたまらない(笑)
      みうらじゅん様は、一度グッズTになったことがあり、わたくし迷わず購入し、着倒してしまってかなりビンテージ感(笑)がでていますが、大好きで今も愛用しています。
      あとはみうらじゅん賞もとっていますよ♪
      横尾さんも何かつながりあるといいですよね。根っこではすでにつながっている気もしますが

      宮本さん、エレカシにどう戻っていくんでしょうね。再始動第一弾の新曲がとっても楽しみです。
      錯綜!(笑) 大丈夫、私もいつも錯綜しております! ココロのままに、どーんといきましょう(*^^*)

  7. みみこ より:

    侘助さまへ!
    なななんと! じゅん様グッズtに!? 素晴らしい!賞は侘助さまのここで拝見し、さすがとおもっていました!  なんだか嬉しい😽 
    じゅん様が憧れてやまないヨコオさまがお話されていると どうしても天才のかたの独特のかわいさやピュアなとこ 猫が人生などとおっしゃったりと宮本さんとつながりをかんじます。ヨコオさんもロックです 芸術とロックは繋がってますよね。泣けます。  わたくしごときがなんですけれども。
    侘助さまにおはなしできてとても嬉しい。
    そして そしてでごさいますね! きました✨
    で〜い どーんとね、  ぐるぐるのみみこより

  8. みみこ より:

    侘助さまー
    何度も失礼いたしますが! 2015新春のグッズ!だったのですね~ その頃すっかり離れてて!
    あまりにもじゅん様の世界でかっこよすぎてすぎて(笑) 4人のお姿!!!✨ いやー参りました
    連絡をせずにはいられなくて。 着倒している侘助さまにもかなり萌ーでございます
    まだまだしらないことがありますね また教えてくださいませ。    よろこびのみみこより

    • 侘助 より:

      ヨコオ、ミウラ、ミヤモト。。綿々と続くアートの歴史ですね。芸術とロックは互いに影響しあってますよね。天才の方のかわいさ、ピュア、猫。。ほんとうに! 天才のそばに猫ありですね〜

      じゅん様Tシャツはそうです、2015新春です。ふつうのTシャツとラグラン袖があって、私はラグラン袖を入手しました。今はすっかりビンテージですが、自慢のグッズです♪
      あまりにもじゅん様の世界でしょう?!

      そしてそして、でございますよ〜 ビックリー
      今からなぜか緊張しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。