テレビ・ラジオ・映像関連

2020.12.27「the Covers’ Fes. 2020」(寺尾聡の言葉)(感想)

「the Covers’ Fes. 2020」を見ました。
生演奏、しかも客入れしているライブはやっぱりよいです。
テレビで見ててもやっぱりいいもんだ。全然違う。(ライブについて客入れしているかしてないかをいちいち言うことになるなんて。。さびしいなあ)
宮本さんもいつにも増して張り切ってて、気持ちよさそうに歌う姿に、見るだけでこちらも幸せな気持ちになりました。

番組内容

MC:リリー・フランキー、池田エライザ/レジェンド寺尾聰が、NHKホールに降臨!歌い継がれる名曲「ルビーの指環」「出航 SASURAI」を!おんな唄カバーが話題の宮本浩次が、ちあきなおみ・久保田早紀ヒット曲を熱唱!秦基博×ユーミン朝ドラ名曲カバー、鬼束ちひろ・氷川きよしは、80年代&90年代の大ヒットナンバーをカバー!更に、GLIM SPANKY×ユーミン名曲など、ヒット曲オンパレードでお届け
The Covers 公式サイトより

出演者

鬼束ちひろ
GLIM SPANKY
秦 基博
氷川きよし
宮本浩次
寺尾聰(LEGEND Guest)
MC:リリー・フランキー、池田エライザ

宮本浩次演奏曲

「喝采」(ちあきなおみカバー)
「異邦人」(久保田早紀カバー)
「ハレルヤ」

会場

NHKホール

SNS、Web記事等

WHAT’s IN?/宮本浩次と寺尾 聰~日本のスタンダードとレジェンドが登場したNHKの『カバーズフェス2020』で観た二人!
ORICON MUSIC/『The Covers Fes 2020』放送直前、パフォーマンス曲&歌唱写真一挙公開(演奏曲一覧)
Real Sound/リリー・フランキー&池田エライザが語る、『The Covers』が伝える“音楽の豊かさ”「誰かが歌い継ぐ限りその歌は生き続ける」

感想

司会のリリー・フランキーと池田エライザに呼び込まれ、トップバッターは宮本浩次。「喝采」を歌います。
黒いシャツにに黒いタイ。黒ずくめの衣装。サビを歌い上げると客席に視線をじっと置き、思いをためて深々とおじぎ。

時々映る客席は人もまばらで、あれは5割も入れていないと思うけれど、それでも人前で歌う宮本さんは、しみじみと嬉しそうでした。《歌ってる》とサビの終わりをもう一度繰り返したのは、その心情が自然と歌唱にあらわれたせいかもしれません。

レジェンドゲストとして寺尾聡が登場。「HABANA EXPRESS」「出航 SASURAI」の2曲を披露した後、寺尾さんはリリーさんたちのトークブースに呼び込まれます。
”「ルビーの指環」制作秘話”から宮本さんもトークに加わりました。

宮本「かっこよかったです。画像を通して寺尾さんのライブ見てたんですけど、あらためてすごい。かっこよかったです(と寺尾さんに一礼)」
2020.12.27「the Covers’ Fes. 2020」

宮本さんは寺尾さんのステージにかなり感銘を受けたようす。
「ルビーの指環」はラーメン屋のマッチ箱をシャカシャカさせながら作った、と話す寺尾さんをきらきらのまなざしで見入る宮本さん。リアルタイムで聴いていた少年時代に戻ったかのようです。

トーク終了後、寺尾さんが「ルビーの指環」の歌に行く途中、宮本さんに肩トントンして何やら小声で話しかけます。こちらには聞こえない。宮本さんは笑顔。

「異邦人」の前、再びトークブースに登場した宮本浩次。
椅子から立ち上がり、「いや~~」と何かをかみしめるように目をつむり、

宮本「さっき、あの~~~、寺尾聡さんが、「お前、歌うめえなあ」って。(”肩たたいて言うんすよ”のゼスチャー)」
2020.12.27「the Covers’ Fes. 2020」

リリーさんの方に向いたまま、しばし無言で立ち尽くす宮本さん。会場拍手。
「(”肩たたいて言うんすよ”のゼスチャー)」このところのニュアンス、わかっていただけますか。喜びのあまり、声になってない。ちょっと放心したように。こういう雰囲気の宮本さんもめずらしい気がする。
このシーンが一番印象的でした。ほんとにうれしかったんですね。

宮本「『お前、エレファントカシマシよ。バンドマンだろ。大事にしなきゃだめだぜ』っていうことをね。なんかちょっとうれしいですよね。『君の歌は楽しみだぜ。両方やったらいいんじゃないか』って」
2020.12.27「the Covers’ Fes. 2020」

寺尾さんに言われたみたいです。
両方、というのはバンドもソロも、ということなのかな。
「エレファントカシマシよ」と言ったってことは、エレカシのことを知ってるってことですよね。寺尾さん憎からず思っているんだろうか。

「大事にしなきゃだめだぜ」

ソロ活動のさなか、宮本さんはこの言葉を一体どういうふうに受け止めたんだろう。
寺尾さんもどういう意図で言ったんでしょうね。
最初バンドで活動を始め、俳優をやり、ソロでヒット曲を出し・・・といろんなかたちで活動をされてきた寺尾さんには、なにか直感的に感じるものがあったのだろうか。

「異邦人」に続けて「ハレルヤ」。
広いステージでひざまづいたりエライザさんに近づいたり、パワフルな熱のこもったステージ。《あとは哀しみをもて余す異邦人》のあと、アップになった宮本さんの表情が最高でした。
こういうの見ちゃうと、ライブの飢餓感がつのります!!

エライザさんの「ゴッドファーザー愛のテーマ」もよかったし、秦くんの「春よ、来い」も沁みてしかたなかったし、リリーさんのゲストをいじるライトなドS感もたのしかったし、カバフェスはやっぱりいいですね。

寺尾聡というレジェンド級の大先輩を目の当たりにして、宮本さんもすごく刺激になったんだろうな。

しかし「ルビーの指環」はかっこよかった。名曲だった。今さらながら。古びない。寺尾聡、かっこよかった。ステージを楽しそうにやっているのもよかった。「大事にしなきゃだめだぜ」。「だぜ」を言っていやみなくはまる人。かっこいい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。