エレカシ・宮本ソロもろもろ

エレカシをシャッフルで聴く

エレカシの曲を聴く私のパターンは、

・新譜がリリースされたらそれをぐるぐる
・落ち着いたら全曲シャッフル

こんな感じです。

家ではあんまり聴かず、外出してる時にイヤホンして聴きます。
MP3プレーヤー、私はソニーのウォークマンでデビューしました。



その当時すでにiPodも発売されてて、むしろそっちの方が人気があったのに、なぜかソニーにして。確か、バッテリーがもつとかお店の人に言われたのかな……
ソニーを3機種くらい買い替えた末、去年iPhoneにしたので、今はそれで聴いています。
今、入れてる曲が全部で1824曲、そのうちエレカシが334曲。

エレカシもそれだけ曲があると、シャッフルで聴いてたらいろんなドラマがあって、しびれるような悩殺の曲順になることもしばしばです。
この334曲の中には、自選作品集などのベスト盤や、初回限定盤のライブ音源も入ってたりするので、わりと、というか結構な頻度で、同じ曲が続けてかかったりします。

EPIC、ポニーキャニオン、東芝から出た自選作品集は、リマスター盤だけあって、音がいい。
素人の私が聴いてもわかるぐらいの。
例えば、ファーストの「花男」のあとにEPIC創世記の「花男」が続くと、それがよくわかります。

今日は、オリジナルの「パワー・イン・ザ・ワールド」から、2012年新春ライブバージョンが続けて流れて、おおぉ!と思わず声を上げそうになるくらいテンションが上がりました。
2012年の新春の渋公、ホーンが入ってて、めちゃくちゃかっこよかったんです。

あと、これは、さすがにびっくりしましたが、
「ズレてる方がいい(通常盤)」→「ズレてる方がいい(初回限定盤)」→「ズレてる方がいい(通常盤・弾き語り)」→「ズレてる方がいい(ラジオ番組”シナプス”音源)」
という、「ズレてる方がいい」4連続再生というのを今日体験しました。
同じなんだからオリジナル音源をひとつだけ入れておけばいいものを、通常盤、初回限定盤の両方入れている私も私ですが(なんとなく両方入れたい心境でした)、
まあ、ここまで連続すると、驚きを通り越して、呆然としてしまいました。
iPhoneの中に誰か住んでて何か企んでるのか。

シャッフルで聴いてる中で、「ズレてる方がいい」が不意に始まると、なんかこう、ごほうび感があるというか、テンションが上がるというか、繰り返し繰り返し聴いた曲のはずなのに、いまだにみずみずしく聴けるというこの幸福感。しみじみとうれしい。

最近、友達と、疲れてる時にはエレカシの何の曲が効くか、という話になりました。
私は、疲れた時の曲、という切り口ではすぐには浮かんでこなくて、うーんと悩んでいたら、
友達曰く、バラードみたいな静かな曲じゃなくて、意外と攻撃的な曲が効くのだと。
例えば“我が祈り”とか”奴隷天国”とか、そういう曲がいいんだそうです。

そんな話をしたあと。
最近仕事がわさわさと忙しく、ぐったりとして重い肩こりと片頭痛を抱えながら帰途につく、という今日この頃なのですが、
そんな帰り道に、シャッフルで流れた「Soul rescue」。これが片頭痛も吹き飛ぶぐらいめっぽう効きました。疲れた時にこのテの曲は意外に効きますねえ。実感しました。

で、そのしばらくあとに流れてきたのが「イージー」でした。
……もともと好きな曲だったけど、これも疲れた時に効きます。お試しあれ。
3連?ていうんですか、あれ、テンポ感もいいし、ほんと曲が、少しエコーのかかったサウンドが、もう疲れた体をなでてくれるみたいに沁み入るようにやさしいのです。

「イージー」はアルバム「扉」の9曲目、「星の中のジパング」のあと、「傷だらけの夜明け」の前。なんだか曲のタイトル並べただけで癒される。

ベスト盤「エレカシ自選作品集 EMI 胎動記」にも入ってます。

またこれが、「イージー」→「シグナル」→「武蔵野」という、
ミラクルな曲順で。これを考えた宮本さんて、ほんとにすごいと思います。

「イージー」は、結論の曲、ってことで私は覚えてます。
でも、それだけじゃなくて、詞がとってもいい。聴くたびに好きな詞のフレーズが増える。

ノートに書き込んである 日々のまなざしから
「ヒトをことごとく詩人にしてやまない 日本の冬」
エレファントカシマシ「イージー」 詞:宮本浩次

ノートとか日々のまなざしとか、いいですねえ。
最後の方には、

イージー 死は今もここに
イージー おとずれている
鮮やかな笑顔のうちに
イージー 共存している
(同上)

というくだりもあって、やさしいだけじゃなくて深い。
このあとに「もっとあなたを知りたい」って出てきて、
また「でも」って言って、「結論」って歌う。
宮本さんの十八番のモチーフかもしれないですね、この曲。
こういう揺らぐ男の思考がさまよう感じの詞を書かせたら、ほんとにすばらしいと思う。

「イージー」は、2010年のファンクラブ会員だけのライブ(コットンクラブの)でもやってました。
このライブは私は行ってないのですが、
アルバム「悪魔のささやき~そして、心に火を灯す旅~ 」の初回限定盤に映像が特典でついてましたね。

悪魔ツアーダイジェストシングル『ワインディングロード /東京からまんまで宇宙』の特典のTour Digest Movieを観ました。 シングルのオマケな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。