テレビ・ラジオ・映像関連

宮本浩次初主演(!!)ドラマ「俺のセンセイ」

朝イチで
「宮本浩次がドラマ初主演が決まったらしい」というメールがきて、
それを見た私は、過去のトラウマか、
何やら悪い予感しかせず、
すでに情報はいろいろ出てはいるんだろうが、
なかなか見る気にならず…

しかし、しかし、
情報の詳細を見て、
例えばこういう記事を見て、

エレカシ宮本、マンガ家役で初のドラマ主演「大まじめに取り組んでおります」
http://natalie.mu/music/news/212705

わたくし、とっても楽しみです。
楽しみになりました!

フジテレビのヤングシナリオ大賞と言えば、
映像化された作品を全部見たことがあるわけではないですが、
とても新鮮な感覚の、良質な作品が多い印象を持っています。

野島伸司や坂元裕二をを輩出したヤングシナリオ大賞。
今引く手あまたの野木亜紀子氏(逃げ恥とか)もこの賞出身なんですね。
http://www.fujitv.co.jp/young/award/index.html

あらすじを読んでも、宮本さんのコメントを読んでも
内容的にすばらしそうだし、
共演者も石橋杏奈さん、佐藤二郎さん、小出恵介さん、
みなさんほんとにすてきじゃないですか
石橋杏奈さん、NHKのコント番組「LIFE」に出てますよね。
あんなにかわいい女優さんがお笑いを全力でやっているというのに好感が持てたし、
映画「マイ・バック・ページ」に出てたのもすごく鮮烈で印象に残ってます。

そして何より劇中にエレカシの曲が流れると!
しかも全編にわたって流れると!

……もう、それだけで私は泣いています。
そのシーンを想像して見る前から泣いています。(あほか)

悪い予感がするとか言ってほんとすみません。
何か、変な連ドラだったらどうしようとか思ってしまいまして…

これは想像だけど、宮本浩次という人のもとには、
役者としてのオファーが結構いってると思うんです。
音楽やる人の持つ空気というのは、
最初から役者一筋できた人とは、当たり前だけど違う独特なものがあるし、
そういうのは映像界の人にとっては刺激も魅力もあるだろうし、
宮本浩次にいたっては、他に類をみない、唯一無二の個性で
そんなクリエイターの方々をひきつけてやまないと思うのです。

で、ここにきて、ぽんと受けた。
私はこの、ドラマの仕事を受けた、そのこと自体がすごーく興味深いです。
オファーの熱も相当だったんだろうし、
なにより、それほど脚本が響いたんでしょうねえ。
このへんの経緯をぜひ本人に語ってほしい…

(めざましテレビは見逃しました)

ああ、びっくりしたー
ここのところで一番びっくりした!
でもいいびっくりでよかった~

追記:
ばあぁ~っと勢いで書いてしまいましたが、
少し落ち着いて考えてみるに、
楽しみは楽しみなのですが、やっぱり緊張します。
ネット検索してたらめざましどようびが見れて、
見たとたんに、ざわざわ、ざわざわ…(落ち着かない)。

音楽の道で邁進してほしい、
というファンとしての思いもたしかにあるのですが……
なんだろう
もうどーんとやってください、という気持ちです。

ほんとに、どうして出ようと思ったのか
山崎さん鹿野さんあたりに詳しくインタビューしてもらいたい。

エレカシの曲が全編にわたって流れるなんて、
本当にうれしいことだけど、
主演する人の音楽がばんばん流れるドラマって、
濃すぎないですかね。
楽しみすぎて、逆に心配になってきた……感情が忙しい
いやいや
エレカシの曲は人生のいろんな局面にぴったり寄り添う、
層の厚いラインナップだから
きっとドラマをより明るくより切なく彩ってくれるでしょう

いやー
しかし
緊張するーー見るのが

25日深夜OA。

びっくりしすぎてスルーしてたけど
あのパーカーの写真……
もうどこからどうコメントしたらいいか一回整理しないといけませんね
この写真で一晩酒飲んで語れますよ

2016年も終わります&宮本浩次ドラマ「俺のセンセイ」感想 もう大晦日だなんて、本当に1年過ぎるのが早すぎる…エレカシ的年の瀬は、まさかのドラマ主演、シェルターライブ、恒例のCDJと話題満載て...

POSTED COMMENT

  1. 侘助 より:

    鍵コメさま、こんにちは。
    ドラマ、びっくりしましたよー
    「フレンズ」は一生懸命見てたんです。
    でも、「出なくてもいいんだけどなあ」と思いつつ見てました…
    ドラマの内容が個人的には好きじゃなくて、
    出るんだったらもっといいドラマに……なんて勝手ながら思ったり…
    鍵コメさまもご覧になってたんですね!
    どうでしたか〜
    私はどうしても見方が「エプロンしている!」とか「赤ちゃんをおんぶしている!」とか
    そういう感じだったですねえ、仕方ないけど
    たしかに、歌一本で行ってほしいというのもあるんですけど…
    なのでほんとに出演するに至った理由を知りたいです
    26歳の書いた脚本に心打たれたのかなあ
    じたばたする中年男の悲哀と希望が
    しみじみと描かれているのではないかと、
    そしてそれをミヤジが小手先を使わずひたすらまっすぐに演じているのではないかと
    期待をこめて想像しています。
    共演者のみなさんも本当に素晴らしいですね
    杏奈ちゃん、そうそう。私も好感度大です!
    でも、そうですね、30周年の話題作りにもなるし…
    ほんとにあのカウントダウンは一体何だったのか
    曲がたくさん流れるのが一番うれしいですね!
    ハラハラムズムズしつつ、この曲キター! あの曲キター!
    などと当日は大騒ぎでしょうね〜
    そしてあのパーカー姿。
    二度見しました……
    もう何からどう何していいのか……これを肴にいくらでも飲めますね……
    2日後にはシェルターですよ
    ほんと、この振り幅を一体どううけとめていいのやら
    でも結局もろもろ楽しみなことにはかわりなく
    まさかこんな感じで2016年を終えようとは思わなかったですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。