エレカシ・宮本ソロもろもろ

1週間のもろもろ(リマスターとチャットモンチーとみょうがの話)

先だって日曜日のこと。友達と「リマスタリングって何」と延々話したんですけど、
結局理解しきれないまま終わりました。
今回の25周年企画第二弾のCD3枚発売のお知らせページは、
ニューミックス、リマスタリング、デジパック仕様、Blu-spec CD等々、
横文字が多くてたいへんです。
リマスタリングについては、2009年に出た自選作品集がリマスター盤で、
オリジナルとこの自選作品集(「浪漫記」はまだ持ってないのですが)を同じプレーヤーに入れて聴いていると、
やっぱり自選作品集の方が音がいい。という気がしました。どういいか、うまく説明はできないんですけど……

火曜日はチャットモンチーのドキュメンタリー映画「ふたりじゃない」公開のニュースを知りました。
これは大変気になります。是非見に行きたい。
チャットモンチーと言えば、2009年の大阪でのエレカシ主催のイベント「太陽と月の下の往来」に出演して、
「悲しみの果て」を演奏していたのが思い出深いです。まだ3人の頃でした。
それから、チャットの3人と宮本さんがbridgeで対談してたこともありました。
bridge 2009年11月号

宮本さんは、チャットモンチーはロックバンドであると、ロックバンドの真髄を3人は出しているというふうに言っていました。非常に好きなバンドであると。
私もチャットモンチーは好きなので、この対談はとてもよかったです。お互いがお互いをどう好きか、
というのをずっと話してて微笑ましくて。宮本さんはチャットモンチーのことをほめるたびに、「本人の前ですけど。恥ずかしい」と照れくさそうな感じもありつつ。

水曜日は仕事中に、「野音秋」の「通りを越え行く」の後のMC「八百屋みたいな声」「このまま失礼させていただきます」をなぜだか急に思い出し、笑いがこらえきれず仕事に手がつかなくなってしまいました。
こういうのは一旦頭の中をグルグルしはじめるともう駄目で。口を真一文字にして、ふるふると笑いをこらえることしばしの間。ちゃんと仕事せーよって感じなのですが。
この「野音秋」はMCの切り取りポイントが非常にツボで、何回聴いてもブハッと吹いてしまう個所がたくさんあるのです。

木曜日。夕方スーパーでレジに並んでいると、カウンター内の小棚に、パック入りのみょうがが不自然に置いてありました。レジでやっぱりいらないって感じで返却されたんだろうか。
先生が嫌いなものとしてよく挙げているのがこのみょうが。ぽつねんと置き去りにされたみょうがを見て、ちょっと思い出しました。みょうがを嫌いなものとして挙げるところがちょっとツボです。よっぽどあの味が衝撃だったんでしょうか。おいしいですけどね。

今度の日曜日に、フジテレビの「ボクらの時代」に宮藤官九郎、伊賀大介、阿部サダヲのお三方が登場するそうです。
クドカン、伊賀さんとエレカシファン率の高い回……かと言ってエレカシの話は出なさそうですけど、
伊賀さんがテレビに出るのはとってもレアな気がするので、
チェックしてみようと思います。

……今週、そして週末の、エレカシに関係あるような全然ないようなお話でした。

—-
ブートレグCDを相変わらず聴いているんですけど、何周もしたのに(笑)、
飽きずに楽しんでおります。ときどき「野音秋」「日本夏」をはさみつつ。
Disc4の2007年日比谷野音の「俺たちの明日」、曲前のMCですでに涙腺が決壊しそうなのに(既にしているのか)、どうにかこうにかしゃべりながら、合間にギターかき鳴らしたり、「さあさあ!」と煽るように言ったりするんだけれども、結局……あの冒頭の≪さあがんばろうぜ!≫でいつもつられて泣けてきます。こういうのは、音だけで聴くからかきたれられる感じがしていいのかなーと思います。
しかしここ、いいMCです、ほんとに。

エレカシ即興の歌(MCのような歌、歌のようなMC)俺は時差ボケのまま、別にウソじゃないんだよ 2日しかリハーサルがなくてツアーに入って 名古屋のそうたしかクアトロだったな 全然寝て...

POSTED COMMENT

  1. e-ko より:

    こんにちは。 先週の日曜日の「ボクらの時代」。ヨロレインさんに教えて頂いたので録画して見ることが出来ました。 おかげで伊賀大介さんの姿を始めて見ることができました。なるほど、素敵な人ですね。 私もちょっぴりエレカシ話がでないかな、なんてヨコシマな気持ちもあったのですが^^エレカシ抜きにしても良い対談だったな~。 伊賀さんは、クドカンの映画「真夜中の弥次さん喜多さん」の時からの付き合いなんですね。 「ジョゼと虎と魚たち」のスタイリストもされてたんだ! 私の好きなラーメンズの舞台衣装担当されている事も、少し前に知ってなんか嬉しかったのですが、クドカンや阿部サダとも所縁が深いんですね^^ とっても興味深い対談でした^^ そういえば、宮本さんが泉谷さん、本庄さんと対談してたのもこの番組でしたっけ・・・? なんかプロデューサーさんのセンスいいですね。

  2. ヨロレイン より:

    e-koさん、こんにちは♪
    ボクらの時代、ご覧になったんですね^^
    私も動く伊賀さんを初めて見ました。クドカンと阿部さんが話すのをにこにこしながら聞いてましたねえ。
    人懐っこい感じで。
    弥次さん喜多さんで、着物を石で汚していたとか、ジョゼの映画の衣装を縫っていたとか、
    伊賀さんの仕事の話も出てきて面白かった!
    ラーメンズ、私は詳しくはないんですけど、
    この間、いとうせいこう、バカリズムと一緒に、小林賢太郎がこの番組に出てましたよ~e-koさんは見てたかな?
    その回も面白かったです。
    この番組、当たり外れ?もあるんですけど、見逃せない回も多いので、毎回録画してチェックしてるんです^^
    そうそう、宮本さん出てました。詳しい話は忘れてしまったけど、
    宮本さんが突然立ちあがって、水飲まなくて大丈夫か、
    みたいにスタッフにきいてたような……
    突然立ったのがツボで。
    泉谷さんもたしか本上さんも宮本さんびいきなので、見てても安心というか、とてもほほえましい対談だった気がします。

  3. e-ko より:

    お返事ありがとうございます^^ いとうせいこう、バカリズム、小林賢太郎が「ボクらの時代」に出ていたなんて・・・。見たかったです・・・。コバケンさんはめったにTVにでないし、バカリズムと話してる所見たかったです~。 私ももう少しこの番組まめにチェックしなければ^^

  4. ヨロレイン より:

    そうそう、コバケンさんはかなり久しぶりのテレビ出演だったみたいです。
    民放では10年以上ぶりとか。バカリズムと仲良さそうでしたよ~^^
    結構ディープな話題が繰り広げられてて面白かったです! 小林さんにも興味津々になりました^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。