エレカシ・宮本ソロ_キーワード

アルバム未収録曲~2014年ツアー前、もろもろ聴き直す~

ポリスター 1988年

デビューシングル「デーデ」のカップリング。
ドッド、ドッド、ドッド、ドッド…イントロのはねるベースがかっこいい。
《何をしててもすべてはポーズ》
とか、歌詞、すごいです。
あらためて聴いて度肝です。
≪I Love Rock’n Roll≫のふてぶてしい歌い方も最高です。
THE ELEPHANT KASHIMASHI BEST 5曲目
「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition Disc2/M10(1988/9/10渋谷公会堂)

ふわふわ 1988年

セカンドシングル。
去年出たエレカシトリビュート第2弾で、グループ魂がカバーしていました。
冒頭の愛にあふれた寸劇がすばらしい。エレカシ小ネタ満載。
本家の歌は、間奏前の《ぃよっ》とか、《うるせぇ だまれ ボケなす》のとことか、
べらんめえ口調?がたまらない一曲となっております。
エレカシ 自選作品集 EPIC 創世記 Disc1/M12
「THE ELEPHANT KASHIMASHI」deluxe edition Disc2/M7(1988/9/10渋谷公会堂)

ライブにせかされて、BABY BABY、さよならばかり

この3曲はライブ盤がブートレグBOXに、
“ライブに~”以外の2曲は「ココロに花を-deluxe edition-」に未発表曲として収録。
ライブ盤の方は、1995年の下北沢シェルターです。
契約が切れてた頃なんだな~、と臨場感あふれるのは”ライブにせかされて”。
曲の盛り上がりのドサクサにまぎれ、
「◯ピックバカヤロー」などと本音を巻き散らす齢29の宮本浩次。最高です。
“BABY BABY”は、甘い曲調かと思いきや、ワウギターが鳴り響く激渋な曲。
“さよならばかり”はバラード。3連のスローテンポの。いい曲。
THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg box Disc1/M2,6,7(1995.6.21 SHELTER)
「ココロに花を」 deluxe edition Disc2/M5,6

夢を見ようぜ

ポニーキャニオン~EMI初期の頃、ライブの2曲目あたりによくやってました。
最近だと”今はここが真ん中さ!”とかそういう位置づけで、
「これこらライブが始まるよー」って感じの曲。
「ココロに花を」 deluxe edition Disc2/M1
THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg box Disc1/M-1(1995.6.21 下北沢SHELTER)、Disc2/M-2(1995.11.30渋谷クアトロ)
野音秋 M2(1996/9/8)

涙の数だけ 1998年

シ ングル「はじまりは今」のカップリング。
今回初めて聴きました。当時はシングルを買っておらず、
この期におよんで、初聴きです(iTunesでぽちった)。
労働とあなたと夢と生活と……っていう内容の歌詞で、
軽快なリズムと歪んだギターが心地良い、ライブで盛り上がりそうなロケンロール。
ギターリフが、とってもかっこいいっす。ちょっとメロディーライン高め?で、歌声がとってもいい。
iTunes M2

真夜中のヒーロー 1999年

2008年にCS朝日「泉谷しげると翼なき野郎ども」という番組に、宮本さんがゲスト出演。
この時泉谷さんは”今宵の月のように”をカバーしたんですけど、
他に歌う候補として挙げていたのがこの”真夜中のヒーロー”だったそうです。(と番組で言っていた)
ビリビリ歪んだギターといなたいオルガンがしびれるほどかっこいい。
エレカシ的美学がこれでもかと詰まった一曲。
PV、久々に見たけど、これかっこいい。でも、ロデオです!
真夜中のヒーロー M1
iTunes M1
Music Video

旅の途中 1999年

“真夜中のヒーロー”のカップリング。チオビタドリンクのCMソングでした。
2011年の悪魔ツアーは、震災で東北3公演が延期になって、
そのなかの仙台rensaのライブはUstreamで生中継されたんですけど、この”旅の途中”をやったんですね。
よかったなあ。非常にしみました。
歌詞がほんとにいい。
《いってみりゃ人生は いつでも偶然の風の中》 ←特にここ。
そういえば≪偶然≫という言葉が印象的に使われている歌ですねぇ
おおらかなうつくしいメロディに、
シンプルで力強い詞が乗っかった、まぎれもない名曲。
「エレファントカシマシ カヴァーアルバム2」ではGOING UNDER GROUNDさんがカバー。
iTunes M2
野音秋 M11(1999.7.4)

soul rescue  2000年

シングル「ガストロンジャー」のカップリング。
リリースされた当時はライブでよくやっていて、間奏のギターソロとか、最後のセリフとか、
毎回そのタッチが違って、ものすごい緊迫感でした。
ガストロンジャー M2
コール アンド レスポンス M4(Live at “日本武道館”2000.1.4)
大地のシンフォニー/約束(初回限定盤) Disc2/M2(2012年 新春渋公ライブセレクション)

sweet memory 2000年

シ ングル「so many people」のカップリング。2013年公開の映画「みなさん、さようなら」の主題歌。
タイトルに反して、意外とゴリっとしたギターサウンドで、
後半、絶叫のボーカルが胸をわしづかみ。
《とこしえに冷静に》とか《明滅するビルの谷間》とか、詞も好きです。
エレカシには珍しく”海”の出てくる曲。
so many people M2
sweet memory~エレカシ青春セレクション~初回限定盤 M12
(通常盤にも収録)

—–
ツアーまで1ヶ月を切ったということで、
もろもろ曲を思い出してみようと思い立ち、今回は(って次あるんかな)
オリジナルアルバムに入ってない曲や、ライブであんまりやらない曲とか、
普通にアルバムを聴いてるだけだとあまり耳にしない曲たちを中心に聴き直してみました。
リンク先は全部じゃなくて、抜粋して載せています。
(コメントがばかみたいに「かっこいい」ばっかりでスミマセン)

まあこのへんの曲たちは、ライブではあんまりやらなさそうではあるんですけど、
ツアー前というのは、いろいろ聴き直して、
あれやってほしいなこれやったらかっこいいだろうなー、
とぼんやり考えるのが、これ、またひとつおおきな楽しみなんですよね。

挙げた曲の中では”soul rescuue”がダントツで好きなのですが、
“真夜中のヒーロー”もやっぱりかっこいいし、
“さよならばかり”もめちゃくちゃいい曲だし、
でもなんといっても今回の収穫は”涙の数だけ”でした。
こんな曲だったのか。タイトルだけ見てしっとりしたバラードだと思ってました。

(もすこしあるのでつづく)

「sweet memory~エレカシ青春セレクション~」を聴き直す エレカシが主題歌を担当するという「みなさん、さようなら」の話題から、「sweet memory」と「さらば青春」が聴きたくな...

POSTED COMMENT

  1. 侘助 より:

    鍵コメ様 こんにちは♪
    もうすぐですね~
    今回はアルバムのツアーじゃないですもんね。
    一体どんなセトリになるんだろうと私もあれこれ曲を思いめぐらしていますよ。
    私がライブに行き始めた頃は、音源を全部網羅しきれてなくて、
    ライブで初めて体験しては「うわ~!何この曲!」
    みたいなことが多々ありました^^
    その度にうちのめされました~
    うわーほんとにドキドキしますね!
    きっと忘れられない一夜になりますね♪
    どんな感じになるんだろうなぁ~。
    私もやってほしい曲たくさんあります!
    曲いっぱいやってくれるといいですねー

  2. […] ]:曲数(インストは含まず) 関連記事 アルバム未収録曲~2014年ツアー前、もろもろ聴き直す~ […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。