ライブ関連

2013.9.15 《エレカシ野音》日比谷野外音楽堂(復活の野音2日目)(ライブレポ)

15日のことを少し。立ち上がってめいいっぱい気合い入れて見たので、覚えていることだけ思い出して書きます。

東京はこの日、雷と雨の音で目を覚ますくらい朝から土砂降りだったんですけど、
昼過ぎ、1時ぐらいから雨降ってるんだけど空は青い、みたいな不思議な天気になって、そのうち雨もやんで、日もさしてきました。



でも台風が近づいているから油断はいけないと思って、一応カッパとかビニル袋とか準備して日比谷に向かったんですけど、日比谷についてもまだ晴れてて。
結局、見事に一滴も雨が降りませんでした。いやー、びっくりしました。前日まで100%雨だと思って覚悟してたので。
ライブの最初の方のMCで客席に向かって、「だれか晴れ男か晴れ女いますか」みたいなことを言っていたけど、
いやいや、舞台上のみなさんがそうですから、と思ってしまいました。
天気予報はずれて、晴れてよかったです。東京の空もきっとお祝いしてくれたんですね。

2日目の1曲目。
宮本さん以外の3人が出てきて、演奏が始まり……あら! このがしゃがしゃした始まり方はもしや?
と思ったら、ぐいぐい迫る石くんのギターリフ! “平成理想主義”!
うねるバンドの音とうらはらに淡々と出てくるボーカルの人。
もう、反則ですって、これが1曲目って。
続く2曲目は“地元のダンナ”。
最初、宮本さんが一人でギターリフ弾いてて、あ、“地元のダンナ”だと思って、
だけど先生がしばらくおとなしめの音で弾いてるので、あれ、こんなはずじゃないんだけどなー、もっと鋭い音で、ぎゃーん!ってなるはずなんだけどなー、焦らされてるのかなーと思ってたら、
突然、ジャージャッジャジャッと太く歪んだ爆音が。抜けのいい、音ばっちりのリフ。大変盛り上がりました。狂喜乱舞。
初日と違ってたのは、この最初の2曲と、
“ゴクロウサン”
“なぜだか、俺は祈ってゐた”
“さよならパーティー”
“武蔵野”
“コールアンドレスポンス”
“待つ男”

“ゴクロウサン”もうれしかった。力いっぱい≪DOWN DOWN DOWN≫してきました。
“なぜだか、俺は祈ってゐた”のMCで「子供の頃、新幹線の運転手になりたかった。乗り物系」とか言ってましたっけ。「ヒーローになりたかった」とも。
もう、復活の野音でこの曲やられちゃたまりません。ずるい。うれしい。あの歌声。ひりひりするような高音が日比谷の空に吸い込まれて。空の雲がきれぎれで流れるのがはやくて。

それと忘れられないのがアンコールです。
“今宵の月のように”のあとの『good morning』からの3連発。「四天王」のうち3曲を続けてやってくれました。(あと1曲は、初日にやった“so many people”)
む、む、“武蔵野”。トミのスネアの、ツクツク…を聴いただけでなんか泣けてくるんです。≪傷ついた男の背中≫に見えるビル。緑とビルに囲まれている野音で聴けてよかった。
で、そのあと、まさかの“コールアンドレスポンス”。久しぶりに≪死刑宣告≫されてまいりました。あーかっこよかった。“コールアンドレスポンス”は最近ではそう頻繁にやってくれないけど、ほどよいレア感があっていいです。
で、そのせいもあるのか、≪死刑宣告≫されると妙にありがたい、縁起がいいような気がしてしまう(死刑宣告なのに)。宣告されると、なんだか生まれ変わったような気分になるんですね。
続いて“ガストロンジャー”、“ファイティングマン”でアンコール終わり。ベースは取り上げませんでした(笑)。この日はほとんど石くん&成ちゃんいじりはなかった気がします。
ダブルアンコールは“待つ男”。はぁーーー。
今もこの曲の≪どえ~~~~!≫という先生の雄叫びが頭をぐるぐるしてます。日比谷のシメにこれ聴けてほんとによかった。

