エレカシ・宮本ソロもろもろ

フランス(火鉢と畳からル・コルビュジェへ)

昨日、ル・コルビュジェのことを思い出し、
コルビュジェといえば、今さらですがこんなページがありました。

JUSTICE 宮本浩次、フランスを歩く
http://php-p.com/justice/miyamoto/010416_france/01.html
(追記)※もう見れないようです。



JUSTICEといえば「かく語りき」の動画で、
動画は見れなくなっていますが、このフランス旅行のページは、ありがたいことにまだ見れました。

このJUSTICEのページによると、ユニテダビタシオン、ラ・トゥーレット修道院、サヴォア邸、ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸、ロンシャン教会堂、オザンファン邸に訪れたようです。
岡田さんの写真もやっぱりいい雰囲気をかもしてます。
それから、宮本先生直筆の短い文が載っていますね。直筆の文がそのまま。
タバコの火を貸すエピソードとか、カフェで写真撮ってみた、とか、
何気ない文章がとてもいいです。

コルビュジェと言えば、上野公園にある国立西洋美術館がコルビュジェの設計ということで、
「かく語りき」でも「国立西洋美術館」の回があって、
コルビュジェのことに触れながら熱弁してました。

火鉢と畳の暮らしから、椅子の生活に移行しようと思い、
ソファを買い、そのソファから一人の建築家を知り、本を読み、のめり込み、
建築を見るためにフランスに行ってしまう。いまさらながらやっぱりすごいなあと思う。
椅子の生活への移行(近代化作戦)が、
車に乗り始めたり、打ち込みのアルバム『good morning』制作という時期にもリンクしているというのが
これまたすごい。音楽、表現活動とライフスタイルが一貫してるという。

コルビュジェの建築は、全然詳しくないんですけど、
ロンシャン教会とか、生で見てみたいなと思ったりします。
今朝、ZIPを見ていたら、フランスに建築修行で訪れている日本人が多い、というような話題で、
ちらっとロンシャン教会が映ってました。
最初に写真を見たときにはびっくりしました。かわいいんです。
屋根の角が曲線を描いて空にツンと向いて、
建築にかわいい、というのもナンですが……写真で見るだけでも不思議と魅了されてしまいました。

エレカシと椅子エレカシがカバーした荒井由実の“翳りゆく部屋”は 窓辺に置いた椅子にもたれ 荒井由実 “翳りゆく部屋” 詞/荒井由実 という描写か...

POSTED COMMENT

  1. kk より:

    こんにちは~。
    「かく語りき」のフランス紀行いいですよね~。
    味わいのある写真と文章で時々見返しちゃいます。
    コルビュジエの建築物見るためだけにフランスへ行ったというのもすごいですが、
    確かすごい軽装(紙袋だけ持参)で行かれた旅だったような…。
    去年フランスへ旅行に行ったんですが旅から戻った後、
    何気なくこのコルビュジエの建物の所在を調べたんですが吃驚。
    それぞれの建物ってフランス国内に点在していて近くではないんですね。
    2回目のマルセイユ・リヨンって実はパリからかなり離れてるしマルセイユとリヨンも近くない。
    ロンシャン教会はスイスに近い地方らしくて(私もZIP見てました^^)
    短期間ですごい移動距離だったんじゃないかなーと思います。
    ロンシャン教会の佇まいはいいですよね~。私も行ってみたい!
    マルセイユのユニテダビタシオンは今は宿泊施設でインテリアも確かコルビュジエ。
    日本からもネットで宿泊予約できるみたいです。
    とりあえずは近々、今ラファエロ展やってる西洋国立美術館に行ってみたいです(^-^)

  2. ヨロレイン より:

    kkさん、こんにちは♪
    フランスのページいいですよねえ。大好きです。貴重なページが残っててほんとよかった。
    そうそう、紙袋です。読みかけの文庫本とか突っ込んで行ったんですよね。
    紙袋!?とかなり衝撃でした。。
    kkさん、去年フランスに~?うらやましい~
    私はずっと前、おのぼりさん観光的にパリの街をぶらぶら+美術館の旅でした。
    そうか、それぞれの場所が離れてるんですねー
    結構弾丸ツアーだったのかな。
    ロンシャン教会は、私も場所を調べたことがあって、
    そうそう、スイスに近くて、フランスの端っこですよね。
    ZIPごらんになってましたか♪朝からちょっとテンションあがりました!
    ロンシャン教会は、いつか行ってみたいんです。
    教会内の、不規則に並んだ小窓から入る光の感じもすごくすてきでした。
    ユニテダビタシオン、宿泊施設なんですね。しかもインテリアまでコルビュジェ先生!
    いいなー。とってもそそられます。
    ラファエロ展、西洋美術館でやってるんですね。
    …ってラファエロ、名前だけしか知らなくて、ぐぐってみました。
    おお。すてきです。建築もやってらっしゃるのですね。
    美術館も建築もじっくり見てみたいし、ラファエロ展、気になってきました♪

  3. kk より:

    こんにちは~。
    国立西洋美術館行ってきました!ラファエロ展よかったです♪
    そしてコルビュジエの建物!よかったです。
    よかったって言い方変ですけど、緻密に計算されてるのか(?)
    企画展(ラファエロ展)室と常設展の部屋と作りが違うんですけど
    絵画とか作品が見やすくて、建物自体もアートで素敵な空間です。
    どうやらガイド付きで建物を見る建築ツアーも隔週であるみたいです↓
    http://www.nmwa.go.jp/jp/events/talkandtour.html
    さりげなくコルビュジエのソファもありましたよ~^^

  4. ヨロレイン より:

    kkさん、こんにちは♪
    ラファエロ展、行ってきたんですね~いいなあ!
    国立西洋美術館は、
    外からなんとなく見たことがあるだけで、
    中にはまだ入ったことないんです…
    建築ツアー、あるの知りませんでした。ありがとうございます。
    楽しそうです。ぜひ行きたいです!
    ソファもあったんですね~ ぜひゆっくり座ってみたい♪
    昨日テレビ見てたら、それっぽいソファが出てきて、
    それだけで釘づけになってしまいました^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。