エレカシ・宮本ソロもろもろ

服もろもろ

エレカシと服の話。
ランダムに思い出してみます。

・ミュージックフェア(2011年11月19、26日)のとき、白シャツの、襟の一部(襟台)のところだけが黒かった。こういうデザインぽい?のは、ちょっと珍しいと思いました。



・『ROCK’N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011』の、COUNTDOWN JAPAN 05/06の「やさしさ」は黒タートルで歌っている。が、途中で脱いでしまう。ステージでの黒タートルも珍しいのではないかと。

・「ガストロンジャー」のPV幻バージョンでは赤ジャケット。

・石くんがライブでビタミンカラーの鮮やかな色のポロシャツを着ていたことがある。

・宮本さんが浴衣姿でメンズノンノに出た。

・「かく語りき 国立西洋美術館 第1回」の冒頭は、先生がジャケットを頭からかぶってマトリョーシカみたいなことになっている。

・2008年、「僕らの音楽」で川上未映子さんと対談したとき、宮本さんは黒シャツにグレーのVネックニットの重ね着。

・「コール アンド レスポンス」のPVでは、白ミヤジが黒ミヤジを撃つ。

服の話はもっとたくさんあると思うのですが、とりあえず今、思い出しただけということで。
宮本さんは、ここ数年はファッション誌にもときどき出てて、
中でも印象的だったのは、浴衣姿でメンズノンノに出たとき。ニカッと満面の笑顔で写ってました。
先生お気に入りのブランド、このところよく名前が出るのはNハリウッドとかでしょうか。
昔、ほんとに昔はA.P.Cとかアニエスベーとか、A.P.C.は男物だと大きすぎて女物だとか言ってて、なんて細いんだと驚愕した記憶があります。
エレカシが表紙になった「SWITCH」(1997年10月号 VOL.15、NO.9)の記事では、
Paul Smithだったようです。あの頃、Paul Smithも時々名前に挙がっていたような。

白ミヤジか黒ミヤジかを予想しながら、開演を待つ、
というのがライブ前のささやかなお楽しみで、
でも結局、ステージに登場した途端に白でも黒でも、黄色い声になるので、
あんまり関係ないんですけど(笑)
「コール アンド レスポンス」のPVでは、上にも挙げましたけど、
白ミヤジが黒ミヤジを撃ってるんですよね。
なかなかストーリーがあるPVではらはらします。白・黒ミヤジ両方楽しめるてんこ盛りなPVです。

2020.5.11 追記
7年越しで追記いたします。

今年の3月から予定されていた宮本浩次ツアーは新型コロナ感染症のために中止されてしまい、
現在まったくの白紙状態なのですが、
つい先日5月1日にツアーグッズの通信販売が開始されました。

その中に、Nハリのパーカーがあり、

宮本浩次が愛用しているMister hollywoodのパーカーをオリジナル仕様で製作。
Hiroji Miyamotoのイニシャル「H.M.」の刺繍入りです。
宮本が着用している32サイズを含む2サイズ展開です。
¥19,800
image
image2

ASMART(通販サイト)

宮本さんは今インスタをやっているので、
通販の発表があってから、何回かインスタでグッズご紹介の回がありました。
その時のNハリ(ミスター・ハリウッドMister hollywood)に関する投稿がすごく感動的だったので
メモしておこうと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#宮本浩次 #宮本独歩

宮本浩次 hiroji miyamoto(@miyamoto_doppo)がシェアした投稿 –


「俺たちの明日」のMV(YouTube)のジャケットは、ミスハリのものだったと。私この投稿で初めて知りました。有名な話なんですかね?
2017年の紅白の衣装についての話はまだまだ続き・・・

この投稿をInstagramで見る

 

#宮本浩次 #宮本独歩

宮本浩次 hiroji miyamoto(@miyamoto_doppo)がシェアした投稿 –


ミスハリのスーツを着て”ステエジ”に立ちたいと思った宮本さんでしたが、気に入りの型はすでに生産されておらず、しかしデザイナーの尾花さんがこの思いにこたえて、一着だけ作ってくれたのだそう。
着た姿もこのインスタで披露されています。

“ミスターハリウッド”の服にはいつも洋服に対する敬意と愛情とに裏うちされた細部への徹底的なこだはりを感じます。
そんなまっすぐで熱いつくり手の思ひが着る者に伝はるから、”ミスハリ”の服は着ると心があたたかくなるのだとわたくしは思ひます。

なんていい話なんだ!とぐっときていたら、なんと尾花さんからお返事が。

 

この投稿をInstagramで見る

 

5月3日日曜日、終日晴れ、午後から強い風 宮本さんが、このsns上で心のこもった文で自分の事について書き記してくれていた。 しかも3夜連続で。。 我が道を極め、時代とファンにも向き合い、自分を信じ突き進むこの方は、 言うまでもないが、感覚で自分が必要としているものがわかる方というか。 なので、うちの服を着ていても、うちとは分からないぐらい自分のものへと 昇華されるのだと。 ただ、この型のスーツに関しては、もはやうちの服というより、宮本さんの服になっていると思う。 ご本人が、紅白の事にも触れておられたので、少しだけその時の話をしようと思う。 何年も着続けてくれていたスーツをわざわざ持参しアトリエにくるなり、袖を通しながら肘を掴みながら 「尾花さん、何て言うか、最近、この型のスーツの肘の辺りが、3CMぐらい太くかんじるんですよね」と宮本さん。 パタンナーとは定番でも都度マイナーチェンジはしているものの、この型は、基本何も手を加えて いなかったはず。ただ、パターン上一度だけ、肘がタイトすぎるという理由で、3CMほど 出している記録が出てきて、皆で驚いたのを覚えている。 しかし、10年以上前のスーツ(他の服もそうだが)が何も変わらず着れている事実。。。 一体どんな生活をしているんだろうと思うwこういう謎めいたところも魅力なんでしょうね。 この何とも言えない感激の意を、形にしようと、見様見真似で慣れない筆を 執ることにしてみたが、 ものすごく大変でびっくりした。。 簡単に写真撮ってアップできる時代にほぼ毎日。。この表現の仕方は、改めて考えさせられた。 宮本さん、改めてありがとうございました。 みなさん、この難儀な時代を一緒に乗り越えて、「宮本独歩」のライブを必ず観にいきましょう! PS という事で、手書きの原稿を見やすくアップするには、かなりの技が必要だとわかった。。やはり宮本さんは凄かった。。結局、書き始めて、アップまで、4時間ぐらいかかってたw #宮本独歩#宮本浩次 #nhoolywood

DAISUKE OBANA(@daisuke_obana)がシェアした投稿 –

宮本さんがSNSをはじめ、そして交流が生まれている・・・
7年前にこの記事を書いた頃には想像もしなかった・・・
本当に何が起こるかわからない。

ものを作り表現するということはどういうことか。
何が大切か。
活躍する舞台は違っても、その根っこは一緒なんだということがよくわかったお二人のインスタグラムなのでした。

伊賀大介さん(スタイリスト)エレカシのスタイリングを手掛けている伊賀大介さん。 今出ているメンズノンノで伊賀大介さんと博士の対談が載ってるよーと友達に教えてもらっ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。