エレカシ・宮本ソロ_キーワード

エレカシ1stシングルと1stアルバム(バンドブームのさなかに投下された作品とは)

25周年企画のお知らせ以来、
その企画のことでついつい盛り上ってしまいましたが、
先日21日は25年前にエレカシがデビューした日ということで、
エレカシのデビュー盤について少し思いをはせてみようかと。



デビューシングルは『デーデ』。
“ファイティングマン”じゃなかったんだな。と、今さらながらちょっと意外でした。
でも、この『デーデ』、当時のバブリーな世間、音楽業界には
相当な爆弾投下だったんだろうなという気はします。

しかし“デーデ“、なんとも不思議なタイトル。
でも、こういう意味はないけど耳心地のいいタイトル大好きです。
意味ない、って書いちゃったけど、知らないだけなのかな。デーデ、意味あるのかな?
デーデーッデ、っていう最初のギターリフを言葉にしたそのまんまなんでしょうか。
“デーデ”の曲紹介のMCは、けっこうバラエティに富んでて面白いです。
「貧乏人に捧げるバラード」「誰か1000万円俺にくれないか」「稼いでみろ」「どブルース」等々……
ライブだと、トミのカン、カン、カン、カンというカウベル?の入りで、
「デーデだ!」ともうパブロフの犬状態で頭より先に体が反応、血圧急上昇です。

デビューアルバムの『THE ELEPHANT KASHIMASHI』は、これは名盤です。
……って、なんでも名盤名盤って言ってますが(笑)。
“ファイティングマン”、“デーデ”、“ゴクロウサン”、“花男”、ライブではずせない曲が目白押しだし、
“やさしさ”、“BLUE DAYS”は、たまにライブでやたりすると、
圧倒的すぎて客をかたまらせ(←いい意味で)、全部持ってっちゃうし、
あとは“星の砂”も“夢の中で”も入ってるし、
デビューまでのみなぎる若い熱量がぎゅっと詰まった純度の高いアルバムだと思う。
友達と、エレカシのアルバム好きなの、それぞれ3枚ずつ挙げてみよう、
決めるのとうてい無理だけど、あえてやってみよう、
というのを今やっていて、友達はすでに、この1stを3枚のうちの1枚に入れてました。
私はこれも入れた4枚でまだ悩み中。

※deluxe edition

先生だけ目線を逸らしてます。

こちらはシングル『デーデ』のジャケット↓オフィシャルページのですが、
https://www.elephantkashimashi.com/disco/detail.php?id=62&cg=SINGLE
こちらはカメラ目線。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014(エレカシライブ感想)あれだけ気をもんだお天気。 なんとまーエレカシの前に見事に晴れ上がりました。 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014...

POSTED COMMENT

  1. e-ko より:

    おはようございます。 「デーデ」確かに私も前からタイトルの意味が謎でした。「ドビッシャー男」然り、「ガストロンジャー」然り。”ドビッシャー”って何ですか・・・?ヨロレインさんご存知ですか。是非知りたいです。「ガストロンジャー」の意味も。 エレカシのタイトルの付け方って、以前から思っていたんですが割りと「勢いまかせ」的な所を感じるのですが、どう思われます?歌詞の言葉が、哲学的だったり思想的だったり、先生の”言葉にはいつもハッとさせられる凄みと重みを感じるんですが、逆にタイトルは、「その場の勢い」みたいな物を感じさせるものが多いように感じます。”言葉”に重きを置く表現者の方ってタイトルも凝りに凝ってつける方が多い気がするのですが、なんかこういう不思議なタイトルが多いのもとても先生らしいというか。一筋縄ではいかない感じがいいのですけど^^ アルバムタイトルも2枚目『THE ELEPHANT KASHIMIⅡ』5枚目『エレファントカシマシ5』というのも、なかなかスゴイタイトルの付け方だなと思います^^ドーン!と男らしいタイトルですよね~。 後、『THE ELEPHANT KASHIMASHI』のジャケ写を見ていて、大根さんの対談の記事を思い出してしまいました。初期のエレカシをみて「ダサい」「ダメな大学正風スタイル」だと思った、とか^^愛のあるこき下ろし(笑)をされてましたね。「ジャケット見たら、(宮本じゃなく)成ちゃんがボーカルだと思うよな」みたいなこともおっしゃてました。確かに成ちゃんの男前っぷりたら・・・!!でも、私は今の髪の毛白髪まじりのロマンスグレーな高緑さんが好きですけど^^* ヨロレインさんはどう思われますか^^ では、この辺りで。いつも長くてすいません。

