エレカシ・宮本ソロ_曲タイトル

はじめての僕デス

今日は合唱団時代の宮本浩次が歌ったという
「はじめての僕デス」がNHKで放送されました。

5分間の番組で、
「ユミちゃんの引越し~さよならツトム君~」うた:川橋啓史、大塚佳子
「はじめての僕デス」うた:宮本浩次
の2曲が流れました。



音源は聴いたことあったけど、
アニメをバックに聴くとまた新鮮でした。

この曲に合う子供(歌)っていうので選ばれたんだろうなあ。
当たり前なんですけど、さっき見ながら感心しました。
曲の雰囲気と歌いっぷりがぴったりすぎて。
「ユミちゃん~」の方も男の子が歌ってるけど、
どう考えても、この曲ではないなあと。
(引っ越しちゃったユミちゃんにお年玉ためて会いにいくよ、という歌。これはこれでかわいいけど)

もしかしたら、詞の内容は、宮本浩次に取材してませんか? というような気もしてきたりして。
アニメは団地のベランダみたいなシーンがあったり。
たまたまなのかなあ。

2009年「めざましTV」にエレカシが出たとき、
宮本浩次「≪わかってくれたらケッコウケッコウ≫というところを、
ッコウ ッコウ≫って歌っちゃってるんです。何かこう、(今と)通ずるものを感じます」
めざましTV 2009/11/9

と宮本さん自身が振り返って語っていました。
本当に、ロック歌手・宮本浩次の片鱗がそこかしこにありました。

—–
2009年のめざましTVは11月の放映で、
10月の野音の密着あり、電車に乗る先生の姿あり、短いコーナーだったけど
なかなかてんこもりな内容でした。椎名林檎や大杉漣のコメントもあったり。

野音は雨だったので、2daysの1日目ですね。
その野音の後の打ち上げにもカメラが入って、
和食屋っぽい座敷の宴席で蔦谷さんとミッキーに挟まれた席で
挨拶をする宮本さんの姿がありました。

宮本浩次「これからも僕らずっとやっていくんですけど
他にやることないですから基本的に。
何の楽しみもない…
逆に幸せなことなんですけど
死ぬまでよろしくお願いします」
めざましTV 2009/11/9

今週はじめの休止騒動があってから、この「他にやることないですから」の言葉を
ぼんやり思い出してて、どこで言ってたんだろうとずっと考えていたのですが、
「はじめての僕デス」が引き寄せてくれました。
でも今聞くとつらい。
つらいけど、一方で、大丈夫、とも思いました。
「逆に幸せ」と言い切っちゃうこの気概。大丈夫じゃないわけがない。
と信じたいです。

エレカシと電車雑誌「Rolling Stone」で、宮本さんは「病気の後、山手線とか乗ると、やたら感動するんですよ」と言ってましたが、 けっこう宮本...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。