ライブ関連

2018.03.17 エレカシ さいたまスーパーアリーナ(ライブレポ)

(時間が経ってしまいましたが、3月17日のことを少しメモしておこうと思います)

ライブ前ははんこと『エレファントカシマシミュージアム』

当日は雲ひとつない最高のお天気

47都道府県ツアーのTシャツ&はんこを一挙に展示し
プラス、去年の3月に池袋パルコでやった岡田さんの写真展も盛り込んだ
『エレファントカシマシ ミュージアム』という催しがあったり

グッズ売り場は長蛇の列
もちろんはんこブースもあり
開演前から会場界隈はたくさんの人で大賑わい

 

会場、そしてオープニング

いよいよツアーラストのステージです
客電が落ちて、場内2万人の大歓声(に、にまんにん・・・泣)

オープニングは、去年の大阪城ホールの時のように
スクリーンを使って
エレカシのこれまで
バンド結成からの30年の歴史が写真でだだだーと

今回は30周年ツアーの様子が追加され
スクリーンに次々と映し出される各地のステージの景色

映像の後ろに流れているSEは、おそらく村山さんの手がけたもの
BGMと映像がリンクした劇的な場面では

客席から大きな拍手が沸き起こり

ああ
あれから1年経ったんだなぁと早々に感極まっていると

start from here, today
with all of you
everybody

とスクリーンに字幕が出るや間髪入れず「3210
あーもう、ここめっちゃかっこよかった
かっこよすぎてしょっぱなから泣けて泣けて

最初の曲は何かなあと考えるともなく考えていたけど
そうかそうよねそういうことよね
ストリングス、ホーン隊が入った重厚な「3210
堂々たるファイナル公演の幕開け

そして次の曲はもちろん
ホールでは終盤のクライマックスに持ってきた「RAINBOW

会場をあっためるとかそういうレベルじゃない
いきなり観客の心臓をひっつかむ
ぶっちぎりのスタートダッシュ

追加された曲たち

選曲は、ツアーでやった曲を下敷きに、追加された曲も多く
「昔の侍」「さらば青春」
「男餓鬼道空っ風」
「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」
so many people

このあたりはうれしかった
ライブでわりとやってる曲だけど、大きな会場で聴けるのは本当にうれしい

総合司会の声は絶好調
満員のお客さんを前に気合十分

ぶあぁぁぁーーーー

とか
予想不能の動きも随所にちりばめ

「奴隷天国」で風船、ふたたび

「奴隷天国」では天井から風船! 前回と同じ演出!
でも「奴隷天国」はやっぱり風船なんだなー
カラフルな風船の隙間から見える、至極冷静に《あくびして死ね》と叫ぶ歌の人

客席で風船を振り回しながら狂喜乱舞するひとびと
痛快すぎて笑いがこぼれる
次回はさらに大きなハコでこの儀式をぜひとも見たい

「ベイベー明日は俺の夢」は私は生で初めて聴きました
石くんがギターを新調したらしい
なんとダブルネックギター
この曲のために新調したそうです

宮本さん、曲をやる前に「素朴な映像共々楽しんでください」と言ってて「素朴な」というのがツボでした
(石くんと宮本さんで撮ったそうです道路や夜の風景が映っててその映像かな)

”さよなら”の2曲

続いてやった「昔の侍」「さらば青春」が中盤のクライマックス
1998年の武道館でもやっていた曲たち

私はその時やった「さらば青春」の記憶が妙につよく
ギターの弦の端っこが切り揃えてなくビョンビョンしている頃
もう20年前の曲なんですね
今はギターの弦もビョンビョンしておらず

《さよなら》を歌う2
緑と青の照明
おそらく節目節目に
ひとつ終えるたび、成し遂げるたびに
何かを確認するようにやってきた曲

何度もさよならをしながら
何度も再スタートを切りながら

しかし「さらば青春」のイントロはああも切ないのでしょうか

びっくりしたこと

びっくりしたことその1
アルバムリリースが6/6に決定したとステージ上で発表されました
MUSICAでスケジュールがタイトだと言っていたので、作ってるんだなーとは思ったけど、まさか6月とは!
今大忙しで作っているそうです

びっくりしたことその2
RESTART」で火柱
風船もやったし、花道もやったし、銀テープもやったし、あとやってないのは火柱ぐらいかなあ、と思っていたら本当にやったので驚きました

でもホーンのアレンジもめちゃかっこよかったし、音的にもすごく華やかで

一部の最後は「俺たちの明日」で
一人一人に歌い掛けるように、いや、比喩じゃなく、
本当にその気持ち一つで歌っているんだろう、と今回はとりわけ思わされるような熱いアクト

「Easy Go」初披露

今回は新曲の「Easy Go」の初披露をとても待ち望んでいました
ドラマ「宮本から君へ」の主題歌
何の説明もなしにいきなり始まった

二部の最後
MUSICAのインタビューでGreen Dayというキーワードが出てたけど
なるほど
(ってそんなにGreen Day詳しくないけどなんとなく)
今回も声域ぎりぎりハイトーンかつ息継ぎは一体どこ?というRAINBOWパターン

