エレカシ・宮本ソロもろもろ

エレカシのメンバーがなりたかった職業は?

スペースシャワーTVの「スペチャ!」という番組に
『悪魔のささやき』のプロモーションでエレカシがゲストで出たとき
視聴者からの質問コーナーがあり、小さい頃どんな職業につきたかったかという質問がありました。



そのときのエレカシの皆さんの答えは、

宮本さん→新幹線の運転手(乗り物の中でも新幹線がスターという感じ)
石くん→工事のおじさん(作文に書いてた)
成ちゃん→プロ野球選手
トミ→ボクサー

成ちゃん、トミのリズム隊が、二人ともスポーツ選手。
宮本さんの新幹線の運転手については、
『絆(きづな)』の頃、@ぴあの六角精児さんとのインタビューでも話題に上がっていました。
http://www.pia.co.jp/interview/87/page2.php
ここでは、テレビの天気予報のキャスターにもなりたかったとおっしゃってます。
天気予報のキャスター! 「今の柔らかいコーナーじゃなくて」と言っているので、
昔のNHKとかそういう感じなのかな。指揮棒で天気図。意外です。
あとは、昔「HEY!HEY!HEY!」に出てたときは、図書館の係の人にもなりたかったと言ってました。

そして中でも目を引くのは、石くんの「工事のおじさん」です。
ハービー山口さんの番組「the roots」でも、ピーマンしょうゆ炒めの話の流れで、「小さい頃から工事のおじさんになりたいとか、そういうのに憧れはあったと思います」と言ってたし。
この、石くんの小さい頃の夢が「工事のおじさん」というのが、
昔から妙に気になってて、というか、好きな話なんですけど、
作文で書くぐらい、工事のおじさんになりたかった、憧れていた、という。激渋な子供だったんですね。
普通は、他のメンバーみたいに、乗り物の運転手とかスポーツ選手なんでしょうけど。
作業着で泥まみれ汗まみれになって、黙々と作業をする工事のおじさんを見て、
かっこいい、と石森少年は感じていたんでしょうか。

ガンダーラコンビネーション(石森・宮本)の作詞作曲の“遠い浜辺”、
渋くて大好きな曲なんですけど、
なんとなく石くんの「工事のおじさん」の話を思い出してしまいます。例えば、

あぁ 働き続ける 男たちの日々は/あぁ涙 枯れ果てた 心からさ

エレファントカシマシ “未来の生命体”

というところ、
眼差しが変わってない気がします。いい意味で。

スペチャ!のとき、石くんが「工事のおじさん」と答えたあと、
「何作りたい?」とMCのぺっちゃん(マペット)にきかれ、「穴掘りたい」と答えていました。
何を作るとかじゃなくて、穴掘りたい。いいなあ、石くん。

石くん目線で(”相棒”石森敏行) 表向き、ライブやその他公の場で、石くんがいっぱいしゃべるということはほとんどなくなってしまったけど、石くんが実は一番おもしろいことを...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。