ライブ関連

2016.10.01,10.02 エレカシ Zepp Namba(ライブレポ)

大阪に行ってきました。

2016.10.01,10.02 エレカシ Zepp Namba セットリスト

※ ( )内は2日目

《1部》
1. ハロー人生!!(俺の道)
2. ズレてる方がいい
3. クレッシェンド・デミネンド-陽気なる逃亡者たる君へ-(未来の生命体)
4. TEKUMAKUMAYAKON
5. 星の砂
6. 悲しみの果て
7. なからん
8. Destiny
9. 愛すべき今日
10. デーデ
11. DJ in my life
12. おかみさん
13. リッスントゥザミュージック
14. 世界伝統のマスター馬鹿
15. i am hungry
16. 風に吹かれて
17. コール アンド レスポンス
18. RAINBOW
19. 生命賛歌
《2部》
(旅)
20. 笑顔の未来へ
21. 夢を追う旅人
22. 俺たちの明日
23. ガストロンジャー
24. ファイティングマン
En.
25. 戦う男(so many people)
26. 四月の風
(花男)

・約10分押しでメンバー登場。キーボードなし。サポートはヒラマさんのみ。宮本さん黒シャツに黒ジャケ。石くんは例のハットに髪をきれいに入れ込んでいる。

・1曲目はミヤジのリフで始まった「ハロー人生!!」。1曲目からこれか! 意外な選曲に会場、狂喜乱舞。一瞬にして場の温度が上がる。《21世紀今日現在この東京じゃあ》の《東京》を2番は《大阪》に変えて。思えば、一曲目のこの曲がこのライブを象徴していたような。

・「クレッシェンドデミネンド~」。これもまさかの選曲!(←うれしい)赤い照明。トミ祭り。タム回しにほれぼれ。テンポが加速する。ミヤジが特にあおっているわけでもない。バンドの自然の呼吸で演奏が進む。かっこいい。かっこいいにも程がある。
間奏は石くんのギターソロにミヤジが合わせて歌う。ギュインギュイン! チョーキングvs歌唱!
この日ハイライトはいつくかあったけど、この曲はそのひとつ。曲終わりで、後ろの人がたまらんといった感じで「かっこいいー!」と歓声を上げる(わかるわかる!)

・2日目の3曲目は「未来の生命体」で、もうこうなったら3曲目はすべて「DEAD OR ALIVE」からにしていただいても全然! と密かに念を送る。

・「Destiny」、「愛すべき今日」、宮本さんはハンドマイクではなく、ギターを弾きながら。

・「RAINBOWのアルバムにも入ってて、思い入れのある曲」というMCから「愛すべき今日」。
アレンジを変えたせいか、1日目の序盤は、自分も含めたギター三人の様子を気を付けて見ながら慎重にしていたが、だんだん歌に入り込んでいく。目をつむり、ていねいにじっくり歌う前半から、徐々に盛り上がり、後半は激しく白目むいて歌う。ギターのストロークの手の振りがどんどん角度を広げ勢いを増す。
メロディに起伏があって、大サビ→間奏で音数少なく……といった、楽曲の構成の妙もあると思うけれど、こういう曲がバンドでバシッとはまるとすごいことになる。ということが聴いていてよくわかった。歌の抑揚、情緒と演奏の緩急が一体になって、バンド全体で呼吸し歌を歌っているような。バンドの息遣いが聞こえてくるようなプレイ。「愛すべき今日」、すごくよかったです。

・「なからん」の前半の、裏声が本当にきれい。あの透明感たるや50歳の声とは思えない。後半はハリのある地声と混ぜつつ、歌唱の手触りを変えていく。盛り上がりのトミのドラムがかっこよすぎ。目が離せない。

・「なからん」のあと、メンバー紹介。おもむろに石くんのピックを持つ右手を掴んで頭上に上げ、なぜか指を強引に広げ(白いピックが落っこちる)、一本指(人差し指)を天に突き立てさせ、客席にアピール。その時のミヤジの笑顔が反則。ああいう時「1年6組」の笑顔がぽろっと出るのですね。

・総合司会は一曲一曲終わるたびにお辞儀している。「TEKUMAKUMAYAKON」で、最後歌い切る→見得を切る(どや!)→しばらくの間→小さくお辞儀→「ありがとうございます」と言った流れが、大変ツボでした。