  2. ヨロレイン より:

    e-koさん、こんにちは♪
    デーデもドビッシャー男もガストロンジャーも謎ですね~!
    だいぶ勢いまかせだと思います(笑)
    曲に勢いがあるときは、変に意味のある言葉のタイトルを付けるよりも、
    もう仮タイトルのままでいっちゃえ、みたいな感じなんですかねえ。
    よくわかんないですけど……
    でも、私もこういう不思議な語感、大好きです。
    デーデは、もうデーデ以外のタイトルはありえないです^^
    こういう不思議な言葉には、
    ちょっとズラしの美学もあるのかな、という気もします。
    ほんの少し間の抜けた……と言ったら変だけど、
    そういうのも狙ってる気がしないでもないような。どうなんでしょ。
    大根さんの愛のあるこき下ろし!(笑)
    いいですねえ~
    私もなんにもしらなかったら成ちゃんがVoだと思うと思います。
    宮本さんが出たスーパーエディションのラジオだったと思うんですけど、
    今まで自分が一番ハンサムだと思ってたけど、
    成ちゃんに出会って、こんな彫りの深い美男子がいるのかと思ってびっくりした、
    みたいなことを言ってました。
    成ちゃんはかっこいいですね。ダンディーですね。
    けっこう天然なところかとてもいいですよね。成ちゃんと言えば……
    やっぱり「星の降るような夜に」が大好きです♪

  3. e-ko より:

    こんばんは。お返事ありがとうございます^^私も先生が成ちゃんの事をそのように評してるのを聞いたことあります!そうぐちさんがmcのネットの番組だったかな。「成ちゃんに会うまで自分が一番ハンサムだと思っていた」って言ってました~! 宮本さんのこういう揺ぎ無い自己愛が大好きです^^どこまで本気なんでしょう。悔しいけどかっこいいです・・先生。 成ちゃんといえば、私がめちゃくちゃ好きなのが2010年の野音での(確か・・・)”too fine life”です。この曲で宮本先生が成ちゃんをどんどんステージ前へ引っ張っていくんですけど(石君も右に同じく。)仕舞いには、曲の終盤ベースとギターが遠慮がちにセンターで演奏、歌係の先生はドラムの近くで歌うというなんだかシュールな光景が・・・。この時の成ちゃんがまったく動じずベースを弾く姿にエレカシ初心者の私は度肝を抜かれ「このバンドは一体・・・」とズブズブエレカシ沼にはまっていったのでした!・・・ 成ちゃんって天然なんですか?犬好き、ぬいぐるみが好きとのエピソードをどこかできいたのですが、本当ですか? 成ちゃん、エレカシのダンディー担当ですが寡黙な方だけに謎も多いです(私的に^^)そんなところも魅力ですが^^ 先生が去年のライブで成ちゃんのベースを奪って弾かれてた話、私も見ていないのですが、聞いただけでドキドキ!成ちゃんその間どうしていたのでしょう。 本当に何が起こるかわからない、おそるべし、エレカシ。です。

  4. ヨロレイン より:

    e-koさん、こんにちは♪
    私も荘口さんのインタビューで言ってたのをきいたんですよ。
    揺ぎ無い自己愛!ほんとにね、びっくりしますよね。でも面白い^^
    だから成ちゃんに会ってびっくりしたんですね、成ちゃんイケメンですからね。
    成ちゃんは犬好きで、昔ヨークシャーテリアを飼ってたと思います。
    PAOにペット相談の連載を持ってたぐらいだから、
    けっこう好きなんですかねえ。
    ぬいぐるみはどうだったかな……でも好きでもOKって感じしますね!
    2010年の日比谷野音は、私は行ってなくて(チケットがとれなかったんです泣!)
    そんなシュールな光景があったんですね……
    たしか、CS放送を録ったのがあるから、今度みてみます!
    そして、そこからズブズブだったんですね! やっぱりライブでズブズブになりますよね♪
    ベース取られてしまった話にしても、ほんとにドキドキします。
    何が起こるかわからないですよね。ほんとおそるべしエレカシ沼ですねえ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。