エレカシ・宮本ソロもろもろ

10月1日、深夜(ジャケ写の話ー初回盤と通常盤)

以下の記事は、10月1日の夜中に書いたものです。
10月2日の早朝にライブ活動休止の発表があったので、その数時間前です。

1日は、別の記事をアップしたあとで、
今日は”ズレてる”のジャケットが公開されたんだから、そういうことを書けばよかったんだな、
1日ズレてしまったな、
と思いながらせっせと書いて翌日アップしようと思っていたのでした。
あまりにミーハーすぎる内容だったので、
さすがに2日にアップする気にはなれず、お蔵入りにしていたのですが、
“ズレてる方がいい”の発売も近いし、
いまさらですがそのまま載っけてみようと思います。別に大した内容じゃないんですけど。

—–

『ズレてる方がいい』のジャケットが公開されました。
賛否両論なんでしょうか?
近場では賛否となっております。

白いジャケットに筆書きの文字。
黒シャツ。壁は夜空に月が煌々と。

通常盤の方は、畳にとっくりも。

私は結構好きです。ズレてる感がしてていいと思います。
音だけじゃなくジャケ写も攻めてるなー。

筆書き文字は別としても、白ジャケットに黒シャツ。新鮮なスタイリング。
着こなすな~、さすが先生。

それにしても、通常盤の全身ショットの写真、
あぐら組んでるのが見える。しかも足元、裸足じゃないですか。
むむ。ゆらぐ……。
初回限定だけにしようと思っていたファンの気持ちがゆらぎます。

まんまと戦略に落ちてしまうのか、わたし。
通常盤のジャケ写がいつもいいとこ突いてるんですよねえ。

『starting over』のときだって、

通常盤だけメンバーが写ってたり、

『MASTERPIECE』の

通常盤はシルエットも写って構図もいいし、

きわめつけは『大地のシンフォニー』、

通常盤は足元だけ!

あの手この手でくすぐってくるので、
ファンとしても大いに悩んでしまうという。
そしてその悩ましいことすら楽しめてしまうという。

いよいよ10月エレカシ祭りです。開幕の銅鑼が鳴りました。
最初を飾ったのがこの、「ズレてる」のジャケット解禁になろうとは。
思いもよりませんでした。
ああ、この1ヵ月、ほんとにわくわくします。忙しい。ああ忙しい。
別に自分がCD出すわけでもライブやるわけでもないのに、気持ちだけが忙しいのです。

—–
開幕の銅鑼が鳴ったとか書いてる……はずかしい。
テンション高かったな。寝て起きたらあんなことになっていようとは予想だにせず、
めくるめくエレカシ祭りを前に、ただひたすらに楽しみたっだんだな。

10月の前半は怒涛でした。
1日→ズレてるジャケット公開
2日→ライブ活動休止発表
3日→ズレてるPVショートVer.解禁
5日→はじめての僕デス
6日→ミュージックフェア・主人公
10日→宮本浩次メッセージ
14日→日比谷野音
3日に発表されたPVは、休止発表直後だったので、
わらをも掴むじゃないですが、すがりつくように見た気がします。

そんな10月ももうじき終わります。

兵庫さんが、RO69のブログで、
『1日分の感情の起伏のエネルギーを、使いきってしまいました。』
と、ある日の朝ドラ「カーネーション」を観て書いていたけれど、
それにならって言うなれば、この10月は、

1年分の感情の起伏のエネルギーを使いきってしまいました。

ということになりましょうか。1年分よりもっとか。
夏の頃に想像していた「10月エレカシ祭り」ではなかったけれど、
忘れがたいものになりました。
2012年の10月というひと月は、今後何かにつけて思い出すんだろうなと思います。

……いやいや、おセンチになってる場合じゃありません。
明日は『ズレてる方がいい』を買いに行かなくちゃなりません。
JAPANも買わなくちゃなりません。アスキーもチェックしなければ。
まだエネルギィは残ってました!
明日タワレコで、CDの袋と同じぐらい黄色くなってミーハーしてきたいと思います。

大地のシンフォニー今月12/19リリースのエレカシのベスト盤「THE BEST 2007-2012 俺たちの明日」から 「大地のシンフォニー」を。 も...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。