雑誌・書籍・WEB関連

「町を見下ろす丘」全曲解説のページ

ここにいろいろ書くにあたり、昔の雑誌を広げたり、歌詞カード見たり、
記憶を総動員したりしながらやってるわけですが、
ネット検索もすることがあって、その流れでへ~と思うようなサイトを見つけることもあり。



ご存知の方も多いと思うのですが、
「ニューアルバム『町を見下ろす丘』を全曲解説! 宮本浩次インタビュー」(excite music)
http://ent2.excite.co.jp/music/special/elekashi/int_01.html
http://ent2.excite.co.jp/music/special/elekashi/int_02.html

というページがありました。リリース当時のインタビューですね。
『町を見下ろす丘』は、2006年3月発売、東芝EMI最後のアルバムです。
ドラムのトミが病気になってライブが延期になったのもこの頃でした。

『町を見下ろす丘』は個人的に大好きなアルバムで……
東芝の中期は、私自身わりとおとなしめだったテンションがこれで一気に戻ってきた、忘れられない一枚です。

このアルバムと言えば”シグナル”。私の中ではもうダントツに”シグナル”でした。
とにかく曲に打たれてしまって、なんてきれいなメロディなんだろうと。
ちなみにこの曲は、2009年9月号のJAPANの「エレファントカシマシの10曲」という記事で、
宮本さん自身が10曲のうちの1曲として選んでいます。

あとは“雨の日に・・・”もすごく好きだし、なんといっても”流れ星のやうな人生”が入ってる。
”地元のダンナ”も大好きだし。
このアルバム、熱いんだけど、同時に醒めてる感じがすごくいいなと思いました。
宮本さんは俯瞰してる、という言葉を使ってたけど、そういうところなのかなあ。
熱くて醒めてる、というのは、エレカシに通じて言えることだけど、
これは、アルバム全体として、そんな感想を特に持ったというか。

DVD『扉の向こう』で、宮本さんがしきりに「オヤジなんだから足さないと」と言いながら、
もんもんとレコーディングしていたのが印象的だったけど、
“地元のダンナ”や”シグナル”や”人生の午後に”や、
40の中年のリアルさがいい形でこのアルバムには出てて、
エレカシとうとうやったな、すごいな、と思いました。
ここにきて新しい軸を見出すのは、ちょっとやそっとのことじゃできないだろうし、
粘り強く探してきたからなんだろうな。

この『町を見下ろす丘』に至る発見の数々が、
次につづく”俺たちの明日”で再び世間にアピールしうる、
エレカシの新しい魅力につながっていった。
ぽっと”俺たちの明日”が出てきたわけじゃないんだなあと、
『扉の向こう』を見たり、『町を見下ろす丘』を聴いたりしてると、
そう感じられてほんとうに感慨深いです。


宮本さんによる全曲解説は、読みごたえがあり、名言も随所に出てきます。
このインタビュー、当時読んでなかったのかなあ。今回初めて読んだような気がする。
ネットとかあんまり見てなかったので、チェックしそびれてたのかもしれません。

僕は音楽って、誤解を恐れずにいうとやっぱり“伴奏”だと思うんですよ。哲学でもなければ、文学でもない
excite music/『町を見下ろす丘』全曲解説!宮本浩次インタビュー

“甘き絶望”についてのコメントの中で、宮本さんはこう言っています。
そうかー、伴奏か。詞も音もあれだけこだわって作りながら、こう言い切る。
意外だけどかっこいい言葉だなあ。
続けて、音楽は応援歌だと思うし、それを目指したい、「優しい歌を作りたいな」と言っていました。

歌を誰か知らないか?
つまらぬときに口ずさむ、
やさしい歌を知らないか?
エレファントカシマシ “遁生”

“遁生”の一節を思い出しました。

エレカシドキュメンタリー「扉の向こう」(テレビ版と劇場版の違い)ドキュメンタリーの「扉の向こう」を久々に観ました。 「扉の向こう」は、アルバム「扉」の制作過程に3ヵ月密着したドキュメンタリー。 も...

