年別活動振り返り

2017年(エレカシのリリース、ライブなどを振り返る)

リリース

2017.03.21 BEST ALBUM 30th Anniversary 「All Time Best Album THE FIGHTING MAN 」
2017.07.26 49th SINGLE『風と共に』(c/w「ベイベー明日は俺の夢」)
2017.07.26 Blu-ray/DVD ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ ~1988/09/10 渋谷公会堂~』
おはよう こんにちは/浮き草/デーデ/星の砂/夢の中で/ゴクロウサン/ふわふわ/習わぬ経を読む男/ああ流浪の民よ/ポリスター/やさしさ/花男/ファイティングマン/待つ男
2017.11.08 50th SINGLE『RESTART / 今を歌え』
2017.11.08  Blu-ray/DVD『デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!”大阪城ホール』

MV

風と共に
RESTART
今を歌え

ライブ

1月6日(金) 日本武道館 (新春ライブ 2017 日本武道館)
30th ANNIVERSARY TOUR 2017 “THE FIGHTING MAN”(バンド史上初の47都道府県ツアー)
など

ライブ映像

Blu-ray/DVD『デビュー30周年記念コンサート”さらにドーンと行くぜ!”大阪城ホール』
  • ファイティングマン/デーデ/新しい季節へキミと/悲しみの果て/今宵の月のように/戦う男/ふたりの冬/翳りゆく部屋/リッスントゥザミュージック/風に吹かれて/ハナウタ 〜遠い昔からの物語〜/桜の花、舞い上がる道を/3210/RAINBOW/ガストロンジャー/やさしさ/四月の風/ズレてる方がいい/俺たちの明日/奴隷天国/珍奇男/Under the sky/コール アンド レスポンス/笑顔の未来へ/TEKUMAKUMAYAKON/so many people/夢を追う旅人/花男/友達がいるのさ/おはよう こんにちは/待つ男
    (2017/3/21 大阪城ホール)

ライブ音源

◇風と共に(初回限定盤)特典
  • 季節へキミと/悲しみの果て/星の砂/はじまりは今/笑顔の未来へ/夢を追う旅人/俺たちの明日/東京ジェラシィ/i am hungry/so many people/ファイティングマン/涙
    (2017/1/6 日本武道館)
◇RESTART/今を歌え(初回限定盤)
  • 悲しみの果て/涙の数だけ/おまえはどこだ/曙光/too fine life/秋ーさらば遠い夢よー/真夏の星空は少しブルー/月の夜/武蔵野/男餓鬼道空っ風/シグナル/パワー・イン・ザ・ワールド/男は行く/風と共に
    (2017/9/18 日比谷野外大音楽堂 )

2017年のトピック

1988年3月21日がデビュー日ということで、2017年3月21日から2018年3月21日までが30周年イヤーとなり、エレカシ界隈はかつてないほどの盛り上がりを見せました。
というか、まだ盛り上がりのまっただなか。

来る3月17日、18日のさいたまスーパーアリーナ公演2日間がこのアニバーサリーイヤーを締めくくるファイナル公演になります。

30周年イヤー

47都道府県ツアー、ご当地T、そしてご当地ハンコ

2017年の年明け早々に送られたPAO。
そこにドーンと告知されていたのが、バンド史上初の47都道府県ツアー実施、というニュースでした。

本当にびっくりしました。
エレカシは実は、ライブの本数をものすごくやるバンドではないのです。ライブの一本一本は濃ゆいんですけど。だからこそなのかもしれないんですけど。全国数か所で終わるという規模のツアーも、実際多かったように思います。

なので、そうか、そうきたか! とこの報せはとても驚きだったし、もちろん嬉しくもあったし、しかも4月から12月にわたる長期間、週末土日を中心に組まれたスケジュールが壮観で、そのPAOの紙面をどれだけ眺めたことでしょうか・・・そして早々にPAOの会員先行にエントリーしなくてはならず、どの公演に行くか、悩みに悩んだのも年のはじめのことでした。

で、このツアーで大きな話題になったのが、ご当地ごとにデザインされたTシャツとハンコ。

Tシャツは、前面に「エレカシ」、背面に「北区」「千葉」「神奈川」等、地名をプリント。

ハンコは、ご当地の名物、銘品をあしらったもので、
Tシャツの色とハンコのデザインが発表されるのが毎回毎回楽しみでした。

特にハンコはかわいかった!
エレカシグッズ史上、一番めんこかったんじゃないでしょうか。もともとエレカシにかわいさは求めてないけれど、いやーかわいいものはかわいい。癒されました。ありがとう、ハンコ。

