エレカシ・宮本ソロもろもろ

井の頭公園

昨日、井の頭公園に行ってきました。

JR吉祥寺駅の公園口を出て、寒空の下、公園までの道をてくてく歩き、
現地に着いて井の頭弁財天にお参りしたあと、
ぶらぶらと散歩しました。

冬の井の頭公園は、
地元の人が犬の散歩をしていたり、
ランニングしている人がいたり、
でもさすがにこの寒さのせいか人もそれほど多くなく、
犬ウォッチングしたり、水鳥をぼんやりながめたりしながら、
のんびり散歩することができました。

冬の公園というだけで、どこかエレカシの匂いのぷんぷんするシチュエーションですが、

リッスントゥザミュージック 僕たちの未来
リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい?
ふたり並んで腰かけていた井の頭公園で

……とずばりその名が登場するのが”リッスントゥザミュージック”。

ベンチをカメラにおさめてみました。
遠くの噴水?が若干イメージにそぐわず残念。

冬枯れの木が”リッスントゥザミュージック”っぽかった。

“リッスントゥザミュージック”の季節はいつなんでしょう。
春は違うかな。井の頭公園の春は桜が満開で人がごった返しているので。
でも、人ごみの中の二人ぼっち(一人ぼっち)も切なくていいですかね。
やっぱり秋から冬、というところかな。

この曲は、

君が僕の事見つめる目には ひとつの嘘さえも決してなかったのに
エレファントカシマシ ”リッスントゥザミュージック”

などなど好きなフレーズが多いけれど、
中でも、
タイトルにもなっている

リッスントゥザミュージック
(同上)

というところが好きです。
二人の物語と直接関係ないようなあるような、
ふわっとしてるのがいい。聴く人によっていろいろにとらえられるような。
≪リッスントゥザミュージック≫と入れることで、
浸り過ぎるのを寸止めしてぎりぎりの切なさで、同時に情緒感を倍増させてる気がします。

「LISTEN TO THE MUSIC」シリーズのグッズ、あれはよかったなあ。
今までのグッズの中で一番好きでした。

エレカシと嘘嘘、という言葉で思い出すエレカシの曲といえば“夢のかけら”。 君はネコで 俺は嘘つき エレファントカシマシ “夢のかけら” 詞/宮本...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。