エレカシ・宮本ソロ_キーワード

エレカシと太陽

昨日、くるりのライブをテレビで見て(録画で)、
その中の“太陽のブルース”がとても印象的で、今日までひきずっていました。

CDでも聴いてたんだけど、映像見て、こんなすごい曲だったっけと遅ればせながら感心しちゃって、
生歌というのは(画面通じても)やっぱり威力が違うなあとしみじみと感じ入ったわけなのでした。


ここでまた例のごとくエレカシに飛躍するわけですが。
エレカシの曲、太陽がたくさん出てきます。

太陽ということで、ぱっと思い出すのはエレカシの何の曲か。
ここで何を思い出すかで、最近ブームのアルバムとか曲がわかるかもしれませんね。
私は、“太陽ギラギラ”と、

富士に太陽ちゃんとある
エレファントカシマシ “待つ男” 詞/宮本浩次

でした。
それから、“風に吹かれて”も。

≪輝く太陽はオレのもので
きらめく月は そう お前のナミダ
エレファントカシマシ “風に吹かれて” 詞/宮本浩次

さっき、EKDBさんの「曲分析」の「歌詞あいまい検索」というツールで検索してみたら33曲もありました。
すごいです。思ったよりたくさんありました。

太陽照りし真昼には
俺にくるえや働けや
強き光もて俺をあざ笑う
エレファントカシマシ “月の夜” 詞/宮本浩次

『生活』に入っている“月の夜”の太陽も胸に刺さります。
ライブではここで、パカーッと照明が真っ白になって、
宮本さんの絶叫も演出も強烈なインパクトで、ほんとに忘れられない。
月とセットで登場する曲も多くて、“風に吹かれて”もそうだし、
“笑顔の未来へ”にも

どこか似ている まるで月と太陽 背中合わせさ
エレファントカシマシ “笑顔の未来へ” 詞/宮本浩次

とありますね。
“パワー・イン・ザ・ワールド”にも太陽。

何度目の太陽だ 何度目の月だ
エレファントカシマシ “パワー・イン・ザ・ワールド” 詞/宮本浩次

『昇れる太陽』では遂にアルバムタイトルにも太陽が。
“Sky is blue”には

俺に昇れる太陽
エレファントカシマシ “Sky is blue” 詞/宮本浩次

と、タイトルそのまま登場します。
私はこの曲が大好きでして、
≪見上げれば Sky is blue≫の≪ブルーーー!≫の、音程がじわじわっと上がってって、≪そう!≫と気だるく叫ぶ、
もうこの歌いっぷりすごいなーとほんとに心の底から思う次第です。

今さらながら、『昇れる太陽』リリース時のこんなページがありました。
@ぴあ 『昇れる太陽』インタビュー
http://www.pia.co.jp/interview/108/index.php
最後に、宮本さんが太陽について語ってます。
なるほど「主観的」なんですね。
「太陽の下の往来」と言えば、このアルバムが出た年の2009年、
これに「月」がプラスされて、
大阪でエレカシ主催のイベント「太陽と月の下の往来」を2daysでやってました。
1日目はtacica、チャットモンチーと、2日目はGRAPEVINE、Base Ball Bearと共演。

2003年、『DEAD OR ALIVE』が出たときのインタビューでは渋谷さんとのやりとりの中で、

「僕は、≪太陽は昇りくる≫って、皮肉じゃなく実感としてこういうこと言えたの、生まれて初めてなんですよ」
――ねえ。これが書けて≪何度でも立ち上がれよ≫って言い切れたところが、まったくニュー・モードだと思わない?
「そうなんです、まさに。それは嬉しかったです………いやあ、鋭い指摘」
(bridge vol.37 winter )

と宮本さんが語ってました。
“待つ男”で≪富士に太陽ちゃんとある≫と歌ったセカンドの頃から、
繰り返し繰り返し太陽を追い、時にまぶしすぎ、やがて昇りくる太陽を確信し、
確信しつつもままならないEMI後半の葛藤の時代を経て、『昇れる太陽』がリリースされるまで約20年。
太陽をめぐるエレカシの物語。
まだまだ終わらない物語だと思います。その時期その時期の太陽を歌い続けるんだろうな。

2020 612 宮本浩次バースデイコンサートat作業場 「宮本、独歩。」ひきがたり(配信ライブレポ)WOWOW無料配信ライブ、観ました。 ソロアルバム「宮本、独歩。」の曲を中心に、 エレカシ曲あり、カバー曲ありの全16曲、時間として...

 

POSTED COMMENT

  1. bow より:

    こんばんは。
    「月」を歌った曲もそこそこあります。
    「太陽」と「月」のセットもいくつかあって興味深いですね。
    エレカシの曲ではどんな言葉が最も多いのでしょうね。
    「俺」(おれ、オレ)なんて凄いでしょうね。
    「涙」(なみだ、ナミダ)なんてのも、多そうです。
    「ああ」っていうのも多いです。

  2. ヨロレイン より:

    bowさん、こんばんは。
    「月」の曲も多いですよね!
    月と太陽の組み合わせもあっておもしろいですよね。
    「俺」はほんとにものすごく多そうです。
    「涙」はいろんなタイプの涙がありそうですよね。
    「ああ」というのでは、言われてぱっと思い出したのは”浮雲男”でした!
    ”ズレてる方がいい”の「ああ」も大好きです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。