テレビ・ラジオ・映像関連

2013.11.23 「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」(石くんとガム)

ジョージさんの番組に宮本さんが登場しました。
待ちに待っておりました。

「浩次さん! 完全復活おめでとうございます!」と迎えるジョージさんも本当に嬉しそうでした。


「意外な○○チャート」→宮本浩次が最近はまっていること
第1位 ガムがあるとあっと言う間に食べる
第2位 コンサートが終わったらアイスクリームを食べる
第3位 地下鉄の階段を昇る

2013.11.23 「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」

このコーナーの進行具合が……おもしろかったです。
宮本さんが3位、2位、1位を簡単に言ってから、あとでゆっくり話を聞く、という段取りだったらしいのですが、
宮本さん、3位の地下鉄から、もうトーク全開で話が止まらない(笑)。
ジョージさんに「宮本さん、3位、2位、1位をばばばばっと紹介したあとに、あらためてお話してもらってもいいですか」と言われて、「まだだめなんですか?」とうろたえるんだけど、
それでも宮本さんはついつい話をしてまって、またジョージさんに「記事にたとえると見出しのようなもので」とさらに説明を受けるという(笑)
階段の話の時は、永田町駅には長い階段があって、この間数えたら「96段あった!」と誇らしげに語ってらっしゃいました。
永田町駅のあの階段は見上げると途方に暮れるような長い階段なんですけど、あれを昇っているのか! と思ってちょっとびっくりしました。
かかとはずしてつま先で昇るらしく、それについてホラン千秋さんが「ヒップアップにいいのよ、女性は」言ったので、「意味なく! 意味なく!」と必死に連呼していたのがツボでした。なんとなく力がつくんじゃないかと思って、とのことだそうです。

パワーフード→トンカツ
宮本さん「ぱっと浮かんだのはトンカツでした。ごはんおいしいですよね。肉がやっぱり好きなんです。休日にトンカツ屋さんに行ってトンカツ食べたり」
ホラン千秋さん「ロース派ですかヒレ派ですか」
宮本さん「あーどっちも好きです。鋭い質問ですね。どっちも好きです。ヒレの方が胃にもたれない感じがしますよね。どっちもおいしいんですよ。自分の母親がよく作ってくれるトンカツがあったんですけど、それはヒレカツが多かったですね。デパートで黒豚買ってきたからっつって、トンカツ揚げてくれるんですよね。
久しぶりに実家に帰る時とか、トンカツとスパゲティとハンバーグとまとめて出てくるみたいな。こんなの食べられないみたいなぐらいありましたね」

(同上)

実家帰ったらトンカツとスパゲティとハンバーグまとめて出てくるのくだりで、
ジョージさんが「いいねえ、最高!」としみじみ言ってました。
いやいや、私も一緒になってしみじみしてしまいました。いい話。

宮本さんのパワーソングとして、Beckの「Nicotine & Gravy」を挙げてました。
Beckの4thアルバム「Midnight Vultures」の2曲目。

Beckについては、「音楽に取り組む姿勢がすごい真摯にやってるから、何度聴いてもいい」と宮本さん。「スライとか昔のファンクのすごい人たちのパロディも入ってたりとか」ともおっしゃってました。
Beck、かっこいいですね。ぜーんぶ聴いてるわけじゃないですけど。
『good morning』の時の檄文に、「最新にして懐かしい」という言葉がありますが、
Beckを聴いていると、そういう感じを受けます。
Beckについては、アルバム『MODERN GUILT』が好きだと言っていた時もあった気がします。

ジョージさん「(休養の間)曲の数はできて、振り返ってみて、見えてきたものって何かありますか。考え方がちょっと変わったとか」
宮本さん「あーーーー生きているってすごいことだなと。ほんとに一瞬一瞬……自転車こいでる人とか見ると感動しちゃったりとかしましたね。自転車こいで、一生懸命、帰りなんでしょうね、会社の帰り、ピューッて若い人が自転車こいでたりとか、電車の中でヘッドホンで音楽聴いてる人いたりとか、そういう人見ると、うわーかっこいい!って思いました。(中略)その時は、音楽再開し始めた頃っていうのは、いっぱい感動することはありました」

(同上)

他にも、復活の野音の9月14日の話題になり、ステージ上も客も緊張していたとお話しされていました。
ジョージさんもこのライブを観たようで、
「いいライブだったんですよね。バンドのエネルギーも当然あったんですけど、お客さんもずっと待ってたっていうのが……」と感慨深げに言っていました。
ジョージさん自身エレカシ好きというのもあって、「お客さんもずっと待ってた」と、そういう目線の言葉が出てくるんだろうなあきっと。

ジョージさんの番組には昔からよくゲストで登場しているし、
ジョージさん企画のライブイベントにも何度か出演しているし、
『THE BEST 2007-2012 俺たちの明日』の初回限定盤Bの特典DVDのインタビュアーだったし、
今年の7月に “戦う男の25周年展”の企画で山下監督と共にトークショーに出演していたし、
エレカシとは何かと縁のあるジョージさん。
番組の最後に、
「僕が最初に好きになった日本のロックバンドです。こうやって番組に一緒に出たりとか……何回もあるんですけど……毎回毎回光栄に思うんですよね」
としみじみとおっしゃっていました。
ジョージさんの番組は安心して見れたり聴けたりします。ひとえにジョージさんのこのエレカシ愛のおかげなんだろうなあと思います。
エレカシの方も、ジョージさんの番組に出る時はいつもすごく楽しそうです。
いつだったか、GGTVに宮本さんがゲストに出た時、宮本さんの永井荷風好きにちなんで、
晩年の永井荷風がよく通ったという市川のかつ丼のお店(大黒家)を紹介する映像が流れたんですけど、
永井荷風はいつもこの席でかつ丼とおしんこを食べて、お銚子1本を飲んでいたとか、
それを見て、宮本さんはすごく感激しているようでした(かなりぐっときていた様子)。
宮本さんは今回の「意外な○○チャート」を考えるのに、ジョージさんが喜びそうな感じ、ということでいろいろ思い浮かべたそうです。
ジョージさんは、ユーモアがあって、イエー!とか、OK!とか、イケイケな感じもあるんだけど、
聞き手としての言葉ひとつひとつがいい加減じゃないというか、思慮深いところがいいなあと思います。
いいですねえ、ほんとに、ジョージさん。
早速番組HPに写真がアップされていました。
http://www.tfm.co.jp/cdj/gallery/?id=35

石くん目線で(”相棒”石森敏行) 表向き、ライブやその他公の場で、石くんがいっぱいしゃべるということはほとんどなくなってしまったけど、石くんが実は一番おもしろいことを...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。