エレカシ・宮本ソロ_アルバム

エレカシベスト盤のベスト

昨日、ベスト盤の曲をいろいろ並べながら、
こんなサイトがあるのを思い出しました。
エレカシ自選作品集 特設ページ
http://www.elephantkashimashi.com/release_sp/index.htm
OfficialのDISCOGRAPHYの『エレカシ自選作品集』のところにもリンクが貼ってありました。



中でも宮本さんインタビューはボリュームがすごい。
http://www.elephantkashimashi.com/release_sp/interview.html
7ページもあります。
どんなふうに曲を選んだかとか、自選集への思いが語られていたり、
デビューまでのこと、ソニーのオーディションのこと、
エピック時代のこと、
キャニオンで再デビューしたこと、
有名な「ウォークマン叩き壊した」頃の、ここではこんな言い方はしてないですけど、
その時期の憂鬱、でも、自選集としてまとめて聴くとまた違って聴こえたとか、
ドラマタイアップのときの裏話、
ソロみたいな時期もあったあと、また4人に戻ったこと……
時代に沿って回想され、語られ、
エレカシの20年間がぎゅっと詰まっていて、いいインタビューでした。

それから、ROCKIN’ON JAPAN 2009年9月号、
自選集発売にあわせて「エレファントカシマシの10曲」という記事もありました。
宮本さんがエレカシの10曲を選んで語っています。
このインタビューもとてもいいです。

独断と偏見ですが、私の中でベスト盤のベストを考えてみました。

『エレカシ 自選作品集 EPIC 創世記』

『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』

『エレカシ自選作品集 EMI 胎動記』

たとえば、『のぼうの城』や『みなさん、さようなら』でエレカシに出会って、
最近すごく気になってるんだけど、
何から聴いたらいいか途方に暮れている人を見つけたら、
とっかかりとしてこの3枚をおすすめしたい。
自分が持っているベスト盤の中で選んでるので、こうなってしまうのですが……
自選作品集の『浪漫記』じゃなくて、『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』なのは、
キャニオン時代の選曲が、個人的に『suweet memory』の方が好みなのです。
“さらば青春”や“遠い浜辺”が入ってるのがよいです。
エピック時代も、『THE ELEPHANT KASHIMASHI BEST』より、
『創世記』の方が選曲が好きです。“ポリスター”は入ってないんですけど……
“月と歩いた”、“夢のちまた”、“涙”、“男は行く”、“シャララ”、“遁生”……
濃い曲が並んでてすばらしい。
野音でやりそうな曲も多いので、未来の野音のために予習もできる。
『胎動記』の選曲もほんとに最高で、ライブでやったら「キャ~!」とか「ギャ~!」ってなりそうな曲ばかりなのです。

これプラス、特設サイトのインタビューと、
ROCKIN’ON JAPAN の「エレファントカシマシの10曲」を読んだら、
エレカシの20年がずいぶん堪能できると思います。
ちなみに、この3枚のベスト盤に、宮本さんが選んだ「エレファントカシマシの10曲」は全部入ってます。

これに、ユニバーサルのベスト『THE BEST 2007-2012 俺たちの明日』を加えれば、最新のエレカシまで網羅です。
できれば初回限定盤のAで。伝説の野音映像が入ってるからですね。


(追記)
2013年当時は上記のように書いておりましたが、
2017年、デビュー30周年記念としてレコード会社4社を網羅した「All Time Best Album THE FIGHTING MAN 」が発売されました。
「30周年、30曲入り、3000円」というコンセプトだったらしく、47都道府県ツアーでも、総合司会が嬉しそうに解説していました。もちろん宮本浩次による選曲です。

—–
友達から、ダイノジのブログにエレカシネタ出てたよ~とメールがあって、
あわててチェック。
http://ohtani.laff.jp/blog/2013/02/post-cfce.html
じーん。
涙腺にきますね、こういうのを今読むと。

契約切れのときの下北沢シェルターに行かれたんですねえ。
原始人。ウパーッて叫んでる感じ、という表現がツボでした。
私も“待つ男“好きです。“涙“も”花男“も大好きです。
おおちのシンフォニー!(笑)
特設サイトの、宮本さんが20年を振り返るインタビューを読んだあと、
このブログの、見てる側からのエレカシ、エレカシと「俺」の歴史を読むと、
ああもう、どうしようっていうぐらい、ぎゅぅっとなります。
別にどうもしなくていいんですけど。
あー。ダイノジ大谷さん、ありがとうございました。

花男(エレカシ1stデラックスエディションと2001年と2012年の野音の話)ファーストアルバムのデラックスエディションが最近お気に入りで繰り返し聴いています。 the elephant kashimashi...

POSTED COMMENT

  1. e-ko より:

    「エレカシ 石森」で検索したらこちらのブログにヒットしまして、お邪魔します。はじめまして。     渋谷氏の宮本抜きのメンバー3人へのインタビュー。なんてレアなんだ!!私めちゃめちゃこのインタビュー読みたかったんです。ありがとうございます。 なんかもう胸が一杯になった。こんな時期だから、すごくエレカシの尋常じゃあない絆をあらためて確認できました。もう、この方たちは本当に・・・。感動するわ。理想のバンドだわ。 いつも先生のインタビューから「エレカシという運命共同体」の凄さは感じてたけども、メンバーどう思ってるの、実際!!というのが凄い関心事だった。 予想を超える宮本への信頼(というか、あたりまえ、みたいな揺るがない感じ)を感じるトミ、成ちゃん、石君の訥々とした言葉に、感動。これが、エレカシ。 過去のインタビューや、芸人さんのブログでのエレカシ発言まで、痒いところに手の届く内容。エレカシに飢えてる私のココロのよりどころにさせてもらいます。                          これからも読ませて頂きますね。 

  2. ヨロレイン より:

    e-koさん、はじめまして!いらっしゃいませ。
    あのインタビューいいですよねぇ。私も大好きです。
    あの3人がいるから、だからこそのエレカシ。
    インタビュー読むとしみじみそう思います。
    先生のインタビューはほとんどが単独なので、
    3人の、宮本さんを交えない記事は珍しいんですよねぇ。
    ちょうどエレカシの休止が公表された頃で、
    私も落ち着かないというか、いかんともしがたいものがあって、
    でも、私がひとりジタバタしたところで、
    宮本さんには3人がいるんだからきっと大丈夫だ、と思って、
    そういえばこういう記事があった!と思い出して、
    書き起こした気がします。全部のせてしまって、私ったら…
    私のココロもe-koさんと同様、エレカシに飢えてます!
    だいぶ今さらな内容も多いんですけど、ぼちぼちやっていると思うので、
    これからもときどきお越しくださいね。

ヨロレイン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。