新曲“あなたへ”の前、宮本さん、シャツを着替えてました。


その前の“明日への記憶”が終わって、何も言わずに袖にはけていくので、一体どうしたんだろうと思ったら、
新しい白シャツに着替えて、ボタンはめながら出てきました。
いつも着ている白シャツが、どうやら製造中止になったらしく、20枚くらい買ってあるからいいんだけど、そうビリビリ破れなくなった、みたいな感じで言ってました。先生の切実な白シャツ事情が思わぬところで明らかに(笑)。
で、見てたら、カフスのボタンをちゃんと留めてたんです。あ! 留めてる! と思って、ちょっとびっくりしました。さっきまでさんざん袖口でろーんとさせてたのに。
でも考えてみると、もしかしたら、“あなたへ”の前に着替えたのも、カフスのボタンを留めたのも、もしかしたら曲に敬意を払っているのかもしれない、と思って。曲に敬意というのもおかしいのかな。おかしくないか。たまたまかもしれないし、考えすぎかもしれないんですけど。
歌に入る前に「歌詞を聴いてください」と言ってました。
その通りに、耳を傾けて必死で聴いて、歌詞は、まだ聴きとれないところも、解釈が難しいところもあったけど、いい詞だと思いました。難しいと思ったところが、なぜかこうぐっとくるものがあって。

あと、15日は、開演時刻がほどよく、ステージの流れと日が暮れて夜になって行く塩梅がもう、これ以上ないってくらい、絶妙でした。
開演の頃はまだ夕闇で、とっぷり日が暮れたのが、“なぜだか、俺は祈ってゐた”のあたりでしたか。
1曲1曲進むごとに、空の色が少しずつ変わっていくっていう、あの自然の演出と、エレカシの名曲たちが混じり合って、これだから野音はいいんだよなあとしみじみ思ってしまいました。

復活の野音、日比谷2daysが終わりました。ありがとうございました。
最高のステージを見せてくれたエレカシの皆さん、スタッフの皆さん、
味方してくれた東京の空、いろいろ感謝しながら、
今週は放心&反芻の1週間を送っています。

—–
蔦谷さんのブログに、エレカシ野音の記事。
https://lineblog.me/tsutayakoichi/archives/43021444.html

2013.9.14 《エレカシ野音》日比谷野外音楽堂(復活の野音1日目)(ライブ・ビューイング感想)「エレカシ復活の野音」2013年9月14日ライブ・ビューイングのときのメモ。 かなり部分的で(MCもきれぎれです)、肝心なところが抜け...

POSTED COMMENT

  1. aki より:

    ヨロレインさん、おはようございます。
    野音の報告レポありがとうございました!
    野音当日は参加できなかったけど、ソワソワしちゃって日常生活にかなり支障をきたしてました(笑)
    夜オフィシャルのページで新曲「あなたへ」の発表を見て、タイトルを見た時何故か泣けてきてしまって。どんな曲か歌詞なのかも知らないのに、涙が出ました。
    ヨロレインさんのレポにも書いてあったように、宮本さんは歌詞を特に大切に書いたみたいで、益々来月大阪で聴けるかなと楽しみです。
    そして、野音翌日のZipで「あなたへ」の紹介で『ファンのことをおもって書いた曲』と言っていました。本当なら幸せ過ぎてもう何も言うことありません。
    個人的には初日のデーデから星の砂の流れが大好きで、セトリを見て「いーなー!」と声が出てしまいました。
    なにはともあれ、音楽の神様、お天気の神様にも愛されてるエレカシ!最高の野音だったみたいで本当に良かった!!来月は大阪!体調管理しっかりして、当日3年半振りのエレカシをしっかり見てきます。