POSTED COMMENT

  1. 夕暮れ より:

    はじめまして、いつも読ませて頂いてます。
    去年の秋から(あさイチです)エレファントカシマシのファンになり、いろんなブログやインタビューを読んで勉強しています。
    侘助さんのブログは、分かりやすくて愛に溢れていてとても素敵だと思いました。
    私は最近やっと「町を見下ろす丘」の魅力に気付き、毎日聞いています。
    このアルバムと「俺達の明日」がつながっていると言われる侘助さんの考察は、ホントだ。。。と目から鱗でした。
    今後も少しずつ記事を読ませていただいて、エレファントカシマシの理解を深めて行きたいと思います。
    ありがとうございました。
    もしよろしければ、この記事をツイッターに載せてもいいでしょうか?
    ほとんどフォロワーはいませんので、ほぼ自分の記録用ですが(汗)、紹介したい気持ちもあるので、ハッシュタグはエレファントカシマシで付けようかと思います。
    突然コメント失礼しました。

    • 侘助 より:

      夕暮れ様
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      ようこそエレカシ沼へ~
      「町を見下ろす丘」、とっっってもすてきなアルバムですよね。
      私も大好きだし、ファンの間でも人気の高いアルバムだと思います。
      「地元のダンナ」は去年の野音でやってめっちゃかっこよかったし、
      他にも大好きな曲がたくさん!!です。

      「町を見下ろす丘」から「俺たちの明日」、地続きの感じはしますよね。
      同じバンドがやってるのだから、全ての作品がつながっているというのは当然だとしても
      特に東芝期、中年にさしかかったメンバーが新機軸となる何かを探して探して
      試行錯誤を繰り広げた末の「俺たちの明日」なんだろうなあという気がします。

      ツイッター、大丈夫です。お声がけいただいてありがとうございます^^

      • 夕暮れ より:

        早々にお返事いただき、ありがとうございます。
        私のような後追いのファンは、時系列からは解放されているので好きなときにアルバムやDVDを初めて聞けるのですが、その当時の時代感は、侘助さんのように以前から寄り添ってきたファンの方にしか分からないので、ブログでそれを伝えて頂けるのがとてもありがたいです。
        このようなご時世ですのでお身体に気をつけて、今後ともブログを継続して頂ければと思います。
        ツイッター了承して頂き、ありがとうございましま(^^)

        • 侘助 より:

          夕暮れさま
          こんにちは(^^)
          私もエピック期は目覚めてなかったし、その後もミーハー全開期、静かに傍観する期などいろいろ経ておりまして。。(^_^;)
          でも、長く見続けるってけっこうおもしろいものなんですよね。そしてその時期その時期でエレカシに救われたことは少なくなかったと思います。
          ブログに書くことでその頃の空気感が少しでも伝わっていたのならうれしいです(^^)

          本当にこんな世の中で。。お気遣いありがとうございます。ぽつりぽつりですが、続けていけたらと思っています。
          はやく状況が落ち着いて、近い将来にライブに行けますように。祈るばかりです。

  2. 夕暮れ より:

    侘助さん こんばんは。
    返信重ねちゃってごめんなさい。
    でも、これは言わねば。
    ライブ、行きたいです!
    2020日比谷野音のDVDを見て、もうこれは生きてるうちに1回は行きたいと思っています。
    ライブに行ける世の中になっても、これはプレミアムチケットなので、難しいだろうなぁとは思いますけれども。。。
    ライブには欠かせないあのお方(宮本さん)もお元気だとお知らせがあったので、ほっとしております。
    私も頑張らないとなと思いました。

    • 侘助 より:

      夕暮れ様
      こんばんは。
      ライブ、行きたいですよね!
      2020年の日比谷野音、ご覧になったんですね。あれはいいですね。去年は野音らしい野音でした。
      ユニバーサルになってから、野音のチケットがだんだん取りづらくなってしまって、
      ここ数年は、一人一枚の応募になってしまって、それでもはずれたりするし、
      本当に絵にかいたようなプラチナチケットなんですよ。
      でも! アミューズになったので、ファンクラブ1年目はビギナーズラックがあるのでは!?
      ほんとかどうかわからないんですけど。

      私はとにかく、どこでもいいのでライブに行きたいです。
      切なる思いです。ほんとに。。。。。
      エレカシファンみんなの思いでしょうねえ。

      ライブには欠かせないあのお方、お元気そうでしたね!
      いろいろ忙しくしてるみたいで、今後が楽しみです。
      松本隆トリビュートも一体何を歌ったんだろうとわくわくしております。

  3. 夕暮れ より:

    侘助様
    こんばんは。
    いや〜長々とお邪魔してすみません。

    ファンになって、新しいお知らせがこんなに嬉しいものかということを知りましたね。
    松本隆さんのトリビュートアルバムも本当に楽しみですし、新曲ラッシュも嬉しいです。

    何を歌われたんでしょうね。
    色んな予測が出ていますが、先生のカバーでしたら何でもわくわくしますね。
    個人的には男歌も歌って欲しいですけど。。ゴニョゴニョ。。