・石くんのうなじがきれい。

・2日目、どこかのMC。大意→「9/17,18に日比谷野音というところでコンサートをしたんだけど、2日やったので、喉が結構な熱を持ってしまって(喉に手を当てる)。打ち上げでお酒どうしようかな、お酒は強くはないけど、せっかくだしと思って少し飲んだら、声が出なくなっちゃったんです。なんで、こんな話してるんだろう。でも、なんかフレンドリーな感じだから話しちゃう。で、これは大人っぽい話になっちやうんだけど、それから2週間禁酒したら、また声が出るようになったんです!」
宮本さんが上手側、石くん、ミッキーの方に「こんな感じでいいでしようか?」と言うと、ミッキーが異様にウケてニッコニコでした。

・「DJ in my life」のイントロ、うぎゃー!と音だけで体が反応する。反応するも、あれ、タイトルなんだっけ、と2秒くらい考え、ああっ!DJだ!!とあらためてうぎゃーとなる(←わたしの中のあるある)。この激シブで横ノリな曲が、この日のゴリっとしたロックな曲たちの中で、いい意味で異彩を放っていて、中盤ですごくいいアクセントだったなあ…余白が多い歌詞で、その分音に乗った時の広がりがハンパない。悶々の中の不思議な肯定感。背中を押される感じ。沁みた~。

・「おかみさん」はなんといっても、石くんのボウイング奏法? 弓で弾いちゃう、例のジミー・ペイジのやつ。
2日目は、総合司会が石くんの帽子を取っ払って、野音に引き続きまたしゅるしゅると赤毛の三つ編みのお披露目。弓に続いて大サービスのコーナー。曲が終わった後、しばらく客席が騒然としていました。

・なぜか「最後の曲ではありません!」と言って「コール アンド レスポンス」。この曲はまったくやらない時期があったんだけど、ここのところまたわりとやっている。今回のはリリース当時の空気感を思い出した。ゾクゾクするようなかっこよさ。「死刑宣告」というパンチラインがあるから、そっちで語られることが多いけど、本当にこの曲は音がかっこいい(今更ながら)。死刑宣告の前の間奏のところ、リズムの効いたギターリフ→ギターソロ、空気一転、真っ赤な血のような照明、死刑宣告。死刑宣告の前に、ミヤジが軽く笑っていた。ひー。2日目は後半のたたみかけで「チクタク、チクタク!」と絶叫。

・この流れでやった「RAINBOW」はこの世のものとは思えないほどえらいことになっていたんだけど、特に2日目の「RAINBOW」終わりの歓声がちょっと異様にすごかった。ばしっと歌が終わり、間髪入れずにワーッ! その歓声でぐっときちゃうくらいの。宮本さんも驚いたのか、うれしかったのか、次の曲入りで客席に向かって「かっこいいぜ!」と言っていた。

・「生命賛歌」。下手側のステージギリギリ前に出てきた石くん、例の名イントロを弾く。そのリフをMAX歪んだ音でヒラマさんが引き継ぐ。客席の盛り上がり炸裂。
Aメロが終わったところで、「きややああぁぁぁ…」と悲鳴のような黄色い声が上がる。圧倒されて体が固まりそうになる。3年前の大阪野音、伝説の「生命賛歌」がよみがえる。

・総合司会が「染之助、染太郎でございます」と唐突に。

・2日目、2部の最初は「旅」。これもほんとにかっこよかった! 「かっこいい」の受容体がもうぱつんぱつん。今回は鍵盤なしのせいかバンドでやって映える選曲という感じだったのかな。「Destiny」「愛すべき今日」は、宮本さんがギターを持ち、アレンジを変えてて、「笑顔の未来へ」は、ヒラマさんが鍵盤の部分をギターでやっていた。

・「俺たちの明日」の最後のサビで、なぜか急にしみじみとしてしまい、拳も上げず、こういう曲を、仲間たちと一緒にやれるっていいなあ、いい曲だなあ、とステージをゆっくりながめた時、ふと、石くんの赤毛の三つ編みに気付き(すでにわかってたけど、その日のライブがあまりにすごくて、それどころではなかった)、淡々と三つ編み姿でプレイする石くんを見るにつけ、もう尋常じゃないツボにはまり、そしてまた再びじーんとして、やっぱり、こういうところがたまんないなあ、いいバンドだなあとまたしみじみしてしまった。