でもいい感じだーめっちゃ好きなやつ
特にアウトロのリフを延々繰り返すところ
あそこがやみつきに
数日経った今もサビメロが頭をぐるぐるしております

またエレカシの新機軸
50歳超えて新しい場所に踏み込む
サウンドといい
バンドの新陳代謝がとてつもない

第二部、第三部と進み

二部の1曲目で「男餓鬼道空っ風」が始まった時は、
前回のたまアリの時みたいにコールアンドレスポンスをして
「森のくまさんみたいだぜ、エブリバディ!」と言い出すのかと思ったら、
さすがにこれはやらなかった(笑)

第三部、いやーここよかったですね
「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」から「so many people
弦とホーンがあると必ずやってほしいこの2
2014年のたまアリの宮本浩次じゃないけれど「音楽ってすばらしい!」と叫びそうになる
今回も本当にすばらしくて
さらにそのあと「友達がいるのさ」にいくとんでもない流れ
わたしの背中のスイッチは入りっぱなし
そして一人弾き語りの「涙」をはさんで「ファイティングマン」
今回のツアー、「ファイティングマン」で始めて「ファイティングマン」で締めたんですね

アンコールは「四月の風」でした

何にしよう、とステージでぼそっと言っていたから、場の空気で決めたのかな
締めの曲だから「待つ男」とか「男は行く」とかかなーと私は思ってたので
「四月の風」というのはちょっと意外でした

「すべての養分を使い切った感はあるんですけど」と言いつつも
「明るい歌、大好きな曲です」と始まった「四月の風」

映像を見ると一部の最後、
「俺たちの明日」でもかなりキテる感じがありましたけど
髪の毛をなぜかMAXバサバサ1999年のHEYHEYHEY!をほうふつとさせるバサバサ)
にする余力もあったし(バサバサにしてなぜか落ち着く総合司会)

でも「四月の風」はだめでしたねぇ
泣いちゃってましたねぇ
Aメロのところ、花道に降りて歌いながら、音程がズレ始め、声が詰まってきたので、

やばい
ミヤジが泣いている、と思って
がんばれミヤジ
と心の中で言うわたし
いやこんなことを言うとお前ががんばれと言われそうだと思いつつ
わたしの涙腺もぱんぱんに
「うまいもん食って帰ってー」と客席に叫ぶミヤジ
なんというか
近所のにいちゃんがバンドやってて
近所の友達、先輩後輩、おじちゃんおばちゃんが総出で応援につめかけて
そんな仲間たちに言ってるみたいな
「うまいもん食って帰って」だったな

30周年のバンドににいちゃん
は失礼か笑
それくらい人情味があったというニュアンスです

《あくびして死ね》と叫んだ人が
ポロリと見せる人懐こさにぐっときてしまうのです

そして客席に「いい顔してるぜー」と叫ぶ総合司会 
「見えないけど」をつけないやつを最後の最後に

今回、62列目という私が今まで見たこともないほど後ろの席で、
ステージ両サイドのモニターまでも小さく見えた
一番後ろがたしか67列とかだったかな
通路は最低限という感じで、結構めいいっぱい座席作ってました

500レベルまで満員

2014年のたまアリは、130004000人の動員で、

スタンドの上の方までは埋まらなかった(客を入れてなかった)と思うんだけど
それが、今回は、天井までびっちり
500レベルまで埋まっていたのです

今回何より嬉しかったのは、4年前よりも動員がどーんと増えたこと
さいたまスーパーアリーナ、びっしり埋まるとこんなにすごいことになるんだなあ
ここにきてこんな動員の伸びを見せるおじさんバンド、ほんとにすごい

62列目から見たエレカシのみなさんは豆粒ほど小さくて
席が後ろすぎて、銀テープも届かず風船も落ちてこないエリアだったし
盛り上がるたびに腕が上がって風船やらなにやらで視界はまったく見えなくなったけれど
その遠さをある意味誇りに思います
それくらい広い会場でやったのだと

こんなに楽しいライブもなかったし、感動したライブもなかったです

長いツアーのファイナル公演
大大大成功で本当にお疲れ様でした&ありがとうございました

さいたまスーパーアリーナ2daysというエレカシ史上初の
ひとまず1日目終了
まだ翌日もあるという幸せをしみじみかみしめながら帰路についたのでした

WOWOW、ざっと見ただけなので
このあとゆっくり堪能したいと思います。

2014.1.11 エレカシ さいたまスーパーアリーナ(ライブレポ)オープニングは本当に見事だったとしか言いようがない。青い光の中、ゴォォという近未来的(?)なSEの中で鋭く入る宮本さんのスライドギター。...

2018/03/17(土) さいたまスーパーアリーナ セットリスト

第一部
01.3210
02.RAINBOW
03.奴隷天国
04.今はここが真ん中さ!
05.悲しみの果て
06.星の砂
07.i am hungry
08.夢のかけら
09.風に吹かれて
10.ベイベー明日は俺の夢
11.昔の侍
12.さらば青春
13.笑顔の未来へ
14.桜の花、舞い上がる道を
15.ズレてる方がいい
16.今を歌え
17.風と共に
18.ガストロンジャー
19.俺たちの明日
第二部
20.男餓鬼道空っ風
21.この世は最高!
22.RESTART
23.夢を追う旅人
24.今宵の月のように
25.Easy Go
第三部
26.あなたのやさしさをオレは何に例えよう
27.so many people
28.友達がいるのさ
29.涙
30.ファイティングマン
en
31.四月の風
(エレカシDBさんより)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。