エレカシ・宮本ソロ_キーワード

エレカシ逆・ライブあるある(エレカシのライブであまりやらないこと)

逆・ライブあるある、というのも変な言い方なんですが、
他のライブに行くと目にするけど、エレカシのライブではあんまり見かけないようなこと……
ということで、今日は少し思い出してみようと思います。



ライブの最後、アンコールの最後の最後、
全員前に出てきて、メンバー同士、手をつないでバンザイみたいにするやつ。
私は、エレカシでは見たことありません。
ライブが終わってはけていくときは、わりとあっさりとしてるんじゃないかと思います。
後日追記:確か2015年の野音だったと思いますが、「手をつないでバンザイみたいにするやつ」、この頃からやっています。そしてエレカシのコンサートの締めの恒例になっています。

あ、宮本さんが投げキッスしますね。あとトミが、ひょい、と客席に手を上げたり。

ピックを客席に向かって投げるやつ。これはどうだろう。あんまり見ない気がします。

バンドのボーカルの方が他のメンバーに話を振って、
会話のようにMCをするやつ。
エレカシで全くないわけじゃないですけど、話を振ったとしても、その返答はとても短いです。
宮本「石くん、どう思う?」
石森「いいと思います」
終了。という感じ。

あと、グッズをからめた演出、というのでしょうか、
旗なりペンライトなりを買って、
それをライブ中に振る、みたいな感じのやつとか。
これは、何と比べとるんじゃ、という感じで、比較対象がそもそも間違っていますね。

ツアーごとにテーマがあって、それに沿ってステージセットが組まれる、
みたいなのもエレカシにはほとんどないと思います。
いつも舞台そのまま、シンプルなステージ。
でも武道館とか、スペシャルなライブのときは、少し華やかになるかも。
2012年の新春武道館は、ステージ一面の垂れ幕がとても綺麗でした。

ブートレグCD・Disc2の1995年渋谷クアトロの「男餓鬼道空っ風」のコールアンドレスポンス、「エレカシと歌うよコーナー」。
昔はこんなことやってたんですね。キャニオン時代のライブではやってたんだろうか……
今だと想像できません! 短い「イエー!」→「イエー!」みたいなのはしょっちゅうあるけど、
こんなのやってたとは。
しかし、コーナーの主旨を説明(笑)しつつも、「幼稚園じゃねえんだからお前」とか軽く毒づくあたり、
ディテイルがなんともエレカシらしいのが、聴いててニヤニヤします。楽しい。
途中の先生のドガジャガダンダガ……みたいなフェイク?歌いっぷりもすごい。

逆・あるある、なんて言って並べてみたけれど、
全部のライブを見ているわけじゃないし、これからのこともあるし、「ないこと」を言うのは難しい。
「エレカシと歌うよコーナー」も、
今じゃ絶対ありえないシチュエーションだけど、95年に実際やってるわけなので、
一応個人的なものということで。
でも、ペンライトはないか(笑)
逆・あるある、個人的には、だからエレカシ好きなんだなーと思うところだったりするのでした。

—–
オフィシャルで、PAO(エレカシファンクラブの会報)の発送が告知されてました。
届くの楽しみです。

エレカシのライブあるあるエレカシのライブあるある。開演前、「白みやじ」か「黒みやじ」かを予想する。あ、シャツのことです。石くんの髪型もちょっと期待する。 --...

POSTED COMMENT

  1. しょこら より:

    私も気になってました(笑)
    コンサートの最後、メンバーが全員前に出てきて手をつなぎあって礼!は見たことないですよね。
    他のアーティストの場合は結構な頻度でやるものだけど、エレカシの場合はあの少々あっけない去り方が似合ってますよね。
    メンバーは恥ずかしいのかな?
    でも無理に感動させない感じというか、、
    あの去り方は男らしくて好きですー!!

  2. ヨロレイン より:

    しょこらさん、こんにちは♪
    最後に手をつないでお辞儀の挨拶って、エレカシはやらないですよね〜
    もはや、エレカシがああいうのをするのが想像がつかないです。
    私も、ライブのあの去り方、好きです! さっぱりして男らしい!
    過剰にしないのがエレカシらしいです。
    なんだか思い出して、ライブの空気が懐かしくなってしまいました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。