エレカシ・宮本ソロもろもろ

カラオケ

昨日、駅のホームでぼけっと立っていたら、
駅前のビルにカラオケ館が入ってて、
その角部屋がガラス張りで、一人の女性が歌っている姿がこちらから丸見え、
という状況に遭遇しました。



彼女は、駅のホームからこうやって見ている、なんてことに
気づかない様子で、もう夢中で熱唱しているようでした。
友達とわいわいやっている、というよりは、
何かの目的で一生懸命練習しているという感じでした。
別にこの話にオチはないのですが……
カラオケには久しく行ってないなあ、と思ったりして。
昔はそれなりに行ったけど、最近は飲み会の流れでなんとなくついて行くぐらいです。

一度だけ「今宵の月のように」をカラオケで歌ったことがあります。
でも、これが意外に難しくて、曲は完全に覚えているというのに、
いや、頭に叩き込まれているだけに、
自分の下手さ加減にほとほと嫌気がさして、がっかりしてしまいました。
CD聴いてると、歌いやすそうなメロディなのに。
実は音程の起伏が激しかったり、音域も広かったりするんでしょうか。
宮本さんが、自分の曲はカラオケで歌いづらいとよく言われるって
言ってたような気がするなあ。
まあ、私が単純に歌が下手なだけなんですけど。

以来、エレカシは聴く専門に限る、とかたく決心した次第なのでした。

あ、いや、ライブでときどき一緒に歌ってるかも。小声でですけど。
「四月の風」とか妙に歌ってしまう。
フェスとかでも、大合唱になると歌ってしまう。うれしくて大合唱してしまうなあ。

カラオケと言えば、「音楽戦士 Music Fighter」という番組にエレカシがゲストで出たとき(司会はキングコングと青木さやか)、
宮本さんが自分の曲をカラオケで歌って何点出るか、というのをやってたことがありました。
確か、宮本さんが自分でやりたいと言ってました。
で、「今宵の月のように」を歌って、そうしたら、スタッフのミスで点数が表示されない、
というハプニングがあり、
それならば別の曲でもう1曲「悲しみの果て」を歌ってました。
サービス精神を発揮して、キングコングの西野氏の肩に手をかけてたりして(西野氏がエレカシファンなのを知ってか知らずか!)場を盛り上げてました。
カラオケだからとか番組の企画だからとか、あんまり関係ない感じで、いつも通りに気合い入れて歌ってました。
当たり前だけど、手を抜かないんだなーと思って。
歌いながら、どんどんテンションが上がって行くのが見ててもわかって、
カラオケなのにテレビなのに、あの「今宵の月」と「悲しみの果て」はすごく記憶に残ってます。

ガラス張りのカラオケ屋から、すっかり忘れていたエレカシのMusic Fighterのことを思い出しました。
駅のホームでぼけっとしてみるもんです。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014(エレカシライブ感想)あれだけ気をもんだお天気。 なんとまーエレカシの前に見事に晴れ上がりました。 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。