エレカシ・宮本ソロもろもろ

ロック界の○○

今朝、YAHOOのトピックスに、あるロックミュージシャンの名前が載ってるのを見て、
こういうところに普段出ないようなロック畑の人が
ゴシップ記事の中にぽろっと出てくると、なんというかちょっとどきどきします。お前がどきどきしてどうするって感じですが。



で、記事ではそのミュージシャンのことが「ロック界のカリスマ」と書かれていました。
なるほどー。芸能記事の中ではこういう表現になるんだな。って変ですけど、そうか、芸能記事では「ロック界の~」という言い回しになるんだなと思ったのでした。

エレカシのパブリックイメージというのは、どういう感じなんだろう。
自分はなんだかんだミーハーなので、もはやよくわかりません。
……というわけで、いろんな音楽関連サイトに掲載されてるエレカシのプロフィールを調べてみました。
(ググっただけですが……)

Excite music
http://ent2.excite.co.jp/music/special/elekashi/
(右下にあります)

TOWER RECORD
http://tower.jp/artist/233727/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B7

ナタリー
http://natalie.mu/music/artist/789

大きな文脈は変わりはないですけれど、少しずつ表現が違ってたりしておもいしろいです。
「現代の侍」「不動のメンバー」……やっぱりこのあたりが王道?なんでしょうかね。

単行本『風に吹かれて-エレファントカシマシの軌跡-』(ロッキング・オン)の帯には、
≪「ロック界・孤高のヒーロー」エレファントカシマシ。≫
とありました。なるほど。その通り。かっこいい。

エレカシの前に付くキャッチコピーはいろいろあるけど、
やっぱり「日本の宝」かなーと最近思います。
個人的には10年前ぐらいからこっそり使ってて(笑)、
その頃はちょっと冗談まじりに、ミーハーな感じで言ってたんですけど、
最近は、あながち冗談でもないなと思ってきて、
宮本さんのあの喉、数々の名曲、デビュー以来不動のメンバー。
やっぱり「日本の宝」なんじゃないかとあらためて思う今日この頃でございます。

25thドキュメンタリー反芻してます映画上映も終わって、ひとつお祭りが終わったような気のする今日この頃。 「めんどくせえ(仮)」聴いて盛り上がったり、野音チケットのことで...

POSTED COMMENT

  1. ずんどこ より:

    今日TVののどじまん番組で、アメリカの方が《悲しみの果て》を歌ってました。確かに上手いんでしょうが、やっぱり違います。宮本氏でないとダメです。本当に唯一無二の声なんだな〜って実感しました。
    あと、少し前ですが、聴覚を失った作曲家のドキュメンタリーをNHKでやってました。佐村高地さんといって結構有名な方のようですが、私は初めて知りました。彼は頭の中で思い描いた音を譜面におこしていくのですが、度々おこる“ラ”音の耳鳴りに邪魔され、もがき苦しみながら作曲をしていました。
    その姿を見て、ミヤジさんの事が心配になりました…
    ヨロレインさん、記事に関係ないこと書いてすみません。(>_<)

  2. ヨロレイン より:

    ずんどこさん
    こんばんは~
    私ものどじまん見て、さっきそのことを書いた記事を書いちゃいました。
    私、結構最初はあれれ~?と思いつつも、
    私はわりといいかなあと思いましたが、
    そうですよね、宮本さんじゃないと、というのはありますよね。
    オリジナルがすごすぎますもんねえ。
    ほんとに唯一無二なんだと思います。
    エレカシの曲は、どんなに歌がうまい人が歌っても、
    本家のインパクトが鮮烈なので、どうしても比べてしまいますよね。
    佐村高地さんのことは、私も知らなかったです。
    なかなかシリアスな話ですね。
    そうして宮本さんにつなげて心配してしまいますよね。
    今はどうしても、そういう話題に敏感になるし、
    いろいろ考えてしまいますよねえ。私もときどき考えちゃったりします。
    でも、きっと状況を冷静にとらえて、やるべきことを淡々とやっているんじゃないかなと思います。
    冷静になれないときがあったとしても、それすら客観視して、
    うまくコントロールしながら(するように努めながら)
    ときどき仲間や信頼できる人に会ったりしながら
    一日一日を大切に送っているような気がします。
    勝手な想像なんですけどね。
    そう信じたいという気持ちなんでしょうかねえ…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。