    ファンクラブの入会はタイミングを考えてまして、ここ、というところで入ろうかと。
    とはいえ会報も読みたいのですぐ入ってしまうかもしれません(^_^;)

    • 侘助 より:

      夕暮れさま
      こんにちは!
      長々となんてご遠慮なさらずどうぞどうぞ^^
      spotifyのエレカシプレイリストを聴きつつお返事書いてます。
      今「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」です。
      アルバム「starting over」が出た当時、個人的にすごく好きでよくきいてました♪

      新しいお知らせ、楽しみですね。ニュースがあっただけで、ほんとに一日楽しい気分になりますもんね。
      ”推し”のいる生活はこういうところがいいです。
      トリビュートは何をやるのでしょうか!
      ROMANCEの延長戦でくるのか、それとも違う路線でくるのか。
      男性カバー、お願いしたいですよねえ。
      今、松本隆氏のWikiを見てきたのですが、男性だと寺尾聡のルビーの指環とか、あとは原田真二もすごくいいだろうし
      スローなブギにしてくれもかっこいいだろうな!
      妄想がふくらみます。
      ほんとに何をやるのでしょう。わくわくします。

      PAOの入会、この状況だといつ入るか悩ましいですよね。入りたいと思った時がタイミング!? ←何かの通販みたいですね(笑)

      • 夕暮れ より:

        侘助さん、こんばんは。
        お言葉に甘えて、更におじゃましま~す。
        長く寄り添ってきたファンと新規ファンの公開往復書簡にみたいになってきました。。。

        男性の曲、いいですよね!
        「ルビーの指環」、「スローなブギにしてくれ」、原田真二さん、全部聴きたいです。。
        私も色々と妄想してます。
        見つけてしまったのですが「セクシャルバイオレットNo.1」も聴きたいですー(挙手)。

        「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」は、聴いて衝撃を受けた曲のうちの1つです。
        たしか、Twitterの「#エレファントカシマシで衝撃を受けた歌詞」みたいなので知りました(笑)
         ファンになる前はエレファントカシマシにラブソングのイメージが無かったので、それもびっくりした要因の1つかと。
        ほんとに素敵な曲がたくさんあって、嬉しい驚きでした。

        PAOはもう、入ります。
        だって100号が読みたいので!
        こちらも楽しみですねー。

        • 侘助 より:

          夕暮れさま
          こんにちは! お返事遅くなってしまいました~汗
          往復書簡、いいですね~♪ たのしくまいりましょう♪

          カバー曲、いろいろ妄想してしまいますよね。
          「セクシャルバイオレットNo.1」、おお、これまた名曲ですね。乾いた色気できっとかっこいいと思います。

          「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」、衝撃ですよね。
          曲の終わり方もザクッとしていて、少しびっくりしました。かっこいいですけど。
          名曲だと思うのですが、あんまりライブでやらないイメージがあります。
          ライブで聴きたい曲のひとつです。

          エレカシがラブソングの印象がないというのはわかる気がします。
          アルバム「starting over」はラブソングも多いですね。
          エレカシはいろんなタイプの名曲があってすばらしいですね♪

          PAOは、そうですか!
          きっと入った方がよいと思います。100号以外にも良いお知らせもありましたし!
          楽しみですね~♪

  4. 夕暮れ より:

    侘助さん、こんばんは。
    ブログを改めて拝見していると、色んな記事にコメントが寄せられており、全てに丁寧に返信しておられることに頭が下がります。
    といいつつ、またお邪魔して、度々すみません(^_^;)
    コメントのやり取りも本当に読んでて楽しくて、素晴らしい場所を提供されているなぁと思いました。

    最近私は、「町を見下ろす丘」はすでに通常のヘビーローテーションとなり、次は「風」を少しずつ聞き始めています。
    フライングでエピック時代の曲もちらほら🎵
    宮本さんの、先日配信が始まった新曲がほんとに素晴らしくて、何度も聴いてる上に、聴きたい曲が山のようにあって、時間が足りない!
    本当に名曲ばかりですよね〜。

    聴き込めば聴き込むほど、歌詞やメロディがさらに染みるという、不思議な曲が多くて。
    奥深いんでしょうね。
    宮本さんが今まで聴いてきた音楽、読んできた本、体験してきたこと、想いとか、全てがさらけ出されているような。
    すごい表現だなぁと思います。

    「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」は、単体で聴いたら終わり方にびっくりしたんですけど、アルバムの曲順だと「リッスントゥザミュージック」が始まって、その間が大好きになりました。