・2日目の「ガストロンジャー」。歌の人の動きがカクカクしていて、ちょっともうこれ以上、ツボを押さないでと思いつつ、そういうのも忘れさすくらいのかっこいいガストロンジャーで。超高速で「ゼップナンバ!ゼップナンバ!」を繰り返し絶叫し、もはや「ゼップナンバ」の音(おん)が崩れるくらいの早口で、こっちは笑いの中枢がおかしくなりそうになりつつ、そんなツボてんこ盛りでも、悶絶レベルのかっこよさ。どういうことじゃ。あーすごかった。

・2日目、アンコールの最初は「so many people」。ミヤジがアルペジオでつまびき、コード感でその曲とわかる。熱気うずまく客席に、これ以上ボルテージ上げてどうするの?と思いつつ、大好きな曲なので素直にノリノリで楽しむ。それまでを凌ぐ最強の盛り上がり。エンディングのフィルが超短く、ザクッとタイトに締め。かっこよすぎて、「かっこいい~」と口の中でひとりごちる(という場面が今回はたくさん)

・2日目の最後。「四月の風」が終わって、ミヤジがギターを肩からおろしたらすぐに始まった「花男」。ほんとにすぐに始まった。嗚呼。「花男」にめっぽう弱い私は大興奮。最後の渾身の「さ・よ・お・な・ら!」。フロアでみんなが力いっぱい広げた手のひらが壮観で、今も脳裏に焼き付いて離れない。

・最後は、みんな前に出て客席にあいさつ。1日目は宮本さんが、トミの両腕を二人羽織みたいにして上げ、\(^o^)/こんな感じで。そのあと、成ちゃん、石くん、ミッキーも。みんなニコニコしてほんとにいい顔してました。

——
ツアーが始まったばかりなのですが、
とてもいいライブだったので、少しだけメモしてみました。
両日参加したため、混ぜこぜですが…

大阪、とても盛り上がりました。
2日目なんて、ツアー序盤とは思えない、千秋楽といってもおかしくない盛り上がり。
過去の大阪の2013年の大阪野音とか(「生命賛歌の)、2014年の延期公演(「花男」)を彷彿とさせるような、個人的にはぐっとくる場面もたくさんありました。

なんてったって「ハロー人生!!」で始まるライブですからね。
すごくロックな手触りの後味のライブだったけど、
セトリを見ると意外とポップな曲も多くて、それがいい感じで化けてて、他のどっぷりロックな曲といい塩梅に絡まりあって、最初から最後までかっこよかったし、客席の空気も良くほんとに楽しめました。

いずれは四人で。アルバムもライブも。究極はやっぱりそこを目指してるんだろうなあ。しっかりその方向に向き始めたのかなあ。なんてこともちょっと思ったりしました。見てて。

あと3箇所、5公演。
今週末はいよいよ名古屋。
またちょこっとずつ曲が変わるのかな。
今のエレカシ、脂のりきっててほんとにいい状態だと思いました。ライブの空気感がほんとにいい。
今後の展開が楽しみです♪

大阪1日目が終わってロビーに出たら、
城ホール公演のポスターがあちこちに貼り出されてました。

自身初となる大阪城ホール公演の開催が決定しました!!
デビュー30周年記念コンサートとして、ここから30周年イヤーをスタートします!!
オフィシャルHPチケット先行受付も決定!! 
「デビュー30周年記念コンサート “さらにドーンと行くぜ!”」
公演日・開場/開演 2017年3月20日(月・祝) 16:00/17:00
会場: 大阪城ホール
チケット一般発売: 2017年1月28日(土) 
お問い合わせ: キョードーインフォメーション 0570-200-888 (全日 10:00~18:00)

コンサートタイトルにこんなくだけたのが付くのって初めてのような。
でもいいと思います\(^o^)/ グッズに期待♪(「ドーン」関係)

30周年、一体どんな感じになるんでしょう。
もういろいろ企画は進んでるんだろうな。
あれもしてほしいしこれもしてほしいし、あれもこれもあれもこれも…(貪欲につぐ貪欲) 期待がふくらみます!

