エレカシに関わる人々

JAPAN3月号、マキタスポーツ×池松壮亮、エレカシについて語る

JAPAN3月号を読みました。

エレカシの記事は8ページ、うち文章が3ページ半。プラス、小柳さんによる1月3日の武道館レポートが4ページ。



JAPANはほとんどの場合山崎さんが聞き手だけど、今回は渋谷さん。
昨年末、胃が痛くて病院に行って検査したら、
『あなたはすごい胃をしている』と言われて褒められたそうで、
一体すごい胃ってどんな胃!?って思いましたけど。
前も、健康診断で肺が大きいと言われた、ってピストンさんのラジオかな、
言ってたような気がするし、
もう、内蔵からしてすごい方のようです。
「胃がすごい」……じわじわくるフレーズです。
なるほどビッグマック5個食べられるわけですね。

「新作待望インタビュー」ということで、
渋谷さん、冒頭いきなり「アルバム、出そうですか」と切り出してらっしゃいました。
しかし、渋谷さんも言っていたけど、
前作『MASTERPIECE』から3年が空いていると。
その間にいろいろあったなぁ…としみじみ思ってしまいました。

あの記事の感じだと、やっぱりアルバムはもう少し先かな?
渋谷さん、アルバムはあせらずに余裕を持って、
という感じでお話しされていましたが…
一ファンとしても、じっくりいいものを待つのがいいのかなあ、
とあのインタビューを読んでるとそんな気にもなったり。

武道館が終って、もう「次はいよいよ新しいアルバム」って空気がむんむんだし、
3年ぶりのアルバムというと、たしかに「ハードル」上がっちゃうけど、
そんなハードルを吹っ飛ばすくらいすごいやつがくるんだろうな、と期待しつつ、
ときどき待ちきれなくなりつつ、新譜リリースの報せを楽しみに待ちたいです。
一体、どんなアルバムになるんでしょうねぇ。

渋谷さん撮影写真は、宮本さんx百合の花。
渋谷さん、花の写真、前も撮ってたなぁ、とガサゴソ昔の雑誌を探してみたら、
このbridgeでした。

bridge (ブリッジ) 2010年 11月号

シングル「幸せよ、この指にとまれ」「明日への記憶」「いつか見た夢を/彼女は買い物の帰り道」が
3ヶ月連続でリリースされた頃。

当時の渋谷さんのブログにもこんな写真が。
2010.10.19「エレカシ、宮本くんと花」
http://ro69.jp/blog/shibuya/41836

今回のJAPAN、ほかにエレカシが登場したページは、
電気グルーヴの「メロン牧場」。RADIO CRAZYの楽屋話にエレカシ。
卓球の宮本遭遇話がじわじわ面白い。
あとはみずしな先生の「妄想トリビュート 着やせしてるね白シャツ警部の巻」。
安定のエレカシ愛でした。すばらしい。

—–
土曜日、マキタスポーツのラジオ番組「土曜もキキマスター」を聞いていたら、
池松壮亮がゲストで登場、
エレカシの「風に吹かれて」をリクエストしていました。

マ:あなた、こんな男くさい歌、好きなの?
池:好きですよ。エレカシはずっともう、好きですね。
マ:趣味合うわぁ~。
(中略)
池:よく聴いてたんですよ、この作品…今日公開のね、「この世で俺/僕だけ」の撮影時に。なんかこう、だぶってよく聴いてたんです。
マ:あっ、そうなの? そうだったんだ。へえ~。あの時、あなたも音楽聴いてたような気がするけど…待ち時間の間とか。
池:はい。
マ:言ってよ!
池:ハハハ(笑)。
(中略)
マ:これね、宮本さんの声に関しても、この番組では何回も取り上げてるんですけど、なんか人間の一番深いところを刺激してやまない声なんですよ、あの人。
池:なるほど。
マ:この「風に吹かれて」なんていうのは、男くさい感じというかですね、いろんな要素が入ってると思うんですけど、やっぱこの声とか最高ですね。だからカラオケで歌うと、僕が歌う「風に吹かれて」って、なんかね、違う風が吹いちゃうの。
池:ハハ(笑)。
マ:そういうのがあるんですよね。宮本さんみたいな風が吹かないんですよね。

ニッポン放送「土曜もキキマスター」2015.1.31

ご両人が主演する映画「この世で俺/僕だけ」がこの日公開ということで、
池松さんがゲストだったようです。
http://www.oreboku.jp/
「風に吹かれて」が合う映画ってどんな感じなんだろう。すごーく気になります。

マキタさんと言えば、エレカシのドキュメンタリー「25 years of the fighting men’s chronicle劇場版エレファントカシマシ」に出演され、
エレカシへの思いを熱く語ってらっしゃいました。
ほかにも、作詞作曲モノマネでエレカシを取り上げたり、
2012年10月19日の「オールスター芸能人歌がうまい王座決定戦スペシャル」に出演、
1回戦で「悲しみの果て」を歌い、
どんどん勝ち抜いて、その回は見事、優勝していました。