20170320大阪城_バンド黒2

40年ぶりの「みんなのうた」

エレカシの「風と共に」が「みんなのうた」に、というニュースも驚きました。これはもう、静かに驚くというか。

40年ぶりに再び「みんなのうた」を歌う宮本浩次という人もすごいけど、それをオファーするNHKもすごい。

考えれば考えるほど他の人にはなし得ないすごいことだと思って、静かにしみじみとその物語に感動したのでした。


「風と共に」は加藤久仁生さんの透明感のあるアニメーションをバックに、6月、7月の「みんなのうた」としてオンエアされ、シングルのジャケットも加藤久仁生さんのイラストでした。

紅白初出場

忘れもしない2017年11月16日。エレカシの紅白初出場がついに発表されました。
「SONGS」や「the Covers」、そして「みんなのうた」など、NHKとの蜜月ぶりに、エレカシ紅白くるかも、という空気はそこかしこであったものの、こればかりは実際決まるまでは何とも言えないしなあ、などと、はやる気持ちを抑えつつやきもきしていたのですが………

私はその朝ツイッターも見ていなくて、メールで教えてもらって、満員電車の中でスマホを落としそうになるくらいびっくり&喜んだのでありました。
ほんとにうれしかったなーー

演奏されたのは「今宵の月のように」。司会の嵐の人にトークをばっさり切り上げられながらも(でもヤな感じが全然なくさすがの司会さばき)、渾身の歌と演奏で熱い熱いステージをお茶の間に披露したのでした。もうあの、いい大人がだいぶ年下の司会者にいなされる感じ(笑)と、その後の激烈にかっこいいパフォーマンスのギャップ。あの魅力はきっと剛速球で視聴者のココロに届いたに違いないと思います。


白組の圧勝に終わって宮本さんは満面の笑顔、エレカシの時の視聴率もベストテンに入ったそうだし、紅白という最高の晴れの舞台で2017年という一年を締めくくったのでした。

侘助的回想

2017年は話題がありすぎて絞り切れません!

ここ数年ブログを書くようになってから、エレカシ界隈のトピックをおよそ一年ごとに備忘録として残すようにしているのですが、2017年のページはそれがすごく長い。巻物のように長い。

例年、エレカシの冬は話題が少なく、シーーーン。とするのが常なのですが、さすがに30周年は違った。2月から「スッキリ」に出たりラジオにマンスリーで登場したりラジオドラマに出演したり。続々と告知情報がありました。

カバーズで「赤いスイートピー」を絶叫したのは3月、ほどなくして初の大阪城ホール、その前後にオールタイムベストリリース、池袋パルコで写真展開催。

4月からはツアーが地元北区の北とぴあから始まり、7月の沖縄公演で前半戦を終了したあと、

夏はフェスに毎週のように登場、8月には「あさイチ」出演(この時ちらっと場を共にした高橋一生氏と時を経て紅白、さらにはトリビュートで縁があるとはこの時は予想できず!)、待望のエレカシ本続編が上下巻でロッキングオン社から発売、

9月には恒例の日比谷野音、そしてすぐにツアー後半戦が名古屋からスタート、12月の富山公演までかけぬけ、大晦日の紅白歌合戦。


はー。ほんとにすごい一年でした。

個人的にも、エレカシのワンマンライブにこんなに行った年もなかったし、テレビに雑誌にラジオ、露出情報をチェックするのにこんなに忙しかった年もありません。

しかしやっぱり紅白は嬉しかったですねぇ
なんでしょうか、紅白でこんなに嬉しいなんて

普段紅白なんてほとんど見てないというのに、エレカシにとっての紅白はやっぱり特別なんです。

●じゃあこのエレファントカシマシっていうバンドって、今の宮本くんからすると何?
宮本浩次「…………もうちょっと売りたかったねえ」
●(笑)
宮本「悔しいよ。精いっぱいやりたいなと思いますね。ほんと精一杯やらないとまずいよね。っていうふうにはすごく思います。(中略)だからそのくらいの意気込みでやって、売れなかったらしょうがないっていうところで、この30周年が終わったら、もう一回スタートするべきなんだよ。って思ってます」

ROCKIN’ ON JAPAN 2017年5月号

30周年イヤーが始まったばかりの頃のインタビューですけど、結構プレッシャーがあったんだな、とこういうのを読むと思ったりします。背水の陣というか。
「悔しいよ」という一言が本当に胸に迫る。

売れる。いい曲を書き歌う、というのと、実は同じくらいの重みがあるのかもしれません。長年格闘してきた祈りにも近いもの。
こういう言葉(「悔しい」)を妙に覚えていたので、30周年イヤーの、人気がじわじわと上がっていくようすを眺めるのは、ファンとしてもしみじみとうれしいものがありました。
(チケットがとりづらくなるのは痛し痒しなんですけど笑)

あんなに待ち遠しかったさいたまスーパーアリーナ公演も目の前。しかも2日間もあるなんて、もうそわそわ指数がMAX振り切れております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。