雑誌・書籍・WEB関連

東京新聞(エレカシとジミー・ペイジ)

今日はさわやかな秋晴れでした。先日の野音に一緒に行った友達と、野音を反すうするの集いと称して、一日散歩。

「無理だけど、あの野音を、落ち着いた気持ちでもう一回観たい」と言ったら、
「観れたとしても、やっぱり落ち着かないと思う」と冷静に言われました。

その通りなんだけど……。
1週間も経たないのに、もう記憶があやふやになってきて、
あそこはああだったよね、こうだったよね、
と、忘れないように、振り返り振り返り話しました。

—–
東京新聞を買って読みました。
「絶対に戻ってくる」の見出し。
新聞紙面で見ると、妙に説得力が増してる気がして、うれしくなりました。

そしてこの記事のすごいのは、ジミー・ペイジと抱き合わせで「熱いぜ 不屈のロック魂」!
なんてすばらしい並びなのでしょう!
記者の藤浪繁雄さん、ありがとうございます。
宮本さんのレッド・ツェッペリン好きを知ってか知らずか、
指をさしたジミー・ペイジが、「ミヤモト、まだまだやれるぜ」と言ってくれてるような、
そんな妄想すらかきたてるような、
ほんとに、こんな素敵な配置をしてくれて粋なはからいです。

—–
昨日はフジテレビの「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」で、
AMEMIYAが「今宵の月のように」、
マキタスポーツが「悲しみの果て」を1回戦で歌って、
エレカシが2回も登場しました。
http://www.fujitv.co.jp/utauma/backnumber/index.html
AMEMIYAは1回戦で負けてしまったけど、
マキタスポーツが1回戦突破し、それからは、俄然、マキタスポーツを応援し。
だから優勝して、親戚の人が優勝したみたいでほんとにうれしかったなあ。

マキタスポーツはもともと好きなんです。
作詞作曲モノマネがすばらしい。ちょっと下ネタに走ることもあるので、
好き嫌い分かれると思いますが、毒っ気あったり、でも人情に厚かったりして、私は結構好きです。

最近は映画「苦役列車」にもとても重要な役で出演されていました。
この劇中でも「襟裳岬」を歌ってて、これがまたしびれるほどいいシーンでした。
山下監督のTwitterによると、このシーンの曲として「ひとり咲き」も候補としてあって、
最後まで悩んだそうです。「ひとり咲き」は「歌うま」の2回戦で歌った曲でした。

マキタスポーツが決勝で歌ったのは、今年亡くなった尾崎紀世彦の「また逢う日まで」。
こうやって、マキタさんが歌った歌を並べてみると、単純に好きな歌というだけじゃない、
何か思い入れというものが伝わってくるようです。
エレカシはもともとお好きのようですが、もしかしたら今回のライブ休業のことも念頭にあったかもしれず、
「襟裳岬」「ひとり咲き」は、自身が出演した映画への想い、
「また逢う日まで」は昭和の名歌手に対するリスペクト。
……勝手な思いこみかもしれないけれど、マキタさんならやりかねないと思う。
マキタさんのそういうところが好きで、
だから、本当に今回優勝しておめでとう!と思いました。

—–
明日はテレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」でも少し野音のことが流れるようだし、
雑誌の露出もいろいろあるようですね。
こういうテレビや雑誌のチェック、いつも性根が入ってないというか、
見逃したとか、もう本屋に並んでなかったとか、
まったくついて行けてない私ですが、
今回ばかりはやはり、マメにチェックしようと思います。
ドキュメンタリーの「扉の向こう」、早稲田松竹あたりでリバイバル上映してくれないかな。
リクエストしてみようかな、とか結構まじで考えてみたりしてます。
「EPIC映像集」と2本立てしてくれたら、毎日のように通っちゃうんだけどな。

慣れる?(エレカシのない生活)爆音映画祭の最終決戦投票が昨日からはじまりました。 http://www.bakuon-bb.net/request_vote.php...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。