年別活動振り返り

2005年(エレカシのリリース、ライブなどを振り返る)

リリース

2005.05.23 LIVE ALBUM「野音 秋」日比谷野外音楽堂 ライブヒストリー 下巻 エレファントカシマシ野音 chronicle2
「序曲」夢のちまた/夢を見ようぜ/ゲンカクGet Up Baby/土手/かけだす男/珍奇男/うれしけりゃとんでゆけよ/男餓鬼道空っ風/通りを越え行く/明日に向かって走れ/旅の途中/ドビッシャー男/四月の風
2005.05.23 LIVE ALBUM「日本 夏」ロックインジャパン ライブヒストリー I
ガストロンジャー/孤独な旅人/悲しみの果て/四月の風/Baby自転車/俺の道/歴史前夜/平成理想主義/パワー・イン・ザ・ワールド/化ケモノ青年/男は行く

ライブ

06月03日(金) 長野JUNK BOX (“銀杏BOYZ~世界ツアー2005~★PS.信州そば、おいしかったよ★ “ゲスト)
など

ライブ映像

  • デーデ
    (2005.08.07 ROCK IN JAPAN FES. 2005) ※1
  • やさしさ
    (2005.12.31COUNTDOWN JAPAN 05/06) ※1

※1 ROCK’N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011

ライブ音源

  • inst~俺の道/ファイティングマン (2005.3.14CLUB Queシークレットライブ) ※2 生命讃歌(2005.08.07 ROCK IN JAPAN FES.2005) ※3

※2:完全限定生産 6枚組ライブブートレグBOX[the fighting men’s chronicle] ~ THE ELEPHANT KASHIMASHI official live bootleg box 【Disc1】complete unknown ~ days of shimokitazawa
※3:同上【Disc6】history of japan 「日本の歴史」エレファントカシマシ ロックインジャパン ライブヒストリーⅡ

2005年のトピック

銀杏BOYZと対バン

宮本浩次「銀杏BOYZが長野でやった時(「銀杏BOYZ~世界ツアー2005~★PS.信州そば、おいしかったよ★ 」長野公演/2005年6月3日)に、僕らも参加させてもらって。お客さんがみんな目がクリクリしてて。ーーあれは2~3年ぐらい前なのかなあ?」
峯田和伸「2年前ですね」
宮本「若くて、目がクリクリしててさ。視線が痛くて。だからその、『やっぱり修行し直さなきゃダメだな』っていうふうに思った覚えがあります」

「俺たちの明日 --エレファントカシマシの軌跡」下巻 P.174(ROCKIN’ ON JAPAN 2007年11月号)

銀杏BOYZと2005年に対バンしています。

2007年のJAPANで峯田x宮本という夢の対談が実現したんですけど、私はこの時の宮本さんの「目がクリクリ」が非常にツボで、銀杏を見ると「目がクリクリ」と反射的に思い出すまでになりました。

この対談は大好きなんです。この間発売されたエレカシ本「俺たちの明日--エレファントカシマシの軌跡」の下巻に掲載されています。

今もこの対談をじーっと読み返してしまった。

好きなのは、峯田氏と山崎さんが銀杏の曲の音の話をしているところに、突然職務質問の話をもってくる宮本さん・・・のくだりです。(職務質問のことは果たして銀杏の音楽につながるんだろうか…)と不安になるんだけど、ちゃんと着地。「行ききれなさも含めて濁りっ気がない」というぐっとくる話(←宮本さんの銀杏に対する心象)につながります。

シークレットライブ

この年の前半にはシークレットライブを 下北沢CLUB Queでやっていて、オフィシャルHPによると

  1月21日(金)
  2月17日(金)
  3月14日(月)
  4月21日(木)
  5月04日(水)

という日程。次作『町を見下ろす丘』の曲作りのためのライブだったらしいのですが、

宮本「下北のライヴっていうのが、あんまり評判よくなかったんですよ。(中略)そしたらそこにね、ユニバーサルの人が観にきてくれてたらしくて。それで、その人がどこを観てたのか知らないですけど、みんなが心配してるライヴを観て、『いや、いい!』って言ってくれたらしいんですよ」

bridge 2007年 Autumn
ユニバーサルに移籍し「俺たちの明日」をリリースするのは2007年11月なのですが、そのずっと前から「俺たちの明日」誕生の物語は、こうして水面下ではじまっていたようです。

侘助的回想

この年は……アルバムのリリースもなく、トピックが少ない……私個人的には相変わらず低空飛行なので、記憶も薄い……

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005のクイックレポート(8/7出演)https://rockinon.com/quick/rijfes2005/detail/53179

「人生の午後に」「昔の侍」をやってますね。

COUNTDOWN JAPAN 05/06(12/31出演)http://rijfes.jp/countdownjapan/0506/quick/1231-3/index.html

黒のタートルネック姿。ライブレポで曲名が「リッスン」になっている(←「理想の朝」)。まだタイトルが付いてなかったんですね。

—–

なにかネタがないかとフェスのページをのぞいてみましたが、ロッキンの写真を見ても、COUNTDOWNの写真を見ても、宮本先生の髪が非常に長い!もれ伝え聞いたところによると、宮本さん、髪を切ったそうですね。詳しいことはわからないのですが島原公演でその短髪姿をお披露目したそうです。
私がファンになってから一番短かったのは、アルバムで言うと「愛と夢」のころで、当時はあっさりと「あら切ったのね」ぐらいの感想でしたが、
今回はなんだか気になっております。いかんせん、ずーっと長かったですから。「浮世の夢」くらいの短さかしら。「見果てぬ夢」の映像のような感じかしら……と思いましたけど、……もっと短いようです。

ああ気になる……エレカシ周辺、話題が途切れませんね。

ドラマ「全力失踪」にハマっています。

第5回は振り込め詐欺の回だったんですけど、すごく面白かった。

そしてここぞというタイミングで入る「今を歌え」の沁みること沁みること…… 前奏のギターぽろろん・・・だけでもう鼻の奥がツーンと……
第5話に出てきた警察も「赤羽西警察署」でした。あいかわらず赤羽感満載です。
10/8には一気に再放送もあるようです。

https://twitter.com/nhk_dramas/status/916203633812824064

手塚とおるの取り立て屋が最高。目が離せません!

←2004年←  →2006年→

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。