池松さんは2013年、クリープハイプ尾崎世界観のラジオに出た時、
「孤独な太陽」をリクエストしてました。

……だからといって別にエレカシねらいということでもなく、
マキタさん好きだし、池松壮亮も気になるし(←「孤独な太陽」から気になりだしたんですけど)、
その二人が主演の映画って……と思って気になってラジオを聴いていたら
エレカシがかかったので、ちょっとびっくりしました。

マキタさんの、「エレカシ聴いてるって、言ってくれたら嬉しかった、そしたらひとしきりエレカシトークしたのに!」というのがいいですね。
(それを傍からみてみたい)
池松さんが、その場で言わなくて、随分あとになってから言って、
分かち合うというのも、なんかいいなあと。
池松さんは若いけど落ち着いているので、わーっとはしないけど、
じわじわ場が温まる空気感がなんだかいいなあと思いました。

宮本さんの声について「人間の一番深いところを刺激してやまない声」と
語るマキタさん、
また別のラジオ番組では「ロック世界大会で圧勝する声」などとほめちぎっていました。

上のトークのあと、池松さん曰く、
子役時代、大人が大嫌いで、話しかけられても無視してたし、
気を使われるのもすごく嫌だった。
でも子供の頃にマキタさんみたいな大人に会いたかったとは思う。
子供扱いせず、同じ目線でいてくれる人っていなかったから。
という感じでお話しされてました。
マキタさんはそんな池松さんについて、
2年前にこの映画で初めて会ったけど、
役者という概念に収まらない、ちゃんとした「感性」に触れたような気がして、
年齢とか関係なく、素で話せるなあと思わせてくれた人。
という感じでおっしゃってました。

池松さん24歳、マキタさん45歳。
ふたまわり近く離れているけれど、
マキタさんが言うように年齢関係なく、肩書きや職業も関係なく、
どこか根っこのところでつながっているようなお二人で、
エレカシの曲がかかったのも嬉しかったけど、
お二人の話す感じとか本当にいい雰囲気で、聴いててほんとにほほえましいトークでした。

しかしマキタさんの「趣味合うわぁ~!」が、ほんとに心から言ってる感じで。
マキタさんはずっと池松さんのことを好ましく思ってたんでしょうけど、
なんかこう、駄目押しされたというか、エレカシという切り札が出たんでしょうね。
舞台挨拶をすっとばしてカラオケに行こうと誘うくらい(笑)、
(しかも、ふたまわり年下の若者に冷静にたしなめられる)
エレカシ、というだけで一気に距離が近づく。
多分、ほかのバンドやアーチストだと、こうはいかないんだろうな、
とちょっと思ったりしました。

「宮本から君へ」(主題歌エレカシ)、見ていますアルバムのジャケットが公開されたり、野音も情報解禁され、 相変わらずにぎやかなエレカシ界隈ですが まことにいまさらな話題ですみません...

POSTED COMMENT

  1. suisui より:

    こんにちは!
    エレカシ好きって聞くと一気に親近感湧きますよねぇ。
    マキタスポーツさんの嬉しそうな感じが伝わってきました^^
    ラジオ、紹介してくださってありがとうございます。池松さん、注目してみよう。
    JAPAN読みました。アルバム、まだいつとは発表できない微妙な感じなんでしょうか。早く聴きたいですが、無理せずじっくり製作できるといいなぁと思います。
    楽しみですね!

  2. 侘助 より:

    suisuiさん、こんにちは♪
    そうなんです、エレカシ好きということだけで
    ほんとに親しみがわきますよねぇ
    池松さんはそんなに口数が多くない方でしたけど、
    マキタさんはトーク中ほんとに楽しそうでした!
    池松さん、私もそんなに作品観てないんですけど、
    応援したいなあって思いました。
    JAPAN、久々の雑誌登場でファンとしてもうれしかったですねぇ
    アルバムの進行具合はどうなんでしょうね
    曲作ってはいろいろやってるんでしょうか…
    前作から3年も経ったなんて長いようなあっという間のような…
    この間にいろいろあったから、
    いろんなことがぎゅっと凝縮された
    いいアルバムになるんだろうなと
    今からとっても楽しみです!

  3. e-ko より:

    久々にコメント書き込みさせていだきます(*^_^*)
    池松さん!エレカシファンだったとは! 最近一番注目していた俳優さんでしたので、なんだか嬉しかったです。お若いのに老成した佇まい。彼が画面に出ていると、作りものじゃない「日常」が漂う、素敵な俳優さんですよね。エレカシファンと聞いて妙に納得です。
    マキタさんは、エレカシへの賛辞の言葉がいつも的確で凄い腑に落ちます。エレカシ愛がただ事じゃないですね❗️ お二人の映画見てみたいです(*^_^*)

  4. 侘助 より:

    e-koさん、こんにちは。お久しぶりです♪
    池松さん、そうみたいなんです、
    エレカシお好きみたいです^^
    最近は本当に映画にドラマにたくさん出てますよね。
    私もすごく気になってました。
    若いけど気骨のある、雰囲気のある役者さんですよね。
    マキタさんとのトークも本当にいい空気でした!
    マキタさんのエレカシの賛辞、ほんとに的確ですね!
    彼独特の言い回しで、ほんとに好きなんだなあと思わせてくれます。
    お二人の映画、私もとっても気になってて
    観にいけるといいなあと思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。