エレカシ・宮本ソロ_曲タイトル

「愛すべき今日」配信開始&マンガの話

エレカシ始動の情報が続々と出てきております。
情報解禁されたりされてなかったりなので気をつけなきゃ、
というところなのですが、
とりあえず新曲「愛すべき今日」を早速ダウンロードいたしました。
レコチョク/iTunes



昨日帰り道に音源落として、電車でぐるぐる。
何度か聴きまして……じわじわきております。
歌詞の断片が、今年の新春武道館で聴いた新曲と重なるけれど、
曲自体は違いますね…

Aメロから始まりサビに向けて、どんだけ上がるねん!という感じの、
ほんとに広い音域。ダイナミック。ほかに誰が歌えよう。
聴いてると自然と景色が浮かんできます。
《彼は》とか《あなた》とか微妙に視線の角度が変わって、
奥行きを感じます。距離感が遠くなったり近くなったり、変化させながら、大きな何かを包み込む感じ。

ドラマチックなサビもいいけど、
抑えた感じのAメロがすごく好きです。
かつてあそこまで湿気のないフレーズがエレカシの曲であったろうか。
軽みのある明るさが逆に泣ける。
合間に入るチリン? あのはかなげなかわいらしい音は一体なんですかもうー

アウトロのコーラスワークも、エレカシだとちょっと新鮮な感じ。
歌詞の世界も、音も、ちょっとずつ新しい。
ちょっとずつって、あれかな、でも、らせん階段を一段一段昇っているような感じがする。
これからまたしっかり聴きこもう。
《なみだ~》のところ、たまらんですね。大サビもいいですね。

—–
ある信用する情報筋から情報を得、あるマンガに出会いました。

入江喜和「たそがれたかこ」

タイトルも作家も知らなかったのですが、
気になってぐぐってみたら、なんと、漫画家、新井英樹氏の奥さまであるという。

新井さんと言えば、2013年のドキュメンタリーにも出演され、
カヴァーアルバム2のジャケットも手掛けてらっしゃるお方です。

25 years of the fighting men’s chronicle 劇場版 エレファントカシマシ ディレクターズカット

エレファントカシマシ カヴァーアルバム2~A Tribute to The Elephant Kashimashi~

一気に入江喜和という人への興味がわいたので、
さらにぐぐり、ブログや関連記事を読んでみました。
ブログの文章がすごく面白くて、
さらには入江さんもかなりなエレカシファンであることがわかり、気になる度がMAXに達したので、
翌日には「たそがれたかこ」を購入。

これが面白かった!
久々にマンガを買って読んだけど、ほんとに面白かった。

たかこさんはバツイチ、45歳。
一緒に暮らす母にイラッときたり、職場になじめなかったり煮詰まり気味の毎日。
そんなたかこさんがラジオから流れてきたロックバンドの歌にがしっとわしづかまれ…
というようなお話。

この作品の惹句としては

1. ふんばりどきをふんばる人に
2. たかこ45歳、若い歌うたいに恋をする!

などなどあるんですけど、
1が縦糸で、2が横糸という感じかな?
横糸の話は、イタくもあり、切なくもあり、
「わしづかまれる」描写が本当にわかるわかるわかるわぁ~~というエピソードだらけで笑えて泣ける。
最新巻の5巻を読み終えた時点では、縦糸である、
たかこの娘・一花の話が結構な太い糸でつむがれてます。
ヘビーな展開です。
もう、一花ちゃんが心配でなりません(もはや遠い親戚を心配するような気持ち)。

4巻に「ライブ入門初心者編」という回があって、
フラメンコ教室を営むミヤコちゃんがライブに行くときの心構えをレクチャーしてくれるんだけど、
これがすばらしい。まじで実践的。
またミヤコちゃんのキャラが濃い!大好き!(登場シーンで吹いた)

脇役が皆すてきなんです。
居酒屋のマスターも、公平くんも、元ダンナも、黒インコも、馬場さんも、
みんなほんとにチャーミングなので、また出てこないかな~と再登場を待ち焦がれるほど。

ちなみに出てくるバンドはエレカシ寄りではなく、若いバンドの設定。
でも、エレカシファンにはわかる、わかるよ! というディテイルも時々あったりします。
エレカシだけじゃなく、ここら界隈のバンド好きにはたまらない、にやにやしちゃうツボ満載。
でも多分、若いバンドっていう設定がいいんですね。
若いバンド+そのファン、という若者たちを見るたびに、
たかこさんが娘に思いをはせる場面でいつもぐっときます。

いい作品に出合うとほんとにいい気分になります。
世界がぱぁっと明るくなる。生活を彩ってくれます。音楽もそうだけど、マンガもそうですねえ。
久々にこの感触を味わいました。
うれしい。(しかも、まだ連載が続いている!)

2017.01.06 《エレカシ新春》 日本武道館(ライブレポ)2017.01.06  日本武道館 セットリスト (第1部) 01.夢のちまた 02.今はここが真ん中さ! 03.新しい季節へキ...

POSTED COMMENT

  1. 侘助 より:

    鍵コメさま、こんばんは!
    ほんとに、聴けば聴くほどしみてくる曲ですよね。
    最初のほうの、イエ、のところ、わかりますよー(^^)
    いいですよねえ。
    今回は待ちが長かった分、新曲が聴けるしあわせもひとしおです。
    先日のフェスでもやったようだし、これからどんどんやってくれますね!
    私も生で聴くのがほんとに楽しみです!
    次のJAPANでもいろいろ語ってるようだし、それも楽しみですねー
    てんこもりな今年後半戦が始まってワクワクしますね!

  2. 侘助 より:

    鍵コメさま、おかえりなさい!
    わぁ〜よかったですね!ほんとよかったです。
    文面から興奮と感動が伝わってきて、我が事のようにぐっときてしまいました(T_T)
    がらっと空気が変わったんですね! その場にいるからこそ実感できるライブならではの緊張感ですね!
    新曲もよかったですかーそうですかーやっぱりいいのですね!!(←悶絶) 私はまだ生で聴けてないので、超うらやましいです!
    広島ってあたたかいなあって言ったんですね〜コンビニで一体何が!?
    ポプラかな? 広島ってポプラっていうコンビニが多くて、お弁当買うとあったかいごはんをよそってくれるんですよね。
    コンビニ、私の中では勝手にポプラってことになってしまいました(笑)
    そんなことより、ほんと、素敵な時間を過ごせたようでよかったです!! これで一気にギアが入りましたね!
    私は個人的にごちゃごちゃといろいろあり夏フェスは諦めたので、しばらくライブはおあずけなのです。でも、レポいただいて、自分もちょっと擬似体験できました! ありがとうございます(^^)
    ほんと、このあとのライブがますます楽しみになってきましたね〜

  3. 侘助 より:

    鍵コメさま。お久しぶりです。
    やさしいお言葉、どうもありがとうございます(^^)
    そして全然更新できていなくてすみません!m(._.)m
    とても個人的なことで、すったもんだ案件が平行してはしっておりまして、エレカシのことはあいかわらず大好きなのですが、なにかまとまった文章ということになると、気持ちの余裕がなく、こんな体たらくなことになっております。落ち着いたらいつかまた書きたいと思っております。すみません〜
    最近みた番組だと、関ジャニのがおもしろかったです。やりとりの中で何かを感じ取った関ジャニMCが、ミヤジがはけてからもミヤジをわざわざ呼び出しオチを求め、そして期待を裏切らない宮本浩次、というのがツボでした!
    待ちに待った新譜も出るし、ツアーも始まるし、しばらくエレカシ祭りですね!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。