  2. ヨロレイン より:

    akiさん、こんばんは♪
    14日は日常生活に支障をきたしてましたか! お察しします!
    復活の野音、すばらしかったです。
    1年ぶりのライブとは思えない、いつも通りの、いやいつもに増してパワフルなエレカシでした。
    「デーデ」から「星の砂」の流れ、私も大好きです!昔はよくやってましたよねー
    あの流れ、思い出しただけでもぞくぞくします。
    新曲の「あなたへ」、ファンに向けた歌っていうのは……本当ならほんと幸せですね。
    曲、メロディがほんとにいいんですよ。歌詞もほんとにすごいんですけど、
    きっと曲の良さが、あの詞を呼び寄せたんじゃないかなあと思うぐらい……
    大阪でも聴けますよね、きっと。聴きたいなー
    来月の大阪、まだまだと思っていても、きっとあっという間ですね。
    akiさんは3年半ぶり……こちらまでなぜかドキドキします。
    音楽の神様にもお天気の神様にも愛されてるエレカシさん!
    あらためてお天気の神様にお願いしつつ、
    楽しみに大阪野音を待ちましょう。待つ時間も楽しいですね♪

  3. じゅん より:

    あの日の一曲目は本当にやられた!って言うか、まさか?まさか?って感じでしたね。
    そういややけに普通に出てきましたね、宮本さんは。
    もう本当にかっこいいとしか言いようがないんですけど!!
    全部がかっこいいことは当たり前なので省くとして、(笑)
    途中、わたしも流れの早い雲を何度もみました。きっと台風のせいだね、と思いながらもでも不思議と雨が降る予感はしませんでした。
    それとやっぱり虫の声。いまでも虫の声聴くだけで泣ける自信あります、あの素敵な時間を思い出して。
    「あなたへ」の歌詞を必死で聴いたところとか、シャツを着替えてまさに襟を正して歌うんだなって思ったことが一緒ですね~。
    わたしは、リハでも新曲を3曲聴きまして、そこですでに雰囲気をつかんでは居たんですが、本当に大切そうに歌う姿に心を打たれました。新曲を歌うのにシャツまで着替える人って…素敵すぎる♡
    そして「なぜだか、〜」。最高でした。これも、リハで聴いてたんですけど、もうその時からうるっと来ていました。声が本当にきれいで…。心にどんどん沁みて来る感じ。
    まだまだ書き足りませんがこれってコメントだったんだ(笑)あまり長いとまずい!!
    ってことで今日はこの辺で。
    (きっとそのうちすぐに来ますよ)

  4. ヨロレイン より:

    じゅんさん、こんばんは♪
    1曲目は本当にやられました! まさかの”平成理想主義”!
    もう演者は客のツボを熟知してますよね…くやしいくらいに。
    > もう本当にかっこいいとしか言いようがないんですけど!!
    もうね、激しく同意いたします(笑)
    ライブの感想とか、
    私いろいろ書いても結局は「かっこよかった!」の一言で終わってしまうんです。
    あの日は雲が流れるのが早かったですよね。
    台風のせいか、ちょっと蒸してて。でもたまに、さーっと吹く風がほんとに気持ちよかったですね。
    虫の音も……私もしばらくはパブロフの犬のように虫の音に反応しそう。
    シャツのお着替え、じゅんさんもそう感じてましたか。
    襟を正して歌ってたんですよね、きっと。
    私も「あなたへ」は心打たれました。大切そうに歌ってましたよね。
    「明日への記憶」で”孤独”を歌った人が、
    その次に「あなたへ」を歌うのが、たまらないなあと思いました。
    「なぜだか~」ね……私もうるうるでした!
    もともと好きだったけど、休止期間中にあらためてこの曲聴いて、
    とても心に残っていたんです。
    ほんとに沁みましたね。
    >あまり長いとまずい!!
    全然まずくないですよ。一緒に反芻しましょう!
    けっこうあとからいろいろ細かいことを思い出したりしますよね。
    今のうちに思い出しておきましょう!
    またいつでもお越しを~♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。