    ラブソングはもちろん素敵ですけれど、私はエレカシの渋い曲が本当になんとも言えず好きで。
    「町を見下ろす丘」の曲たちは、仕事帰りの電車の中で聴くと、染み込み具合が半端ないです(^^)
    中でも「シグナル」は、年始のラジオで鹿野さんが紹介されてたのと、侘助さんのブログで知りまして、聴けば聴くほど心に染みる名曲だと思いました。
    あの美しいイントロが始まっただけで、心が解けていくような気がします。
    教えてくださり、ありがとうございます。

    いろんな新しいお知らせに、ワクワクする今日このごろ。
    宮本さんのお誕生日も近いですし、ライブも楽しみですね!

    • 侘助 より:

      夕暮れさま
      こんにちは!
      ブログのコメントですね。。いやーコメント頂けることはほんとにありがたいことで。
      ひとえにエレカシという共通項があるおかげで。
      エレカシを通じてこうしてご縁があってお話しできるのはありがたいことです。
      ですので、どうぞご遠慮なく! ごゆっくりされていってくださいね。

      「風」ですか。。いいですよねえ。
      私は「風」と言えば、「友達がいるのさ」は最初から好きで聴いていたのですが、そのほかの曲が今一つピンとこず、
      ・・・というより、その時期にエレカシ熱が下がっており(^^;)
      でも改めて聴くとほんとにいいアルバムですよね!
      「風」の中の「風」は、2009年の武道館のがすごく印象的で。ライブの終盤、ギリギリの体力で歌う「風」が本当に感動的で。
      ほんとにエレカシ界隈はいい曲だらけであれもこれもになっちゃうのわかる気がします。
      今はソロ活動も精力的だし、ほんとに時間が足りないですよね。

      奥深い・・ほんとうに・・
      なので、昔聴いた印象と変わる曲も多いです。
      本と一緒なのかな、名作って読む時期で違う感想を持ったりしますけど、そういう。。いい表現というのはそういうものかもしれませんね。

      「こうして・・」と「リッスントゥザミュージック」は「STARTING OVER」では並んでますね。
      うーん、いい並びですね!
      「シグナル」いい曲ですよね。鹿野さんもお正月に紹介してました。
      あれは詞もすごいけどメロディが本当に。ああいう曲どうやったら作れるんでしょうね。イントロでやられちゃいますね。
      エレカシのコアな部分がぎゅっと詰まった1曲だと思います。
      あとは去年の野音でもやりましたが、「武蔵野」も私はかなり好きです♪

      本当に新しいお知らせ続々出てきて嬉しい限り。
      そろそろプロモーションも始まっていろいろ楽しませてくれるといいですね♪

  5. 夕暮れ より:

    侘助さんこんにちは!
    この間ほんと、いろんなことがありましたね^_^;
    新参ファンの私は少々動揺して、宮本さんの実年齢を思い出すために「ROMANCE」と「宮本、独歩。」を聴いてました(笑)

    ところで「武蔵野」私も大好きです!
    「そんなこたねぇか」の切ない感じが好ききなんですが、私は関西人なのでどんなニュアンスで使われる言葉なのかピンとこなくて、ググって調べてみたりしました(笑)

    「風」ライブでの演奏、良いでしょうね〜。
    私も聴いてみたかったです。
    過去のライブ音源も順番に聴いていこうと思います。

    ライブDVDの記事、すごく楽しく拝読しました。
    ブログもリニューアルされて更に素敵です!
    いつも楽しい記事をありがとうございます。

    • 侘助 より:

      夕暮れ様
      こんにちは!
      はい、この間、いろんなことがありました(笑)
      ライブやシングルを楽しみにしていたら、いきなりフライデー! そっち?!かと(笑)
      いやあ、ファンならば動揺しますよね。
      実年齢思いだすためにCD聴かれましたか(笑)

      「武蔵野」、いいですよね! 侘助ランキングの常に5位以内です。
      「そんなこたねぇか」ですよね~~! あの乾いた切なさがなんとも言えない・・
      そうか、ちょっと江戸っ子っぽい感?もあるのかな?

      ライブ音源、いいですね。
      シングルのおまけに付くライブ音源が結構好きでよく聴きます。
      今度のシングルにもJAPAN JAMの音源が付くそうなのでとっても楽しみです!
      などと書いていたら、ダイジェストがYouTubeにアップされました!
      たいへんたいへん
      ライブ、シングルリリースが近づいていろいろ盛り上がってきましたね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。