DJ in my life森鴎外の『山椒大夫』の話をもう少し。しつこくてすみません。 ラストの、厨子王が母に再会するシーンで、 そのとき干した貝が水にほとびる...

POSTED COMMENT

  1. 侘助 より:

    鍵コメさま、こんにちは。
    そうなんです、ちょっとお休みしていまして…またちょっとずつですがやっております(^_^) お読みいただいていたのですね。ありがとうございますm(._.)m
    大阪、よかったですね! 熱気がほんとにすごかった。いいライブで、これからも時々思い出すだろうなぁ…というくらい、とても忘れがたい2日間になりました。
    自粛ムード… たしかに…(書いちゃったけど)
    私はライブのことを書くのに苦手意識があって…こんなにズラズラ書いておいてナニなのですが(笑)、記憶力も悪いし、「かっこよかった」しか出てこないし(「かっこいい」を多彩に表現できる類語辞典がったら欲しい!)、でも、最近はそんな自分にも諦めモードなので、割り切って、自分が感じたこと、覚えていることだけを書こうと思い…
    要は…ぼちぼちやろうと(笑)。こんな感じですがお付き合いくださいませ(^_^)
    私は名古屋は行かず東京で終わりなのですが、きっとこれからの公演も激アツなんでしょうね!
    ツアーを終え、新春、大阪城ホールと、とてもいい空気感で30周年イヤーがやってきますね♪

  2. しょうたろー より:

    ゼップなんばに2日間行きました。私の地元なので今、エレカシのメンバーが大阪にいるんだーと思ったら朝からワクワクしてました。DJ in my lifeを初めて生で聴けて嬉しかったです。

  3. 侘助 より:

    しょうたろーさん、ゼップナンバよかったですね!
    私は、大阪は所用があって時々行くんですけど、大阪はすごく盛り上がるし、思い出深いライブが多いです。
    DJ、私も聴けて嬉しかったです!いい曲ですよね〜

  4. 侘助 より:

    鍵コメさま、ご無沙汰してます!
    そうなんです、しばらくもぐっていたのですが… エレ活はしておりました(^_^)
    大阪行かれてたんですね♪ 大阪よかったですね!(大阪のライブだいすき)
    週末はいよいよ東京…もう目の前です! 電車の乱れなどありませんように…東京はどんな感じになるんでしょうね〜きっとドーンとやってくれますよね♪
    楽しみましょう(^○^)
    ぜひまた寄ってくださいね〜〜!

  5. 侘助 より:

    鍵コメさま。こんにちは!
    東京2日間参加しました〜 鍵コメさまは2日目だったんですね! とっても盛り上がりましたよね!!
    ツアー途中で初参加の場合、私もできるだけSNSとか見ないようにしてるから、そうそう、拷問ですよね笑。わかります。
    知りたくないけど知りたい!知りたいけど知りたくない!どっちやねん!みたいな…
    「クレッシェンドデミネンド…」は、あーれはもうたまらんですよねえ。
    今回のツアーの思い出をビンに詰めて、忘れがたい曲をラベルに書き残すなら、「クレッシェンドデミネンド…」、これは絶対にはずせません!
    「おかみさん」もすごかったですねー! 何気にサービス精神炸裂してましたね(石くんの赤毛といい)
    「DJ in my life」もよかった! これもラベルに書かないと!
    「さよならパーティー」もよかった! いい位置にやってくれてゾクゾクしましたねぇ
    ほんと、曲目見ながら1曲ずつ語れますね〜
    最後のごあいさつも、すてきな笑顔でいい佇まいのバンドの皆さんでした…
    カウントダウンは、一体なんでしょう?? 楽しみすぎますね〜 ドキドキ!
    「ありふれた女の幸福論」はURLだけメモしてまだ読んでませんでした〜! ありがとうございます。これは何回かあるんですね。読むのが楽しみです。
    TVブロスは買ってしまいました! 岩井さんとの対談でしたよね。面白かった! 映画の中でもすごいインパクトだったので、岩井さん気になってたんです。お芝居の人だったんですね(←芝居に疎い)
    いろいろありがとうございますm(._.)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。