エレカシ・宮本ソロもろもろ

バンド名の由来(2000年「笑っていいとも」)

エレファントカシマシ。

私の中ではすっかり耳になじんだ言葉なんだけれど、
ふと冷静に、あらためて考えてみるとすごいバンド名だなと
いまさらながら思ってしまいました。

「エレファント」というのはまだわかる。
バンド名に動物の名前というのはよくあります。
そこに「カシマシ」を持ってくるのがやっぱりすごい。
バンド名の由来については、
オフィシャルのHISTORYのページに
結成当時に公開されていた「エレファントマン」からの「エレファント」と、かしまし娘の「カシマシ」の音の響きに由来というのが定説、
と書いてあります。
http://www.elephantkashimashi.com/history.html(リンク切れ)

オフィシャルなのに「というのが定説」というのがおもしろいですね。
バンド名の由来をきかれると、
そのトークは迷走して、なかなか核心に話がいかず、
宮本さんはそれをネタとしてあえてやってるのか、
照れくさくてケムに巻こうとしてるのか、
真意はわからないんだけど、まあ見ている側としては
「一体どういうオチになるんだろう」というスリルを味わいながら楽しんでいました。

「HEY!HEY!HEY!」に出たとき、
なんでエレファントカシマシなの? と松ちゃんにきかれていました。

このときの迷走具合も相当なものだったです。面白かったけど。
最後に松ちゃんが、結局音の良さで決めたんだね、
みたいなことを言ったときは、宮本さんは随分ほっとした顔つきで「ありがとうございます」と言ってました(笑)

2000年、「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに宮本さんが出たことがありました。
Charaからの紹介で、宮本さんが紹介した相手はアルフィーの坂崎さん。
で、このいいともでも、タモリさんからバンド名についてきかれていました。

宮本「誰かが言い出したんだと思うんですねよね。中学生のときに。バンド中学生のときからやってますから」
タモリ「これは意味があるわけじゃなく、誰かが、そうでし! とか、すんまそん!みたいなもんで、エレファントカシマシって言ったの?」
宮「そうなんです」
「笑っていいとも」2000年4月18日

さすがタモリさん、意味がない、ということを察知して言ってあげてる。

ここから宮本さん、若干話が飛んでしまったので、誰がバンド名をつけたかのかとタモさんが話題を戻し……

宮「多分僕だと思うんです。僕なにしろ中学時代、廊下で走ってはしゃぎまわってましたからね、廊下で歌うたったりとか」
(同上)

最初に「誰かが言い出したんだと思う」と言ったあと、「多分僕だと思う」と言う流れが、なんかいいですね。おもしろい。

宮「『エレファントマン』っていう映画が流行ってまして。カシマシは、おそらく『かしまし娘』からきてると思います」
タ「それ一緒にしたの? なんで一緒になっちゃったの、エレファントカシマシ」
宮「これはねえ、造語でねえ(中略)直感の部分でボンボンボンボン行くと」
タ「エレファントカシマシというのは、この『エレファントマン』と『かしまし娘』が妙に一緒になっちゃったと」
宮「そんときに多分口ぐせとして……例えば今なんか僕、正直な話、正直な話っつってね、なんでも枕詞みたいに『いや正直な話、なんだよ』みたいにつけちゃうんですよ。だから今だったらバンド名は『正直な話』ってなってます。そういうノリです」

(同上)

確かにこの頃は「正直な話」とよく言ってました。他にも「極端な話」「要するに」等、枕詞のような口癖がたくさんありました。

バンド名「正直な話」。まさかこんなオチになろうとは。
カシマシという音の面白さに着眼する中学生。恐るべし。
このセンスがのちのち、
エレカシの曲の中で見事に花開いてることを思うと、
やっぱりバンド名って大事というか、名は体を表すというか。

2013.12.12 笑っていいとも!録画しておいた「笑っていいとも!」見ました。 ここにきてまさかのいいともテレフォン! 昨日知った時にはびっくりしました。 先月の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。